FC2ブログ

プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2019/08/11 16:59  花火の思い出


花火の思い出として、ずっ~と長いこと子供の頃、父と見た館山の花火があったけど、今回見た横浜の花火でうん10年ぶりに記憶の絵が塗り変わりました。



13夏の終わり
↑↑父を送った後、暑中見舞いとして描きました。
海水浴の季節を終えて、(実家では8月上旬過ぎたら海水浴はダメと言われてました)ちょっとものがなしい気分になったものです。



19横浜の花火
↑↑そして、今回の花火のイメージ。
幼なじみに船を出してもらい、気心知れた旧友と大騒ぎしながら(私だけかもしれない)花火鑑賞。
今年はこれで、残暑見舞いを出します。
サイコーに楽しい楽しい時間でしたわ。
スポンサーサイト

2019/04/02 15:00  AyaCow~*の切り絵を額装しました!



アウトラインだけ書いたAyaCow~*を妹が切り絵に仕立ててプレゼントしてくれました\(^o^)/
スイスでは、アーティストの切り絵があまりにも高価でビビって買えなかったから、特別に嬉しかったです。


最初見た時から、ハート型の窓を開けることを決めていましたが、色合わせにかなり悩みました。
妹によると切り絵の世界では、白と黒できっぱり額装するのがほぼ定番だそうです。
確かに鮮やかなオレンジに重ねると目に眩しく、赤の上ではくすんで見えました。

ハート型が甘くなりすぎないように渋めの色に決めて、久しぶりのオフの日、一気に仕上げました\(^o^)/






ありがとう妹よ。

今、グループ展に向けて作ってる作品も私がアウトラインを描いた牛の絵なんですよ。
出来上がりがすご~く楽しみです。

Read More »

2019/01/22 21:00  久しぶりに額装


薫る野牧場さんに贈る絵を額装しています。
牧場の5頭の牛を描いた絵をキッチンクロスに仕立ててクリスマスにプレゼントしたら、喜んでくださったけど、もったいなくて使えない、って言われたから、飾ってもらう用を、ね。

どんな風に額装するか、だいぶ悩みましたが、絵の周りにあまり余白がないので、ポスターを飾るテクニックとして教えてもらった方法で作ることにしました。

牛の絵なので、ずっとやってみたかったフェンスのデザインを取り入れてみたよ。


オレンジ色の化粧紙を貼った1ミリ紙に切り込みを入れて、下の厚紙のボルドー色を見せてます。

絵の邪魔になってないことを確認して、上に貼るパーツを作りました。


本当は、2枚の厚紙の間にスチレンボードで隙間を作るのですが、今回はフェンスの縦桟と横桟の間に隙間ができるのはおかしいから、省略してます。



少し厚めにペーパーフレーミングしました。
今は指導者をしている額装仲間に多目的ボンドを教えてもらって使いました。
↓↓


ガラスは4ツ切サイズで少し大きいので、裏板には2つのリングをつけました。これに紐を結んで掛けてもらえば良いと思います。


薫る野牧場では、昨年6月に5頭でスタートした牛が12月に赤ちゃんが1頭産まれたと喜んでいたら、今年に入って1頭亡くなってしまいました。
2月に出産を控えていたというから、本当に残念でした。

絵の中には、ずっと5頭の牛。
これから牧場は、いろいろ変わっていくと思うけど、最初はこの5頭で始まったことを忘れないようにね。

タラちゃん、アヤメちゃん、レモンちゃん、ユカリコちゃんと今は天国に行ったアオバちゃん。

梱包して早く届けてあげたいです。

2018/08/09 17:18  この夏にしたかったこと


台風上陸の予報に身構えたけど、沿岸部をノロノロ北上中だそうで被害も少なそうでよかった!
でも一気に猛暑が戻ってきました。ここ2~3日涼しくて身体が楽だったから、このまま秋になると良いなぁ~なんてちょっと思ったけど、やっぱりもう少し夏を楽しみたいです。


今年やりたかったこと。
プールでぷかぷか。

話題のナイトプールなら日焼けも気にならないから良いなかぁなんてぼんやり考えてました。

今朝ワイドショーで、モーリー・ロバートソンさんがナイトプールに潜入取材してたので、興味深く見てました。


若い女の子のインスタ撮影会になっているんですね。
順番待ちして大きなファンシーな浮き輪に乗ったり、キラキラ装飾あるステージでポーズとったりして、仲間同士で写真取り合ってました。
メイクやヘアスタイルが崩れるから、泳がないんだって。
とっても楽しそうでしたが、オバさんがここに混じるのは無理だ~
今年はあきらめます。


↑これが欲しいかな。


ぴーちゃん様、コメントありがとうございます。
ひとりバスツアー、結構楽しめましたよ。
今度、ひとり参加ツアーのカタログ取り寄せてみますね。

2018/07/01 07:00  竹久夢二展@東京駅ステーションギャラリー


小学生の時、絵を習ってた先生と数年前に再会することができ、今年も先生が所属する会派の展覧会に行ってきました。

お教室では、季節の花の絵をよく描いていました。
先生が回ってきて、自分の絵にパレットナイフで線を入れてくださると、急に花がキラキラしてくるの。
それをしてもらうのが楽しみだったなぁ~

今も100号の絵を毎年出品されています。
大好きな花の絵でした。

先生の誕生日が私と同じことが去年わかってからは、ますます親い気持ちになっております。
私の牛の絵をおもしろいと褒めてくださいました。\(^o^)/



帰りに思いついて、もう一人誕生日が同じ画家さんの展覧会に行きました。
東京駅に丸の内北口にある東京ステーションギャラリー。


幸薄い感じだけど、たおやかな美人画や今見てもセンスいいなぁと感心する文具や千代紙、本の装丁に著者など、タイトル通り、夢二繚乱な展覧会でした。
元奥さんが夢二グッズを売っていたという港やみたいなお店、いいなぁ~

今回もいくつか心にとまる作品があったけど、もうすぐ引越してしまうテニス仲間に贈るカードのヒントになった七夕の絵。

短冊を白紙にしておいて、いろんな場面に使えるようにしました。
絵の先生へのお礼状には、「今年も誕生日会を一緒にできますように!」
引越してしまう友には、「又、一緒にテニスできますように」




| HOME |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE