プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2037/01/01 00:00  はじめに


20130205214723f0e.jpg


           ayaCOW's BARへようこそ!
自作イラストayaCOWと趣味のフレンチ額装、牛グッズ収集、
そして憧れのスイスのデザルプについて、日々思ったことを書き綴っていきます。
スポンサーサイト

2017/11/19 21:00  年末にすること~その2


気になってる美術展やタイミングを逃せない紅葉狩りにも行きたいけど、休みの日を迎えて家事を終える頃には、家にいよう、ってなってしまう。

昨日は、年賀状をデザインしました。

戌年だって。


これが忘れられな~い!

身体は(牛より)小さいのに、私が近寄ると吠えちゃって、一人前に警備しているつもりなんだよ。

ボディーガードのイメージで、バカンス中のハリウッド女優、AyaCOW~*をパパラッチから?守るSPダルメシアンの絵を描きました。
18戌年年賀状





ダルメシアンは白黒斑点でお揃い感あるから、12年前の戌年年賀状は、こんな感じでした↓↓↓

テーマ : 小さなしあわせ - ジャンル : 日記

2017/11/14 17:00  年末にすること


久しぶりに会いたかった友達に連絡したら、年内は難しそうだったんだ~。
残念だったけど、自分もかなりスケジュールが詰まっているということに気付かされました(*゚Q゚*)

それなら紅茶のアドベントカレンダーでも送ろうかと準備していて、
この方がAyaCOW~*カレンダーを愛用してくださっていることを思い出したから、一緒に送りたくなって
急遽、カレンダー作りです!

ネットの中の無料テンプレートが数年前から更新されなくなってしまったから、
今年のカレンダーのデータを出してきて1日ずつ入力し直している私。
きっと一気にずらすやり方とかあるのだと思うけど、1日ずつ書き換えていくのが、なんとなく気にっています。
イラストは一部新作に差し替えました。




パソコン作業のついでに壁掛け用のCOW-lendarもぽちっと注文しましたよ。

2017年は回りにエネルギーを取られてしまうことが多くて、あまり集中できなかったように思います。
うし活の仲間入りできたり、まめに牧場訪問できたのは嬉しかったけど。
来年は頭の中にあることをたくさん外に出していかれるようにしたいです。


>青い額縁様 お久しぶりです。でもブログはいつも拝見しています( ̄^ ̄)ゞ
アドベントカレンダーの紅茶の評判が良くなかったと書きましたが、なんと言っても自分が気にっているので、今年もせっせと贈っていますよ(。-_-。)
意味が解らなくてクリスマス過ぎても未開封だったとか、飲み忘れてたまってしまうとか、旅行に行ったので飲みきれなかったとか、残念なことばかり聞こえてきました~

テーマ : 小さなしあわせ - ジャンル : 日記

2017/11/08 12:00  年末を感じること


たまにしか会えない友人とは、年内、これが最後かな?と思うから、ちょっと気が早いけど、クリスマスカードを添えて、手土産を渡します。

今年のクリスマスカードは、これ↓↓↓
img064.jpg


2017年は、AyaCOW~*が飼育員コスチュームで牧場を訪れることが増えました。
スイスブラウンのアップルとシンメンタールのウェンゲンのお世話しながらクリスマスを楽しみにしています。


11月中に会える友人に渡すのは去年に引き続き、アドベント・カレンダーになってる紅茶です。


パッケージから毎日一個ずつ引き出してお茶しながらクリスマスを待つのが、私のお気に入りです。
去年贈った友人からは、あんまり喜びの声が聞かれなくて残念だったから、今年は違う人に贈ってみます。


年賀状も販売スタートですね。
戌年らしいAyaCOW~*の絵を製作中です。

年末を感じるなぁ~

テーマ : 小さなしあわせ - ジャンル : 日記

2017/11/01 10:55  チーズ工房Three Brown


本降りになってきたので、畜産試験場を後にし、観光パンフで見て興味を持ったチーズ工房Three Brownに向かいました。





ナビには途中で見捨てられ、スマホのアプリを使ってやっとたどり着けたその場所…





可愛らしい店舗兼チーズ工房とご自宅。


木造の牛舎。



おとぎ話の舞台に迷い込んだだみたい。


ショップでは、可愛らしい奥様が、惜しげなくほとんどすべての商品を試食させてくださいました。それぞれ、オススメの食べた方もね。
家族が気に入ったチーズをいくつか買ったけど、都内のチーズ専門店に比べてとてもお安いの。

店名のThree Brownは、3頭のブラウンスイスを飼うことから始めたことによるものだと知りました。

買い物を済ませたら、断りを入れていそいそと牛舎へ。


Three Brown !
実際は左端に反芻中のがもう1頭いたけど。


AyaCOW~*飼育員の記念撮影。


隣の牛舎には、少し若い牛たちがいました。
この仔ったら、首を器用に伸ばして、通路の向こうに置いてある餌を食べてます。



お腹いっぱいになったかな?


ご家族がこのチーズ工房を作るまでのストーリーを帰り道に読みました。
ご苦労はあっても羨ましくなるような素晴らしい人生だ~

天気が良くて放牧している日にまた訪れたいと思いました。

| HOME |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE