プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2037/01/01 00:00  はじめに


20130205214723f0e.jpg


           ayaCOW's BARへようこそ!
自作イラストayaCOWと趣味のフレンチ額装、牛グッズ収集、
そして憧れのスイスのデザルプについて、日々思ったことを書き綴っていきます。
スポンサーサイト

2017/06/21 08:00  高幡不動のあじさい祭


お天気がくずれると聞いたので、雨にぬれる紫陽花を見に、高幡不動尊に行って来ました。

参道は、リュックを背負ったシニアでいっぱいで、食事処や和菓子やさんには行列ができていました~人気あるんだなぁって楽しくなってきた!

山門を入ると、市が立ってました。ござれ市というガラクタ市だそうです。
ますます楽しい、楽しい!


お参りしてから、あじさいの道へ。


ガクアジサイ

あじさい

やまあじさい

五重塔とあじさい

約200種類、7500株以上が境内から城跡のある裏山にかけて満開でした。



ガラクタ市を丁寧に見て回りました。
そして、最後にスイス土産のカウベルを見つけました。頭に思い描いていたサイズぴったりだったから迷わず購入。




自室の椅子に飾りました。
AyaCOW~*には、シンガポールで買った木製のカウベルをつけたので、お友達のシンメンタール牛の椅子にもつけたかったの。
良い音がします。



そういえば、私の部屋を訪れた額装仲間の友人が、椅子に付いたカウベルの音に驚いていたっけ。
素敵な記事を書いてくださったので、見てください。
カルトナージュやフランス額装を究められ、今はカルチャースクールの講師をされながら、自身も得意な刺繍を生かした細部まで美しい作品製作に勤しむ作家さんです。
青い額縁のちいさな部屋と薔薇の香り


アジサイが雨にぬれる前に帰宅してしまいました。

テーマ : 小さなしあわせ - ジャンル : 日記

2017/06/14 11:00  清里清泉寮とキープ農場


八ヶ岳牧場まで来たから、清里清泉寮のソフトクリーム食べていこう!となりました。
清里の有名な観光スポット。


アメリカ人の牧師、ポール・ラッシュ博士がキリスト教指導者研修施設として建て、キャンプ場を開設したのが始まり。
戦後、キリスト教に基づく民主主義や酪農・西洋野菜の栽培を通して清里開拓を支援しました。
高地ということで、耐寒性に優れたジャージー牛を早くから導入しています。
キープ農場は、Kiyosato Educational Experiment
Project(清里教育実験企画)の頭文字でした。



↑↑↑こんな可愛いオリジナルグッズがありました~
キッチンクロス、ね。

観光牧場ではないから、牛達は午前中の放牧が終わると搾乳のため牛舎に戻ってしまうそうで、姿も見ることができませんでしたが、日本で初めてオーガニック認定されたジャージー牛乳を買ってきました。

普通の牛乳より少し黄身がかった色だけど、さらっとした口当たりで、全く牛乳臭がありません。これなら牛乳嫌いの人も大丈夫だと思いました。



ちょっと立ち寄った星野リゾート、旧リゾンナーレのショップで見つけたペーパーナプキンもかなり嬉しいです。


2017/06/11 15:00  山梨県立八ヶ岳牧場の育成牛


出かける前にタイマー代わりにテレビをつけたら、最近は冬場のバター不足どころじゃなく、現時点ですでに脱脂粉乳が足りなくて、輸入枠を1万3千tから一気に3万4千tに増やした、とやっていたので見入ってしまいました。
ヨーグルトブームもあるけど、そもそも乳牛数が減ったことが大きな原因と言っていました。
2007年に159万頭いた乳牛は、昨年135万頭になったそうです。

餌代の高騰などからくる将来不安や高齢化による酪農離れもありますが、乳牛になる子牛がそもそも減っていると言ってました…???

なんと、乳牛に黒毛和牛の種付けをして、食用牛を産ませるケースが乳牛のお産全体の35%まで増えたそうです。
交雑種とかF1と呼ばれるこれらの牛は、褐色で、病気に強く、成長が早く、黒毛和牛に比べサシが少ないのが特徴です。
味もよく、黒毛より安価で、健康志向にもよく合って、私たち消費者もよく目にしています。
各地でブランド化しているから「○○牛」と表示されているのもあるけど和牛じゃないのよ。(100種くらいあるそうです)

乳牛として育てるより手っ取り早く収入になるから増えたのかしら?
乳牛をこれ以上減らさないため、農林水産省が補助金制度を充実させたり、民間でも乳業メーカーが乳牛の子牛を輸入したりすると言っていました。



そういえば、週末訪れた山梨県立八ヶ岳牧場は、県内の子牛を預かって管理された草地に放牧し、適切な飼料も与えて健全な牛の育成をするための牧場。




↑↑↑こんな感じで褐色牛が多かったです。

八ヶ岳牧場は、口蹄疫を防ぐため関係者以外の立ち入りを厳しく制限していて、あんまり牛とふれあえなかったです。
人慣れしていないからか、柵に近寄ると逃げて行ってしまうし…
残念~



ところで、麓にある分場の方は入り口にこんな景色が見えて、思わず立ち寄ってしまいました。






運転していた夫には、きちんと見えていたそうですが、目の悪い私は、近寄ってびっくりしました!

作り物だったのか~

Read More »

2017/06/08 21:50  牛のエクレア


同僚が上野のエキュートで、牛のエクレアが売られているみたいだよ、って教えてくれました。



通りかかったのが週末の夕方だったから、売り切れていたそう。

あんまり可愛いから、朝、取り置きを頼んで買いに行ってきました。


JR上野駅公園口と入谷口を結ぶ駅ナカショップのドルチェフェリーチェは、KEYUCAの系列なんですね。
6月18日までの北海道フェア期間限定で作っているのだそうです。
一つずつ手作業だから皆、お顔が違うの。

中のクリームは、下から、カスタード、パイ、レモンカード、チーズクリームを重ねていて、とても美味しかった~

牛のエクレア、と聞いて思い出すのは、2009年丑年にちなんでル・ポミエで売られていたもの。



GRP_0032.jpg
これは当時、友人が送ってくれた写メ。
画質が年代を感じさせるけど、貴重すぎて捨てられない。
結局、私は食べられず仕舞いでした。

いつかAyaCOW~*バージョンで作ってみたいです。

テーマ : 小さなしあわせ - ジャンル : 日記

| HOME |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE