プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2017/07/16 12:38  又々、誕生日。


前回のは、チョコレート好きな家族のためのガトーショコラでしたが、今回は、チーズケーキ好きな家族のためのケーキ。

暑いからレアチーズケーキにしました。
高校時代に学園祭で作った懐かしいお菓子。



学園祭では、土台をマリービスケットで作りましたが、ネットで見たら、チョイスを勧めていたので、使ってみました。マリーより、しっとりしてるから砕きやすく、ミルクと溶かしバターを入れてまとめたら、しっかりした土台になりました。



スポンサーサイト

2017/07/08 16:49  誕生日だから、ケーキを作りました。


新しいFIAT500が販売されて、10年になるそうで、お祝いのカードが届きました。
7月4日が誕生日なんですって。






お祝いに誕生日ケーキを作りました。






ガトーショコラをAyaCOW~*にデコレーション。頭にフルーツの飾り。
毎度のことながら、デコレーションが苦手で残念ですが…









本当は愛する家族のバースデーでした。

2017/06/28 10:03  ティッシュボックスケース


自分の部屋を片付けていて、足りないものに気づきました。
ティッシュボックス。




会社にあった牛柄のティッシュ。
私の家にこそ合うから、と持ち帰るよう言われたのを置いてみました。

良い感じだけどなくなったら、おしまい。
だからオリジナルカバーを作ることにしました。





牛の行列を巡らせよう、とか、牛小屋風のギャンブレル屋根(中折れの切妻屋根)にしよう、壁はボルドーで屋根は緑青色、とかアィディアが浮かびました。
イメージをスケッチして、簡単な設計図を書きました。
カルトナージュ作家の友人にアドバイスをもらい、自分のイラストをコピーしたものを貼りつけることにしました。

額装で使った厚紙の端材を利用できるのも嬉しいもの。





↑屋根はあえて半分しか掛けず、ティッシュを普通に取り出せるようにしました。






一年ぶりに子供の頃お世話になった絵の先生が所属する会の絵画展を見に行きました。
こういうの見ると、大きな絵を描きたくなります。

気づけば6月も終わろうとしています。
いろいろあって、考えること多かったなぁ。

2017/06/21 08:00  高幡不動のあじさい祭


お天気がくずれると聞いたので、雨にぬれる紫陽花を見に、高幡不動尊に行って来ました。

参道は、リュックを背負ったシニアでいっぱいで、食事処や和菓子やさんには行列ができていました~人気あるんだなぁって楽しくなってきた!

山門を入ると、市が立ってました。ござれ市というガラクタ市だそうです。
ますます楽しい、楽しい!


お参りしてから、あじさいの道へ。


ガクアジサイ

あじさい

やまあじさい

五重塔とあじさい

約200種類、7500株以上が境内から城跡のある裏山にかけて満開でした。



ガラクタ市を丁寧に見て回りました。
そして、最後にスイス土産のカウベルを見つけました。頭に思い描いていたサイズぴったりだったから迷わず購入。




自室の椅子に飾りました。
AyaCOW~*には、シンガポールで買った木製のカウベルをつけたので、お友達のシンメンタール牛の椅子にもつけたかったの。
良い音がします。



そういえば、私の部屋を訪れた額装仲間の友人が、椅子に付いたカウベルの音に驚いていたっけ。
素敵な記事を書いてくださったので、見てください。
カルトナージュやフランス額装を究められ、今はカルチャースクールの講師をされながら、自身も得意な刺繍を生かした細部まで美しい作品製作に勤しむ作家さんです。
青い額縁のちいさな部屋と薔薇の香り


アジサイが雨にぬれる前に帰宅してしまいました。

テーマ : 小さなしあわせ - ジャンル : 日記

2017/06/08 10:00  アニマル・ヘッドを作ったよ。


ヨーロッパの邸宅の暖炉の上に飾られてる立派な角を持つアニマル・ヘッドのオブジェに憧れて、AyaCOW~*ヘッドを作ってみました~


小学校の図工で習ったお面作りを思い出し、厚紙でアウトラインを組み、新聞紙を貼り付けて作りました。




小学校の図工が、図工の先生が大好きだった。
べっき先生
可愛らしいインディアン人形みたいな先生を久しぶりに思い出しました。




さて、暖炉ないからどこにどんな風に飾ろうか?
季節の花やアクセを飾りたいから、少し延長して首を作り、ベルもつけたよ。



| HOME |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE