プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2037/01/01 00:00  はじめに


20130205214723f0e.jpg


           ayaCOW's BARへようこそ!
自作イラストayaCOWと趣味のフレンチ額装、牛グッズ収集、
そして憧れのスイスのデザルプについて、日々思ったことを書き綴っていきます。
スポンサーサイト

2018/07/17 15:13  半分、青い。


NHK朝ドラ、「半分、青い。」、楽しく見ています。
鈴愛ちゃんが漫画家修行してた秋風羽織先生のモデル、くらもちふさこさんの漫画にどハマりしていたし、なんと言っても永野芽郁さんは可愛いからね。
6月下旬の放送で貴美香先生の還暦のお祝いパーティーの日に再会した律くんが鈴愛にプロポーズした時、
「(まだ最終回まで3ヶ月あるのに)早すぎるよ~」って、テレビ画面に向かって突っ込んでしまいました。
律くんと鈴愛のハッピーエンドを望んでいるから、プロポーズはもう少し終盤だと思ってました!


息子を訪ねた時、割と近くにあるプロポーズの舞台となった場所に行ってきました。


実際は夏虫じゃなくて、わたらせ鐵道の沢入という駅です。


この駅にある跨線橋の階段でした~


待合室で待ってます。




あ~、これで離れ離れになってしまったのか~


鈴愛も結婚しちゃいました。
でもまだ律くんと結ばれることを願ってる。
短冊、飛ばせばよかったね。



Read More »

2018/07/05 09:51  ルーブル展に行きました。


いただきもののチケットだから、あまり期待もせずに行きましたが、面白かった!
ルーブル美術館は、所蔵品が膨大で行っても観きれないから、こんな風にテーマを絞って日本に持ってきて展示してもらえたらいいですね。

今回のテーマは、肖像でした。

エジプトの棺のマスクから、アルチンボルドの季節の花や果物で描かれたプロフィールまで、肖像画を考えさせられる展示内容でした。
その人のことを思い出させる記憶の手がかり、って言葉が頭に浮かびました。

肖像画じゃないけど、父の遺影は、本人の希望で(冗談交じりで言ったのかもしれませんが)、仕事を辞めるタイミングのものを選びました。
親族の中に「ずいふん若い時の」と疑問を挟む方がいましたが、私にとっては、思い出したい父の姿であり、父が私達の記憶に残したい姿であったのだと思っています。






ミュージアムショップで今回買ったのは、これ↓

小さな頃、雑誌の付録についていたのでよく遊びました。
懐かしくて買ってしまいました。

マリーアントワネットの衣装の色合いがとても素敵です。
Ayacow~*も作って遊んでる、大人になってもね。


2018/07/02 09:01  夏支度~その2


梅雨明けした途端に台風襲来とは…
暑さと湿度でぐったりです。



夏支度、その2。



スマホカバーを替えました。
だいぶ前からだけど。

牛の水着姿って、どこを隠すべきか悩みます。

2018/07/01 07:00  竹久夢二展@東京駅ステーションギャラリー


小学生の時、絵を習ってた先生と数年前に再会することができ、今年も先生が所属する会派の展覧会に行ってきました。

お教室では、季節の花の絵をよく描いていました。
先生が回ってきて、自分の絵にパレットナイフで線を入れてくださると、急に花がキラキラしてくるの。
それをしてもらうのが楽しみだったなぁ~

今も100号の絵を毎年出品されています。
大好きな花の絵でした。

先生の誕生日が私と同じことが去年わかってからは、ますます親い気持ちになっております。
私の牛の絵をおもしろいと褒めてくださいました。\(^o^)/



帰りに思いついて、もう一人誕生日が同じ画家さんの展覧会に行きました。
東京駅に丸の内北口にある東京ステーションギャラリー。


幸薄い感じだけど、たおやかな美人画や今見てもセンスいいなぁと感心する文具や千代紙、本の装丁に著者など、タイトル通り、夢二繚乱な展覧会でした。
元奥さんが夢二グッズを売っていたという港やみたいなお店、いいなぁ~

今回もいくつか心にとまる作品があったけど、もうすぐ引越してしまうテニス仲間に贈るカードのヒントになった七夕の絵。

短冊を白紙にしておいて、いろんな場面に使えるようにしました。
絵の先生へのお礼状には、「今年も誕生日会を一緒にできますように!」
引越してしまう友には、「又、一緒にテニスできますように」




| HOME |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE