プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2037/01/01 00:00  はじめに


20130205214723f0e.jpg


           ayaCOW's BARへようこそ!
自作イラストayaCOWと趣味のフレンチ額装、牛グッズ収集、
そして憧れのスイスのデザルプについて、日々思ったことを書き綴っていきます。
スポンサーサイト

2016/10/24 20:58  ハロウィンだから今年も仮装するよ。


去年、友人が経営するカフェのハロウィンパーティに参加して楽しかったから、今年も行くよ!って張り切って準備してたのに、申し込みが少な胃から今年は中止になったと連絡がありました。
ざ~んねん!


でもせっかく考えたから、作ってます。
今年は、デザルプの牛をテーマに頭に花飾りをつけてみる予定。


↑これがイメージね。


プラスティック製のカゴにユザワヤのセールコーナーで買い込んだシルクフラワーを挿してみた。




いい大人だから色は抑えめで。




2016/08/29 10:00  渋谷チーズスタンド


渋谷Bunkamuraで開催中のビアトリクス・ポター生誕150周年 ピーターラビット展を見てきました。

子供の頃繰り返し読んだり、読んでもらったりした大好きなピーターラビットの原画をゆっくり見ることができました。
小さいけど、見ていたら目の前に景色が広がります。初めの挿絵は費用を抑えるため、黒インクのみだったのですが、線が美しく引き込まれました。
絵の美しさって、線の美しさだなぁ~って最近つくづく思います。

子育て時代に読み聞かせたアヒルのジェマイマやのねずみ、きつねどん、こぶた…
可愛い可愛い!

童話作家として、自然保護活動家としてのポターが十分感じられる展覧会でした。

帰りは足を伸ばして奥渋のチーズスタンドへ。
店内でチーズを作っているので、牧場へ行かなくてもフレッシュチーズが買えますよ。


店の前に牛!

外のお席で楽しく食事している人の足元に置かれていたのは…


なるほど~
ぶたくんの蚊遣りが牛になってました!


渋谷駅に戻る道、歩道を一匹のねずみが横切りました!
思わず、「あ、ねずみ!」って声が出て、近くを歩いていた人の足を止めてしまいました。

ポター展を見てきたばかりの私には、なんとも可愛らしく、小さなジャケットを着ているようにも見えたのでした。



Read More »

2016/08/24 19:58  綾牛


ふるさと納税で話題になっている綾牛。



Ayacow~*≒アヤ牛??

ずっと気になっていて、とうとう注文してみました。

綾町は、宮崎市の西方約20km、宮崎県のほぼ中央に位置し、総面積95㎢程の内約80%が森林です。
東京で言ったら、青梅市とか檜原村のイメージでしょうか?

綾牛は、HPによると年間約300頭の出荷で希少性が高く、上物率(肉質等級4以上)が約60%と宮崎県内でもトップクラスの成績を誇るブランド牛なのだそうです。
全国で初めて取り組んだ子牛委託システム(生後3ヶ月齢から子牛セリ市出荷までの約半年間をJAが委託管理するもの)で、飼料にこだわった一貫管理体制を確立し、地元で生まれ育った黒毛和種を中心に同じ飼育体系で肥育しています。

綾牛を初めて知った数年前は、サイト内の注文用紙を出力してfax注文しなければならなかったから面倒だったけど、久しぶりにサイトを見たら、直接オーダーできました!

でも、翌日ふるさと訛りのある男性から電話が来ましたよ。
品薄で、発送が遅れることを詫びる電話でした。おかげで、週末に届けてもらえることになったし、このアナログ感はやっぱり良いですね。




遠い町から届いた綾牛。




今夜、感謝していただきます。

Read More »

2016/03/16 09:00  うまく年とりたいものです


妹と一緒にメリル・ストリープが愛娘と共演して話題の映画、「幸せをつかむ歌」を見てきました。
メリル・ストリープは、夫と3人の子供を捨て、ロックミュージシャンとして生きることを貫き、貧乏だけどパワフル、恋も現役という50代半ばの女性を見事に演じ切っていました。

マンマ・ミーアの歌声も感動したけど、ロックもお上手でした。しかもギター弾いてた!
夫に浮気され離婚したことで精神的に不安定になってしまった娘を励ますために元夫の家に行き、これまで考えないようにしてきた過去に向き合うことになりました。つらく厳しい現実です。

でもやっぱり、核を持った人は強い、と納得のハッピー・エンディングでしたよ。


そしてその足で、渋谷西武で開催されている「世界のマダムのおしゃれスナップ展」を見てきました。
アメリカのフォトグラファー、アリ・セス・コーエンさんがブログで紹介していた人生上級者(良い言葉!)のスナップ写真展です。


まず色彩豊かな写真がいっぱいで元気になります。60代から100才超えまで!
皆、格好いいんですよ。



「最初に作ったシャネルスーツはシャネルさんの手縫いだったの」と車いすに優雅に腰掛けるエレガントな女性。車いすが高級家具に見えた!

キャプションは、格言みたい!
「若く見せようと思ったことはない、いつもきれいでいたいだけ」
「顔のしわもファッションの一部」
「年取ることはトレンド」
「プラス・エイジ思考の人のセンスと才能が世間から見過ごされているなんてもったいない」



私が子供の頃憧れていた友人のお母様が今生きていらしたら、思えたこの写真が気に入りました(写真撮影可です)。

健康でいられるからこそですが、私も見習わなければ、って最近、装うことに手抜きしていた自分を反省しました。
じょうずに年取りたいものです。

お母さん
病気になってもエプロンしめて頑張っていたAyaCOW~*のマムも靴下が超おしゃれです



| HOME |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE