プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2017/05/08 12:00  須藤兄弟の酪農劇!~その3


劇は、小学校の同級生4人が、卒業10年後に再会し、家業の酪農を継いでいる主人公の男の子に引きづらるような形で、不細工な野菜の価値を高めて売るビジネスを始めるものの、うまくいかず…というのがメインストーリーでしたー
4人それぞれのエピソードもよく表現されていてわかりやすく、地元アイドルの中学生のお悩みも現代社会の問題をはらんでいるようで、胸に迫るものがありました。

須藤牧場の経営者でいらっしゃる須藤兄弟を始めキャストの皆様、み~んな、とっても声が通り、お上手でした。

ストーリーは大人向けですが、大道芸人になった同級生の役を本物の大道芸人さんがなさったので、ところどころ素晴らしい芸の披露があり、子供達にも受けていましたよ。
薄暗い足場の悪い中、大変だったと思います。

ディアボロやローラーバランスしながらのジャグリングの他、見たことないのもありました!
振り回したスティックから映像が流れるの。
すご~い!

スプレーアートが完成してエンディングとなりました。



脚本もオリジナルだって。
酪農しながら、いろんなこと考えていらっしゃるんだろうなぁ~
素晴らしいなぁ~

私の趣味に付き合わせてしまった家族の反応が気になりましたが、皆、良かった~って!
ホッとしました。

出口では、須藤牧場自慢の牛乳が振舞われ、キャストの皆様に送っていただきましたー

近かったら毎年来たいなぁ~







館山のホテル、意外に混んでました。
あんまり期待せずに予約した館山リゾートホテル。ダメになってる感じが否めないけど、スペイン風がテーマだから、こんな子が玄関にいました。



スポンサーサイト

2017/05/07 18:15  須藤兄弟の酪農劇!~その2


小さな踏切を越えたら、牧場はすぐそこでした~







こんなアイテム一つ一つが愛おしい。

須藤牧場牛舎
暗くなりかけていたけど、道沿いの牛舎から可愛い顔がのぞいてる。


納屋の向こうに劇場が…
須藤牧場劇場
わらでできた温かい座席について、



プログラムをもらって、



牧場の片隅で劇が始まるのを待ちます。


2017/05/05 17:00  幸せの記憶~こどもの日に想う


小さい頃から高校生くらいまで、毎年海水浴に来ていた千葉県館山の北条海岸に久しぶりに来てます。
楽しい記憶ばかり。

日焼けすることを全く恐れてなかったから、仰向けに浮いてずっと波に揺られてたこと。
伝馬船で沖まで出て、大海原に飛び込んだ時、思いがけず水が冷たかったこと。
吸い込まれるような海の色にワクワクしたこと。
魚に触れた時の驚き。


海岸で桜貝の色にうっとりしたこと。

心地よい疲れのまま、ごろごろしながら親友とおしゃべりしたり、草むらで虫捕りしたり、毎年カンナの絵を描いたり、海の家のお姉さんと遊んだり、花火したり、ずっと楽しかった~

母はカナヅチだから海は苦手だけど、家事から解放されてのんびりしていつもより優しかったし、父は真っ黒に日焼けして、ずっと楽しそうだった。
亡くなる前にも館山で過ごしたことが一番思い出される、って言ってたなぁ~





そんな思い出深い北条海岸で、マーメイドAyaCOW~*



こどもの日らしく、鋸山の大仏様をバックにAyaCOW~*のぼり。





2017/04/06 19:36  修善寺温泉に行ってきました~2日目


学校の先生は、ネットで天気予報をチェックし続けてました。
気象庁の更新より何倍も頻繁です。
学校行事はお天気に左右されるものが多いから、クセになってるそうです。



予報は外れて、雨の修善寺散策になりました。


修善寺の桜は早咲きの品種だから終わってました。

頼朝の弟は義経くらいしか記憶になかったけど、範頼さんは謀反の疑いをかけられて修善寺に幽閉されたそうです。
漆の湯につけられ、身体中腫れ上がり、その時の顔を表した面が宝物館に展示されてました。
いたわしい。



範頼のお墓の隣にある甘味処で一休み。

日枝神社、指月殿、竹林、独鈷の湯など、定番の温泉街散策を終え、修善寺から韮山に向かいます。

旅行会社の友達の計算によるとゆっくりランチを摂る時間はないそうで、修善寺駅で名物の駅弁、鯵寿司を購入し、発車ギリギリで電車に飛び乗りました




韮山反射炉は、田園風景に急に現れ、なぜここに?というロケーション。
2016年末にガイダンスセンターができ、反射炉がどのようなものかわかりやすく説明されていました。

反射炉の生みの親、江川英龍さんの邸宅も見学できました。
幕府の代官を世襲してきた本当に立派なお屋敷でした。
反射炉を作っただけではなく、日本を守るために西洋式砲術を弟子に伝授し、農民を軍隊に編成する農兵を構想し、糧食としてパンを作り、「気をつけ!」の号令を作ったそうです。
地域の人々に愛され、今もこの邸宅を13人の家臣が守っているそうですよ。
(現当主様は世田谷区用賀にお住まいだそうです)


晴れていればレンタサイクルして他の観光地も回るつもりでしたが、今回はこれでおしまい。
週末だけ運行している観光用巡回バスで回れて便利だったけど、あんまり本数がないからこれが限界でした。

韮山駅に戻り、高速バス乗り場までのバスの待ち時間が15分あったから、名物の椎茸そばを食べられました。

旅行会社の友達の頭の中には、ルートや時刻表がすっかり入っているようでした。
テキパキすらすら、今後の予定を話してくださり、本当に感動しました。
なのに、何度も聞いてしまう私でした。

高速バス乗り場の売店ではこれ↓


名物わさびソフト。
わさびが添えられていて、少しずつ一緒にたべるの。意外な食べ方ですが、美味しかったです。


高速バスで寝ていたら、あっと言う間に新宿でした。
中学からのお友達。
これからもこんな旅行ができるといいなぁ~
と心から思いました。









2017/04/03 22:03  修善寺温泉に行ってきました~1日目


友人と3人で修善寺温泉に行ってきました。
新横浜駅で待ち合わせて、新幹線で約25分。
あっという間で三島駅です。

昨年末、全日本フィギュアスケートを観戦しながらラインしていたら楽しくて、世界フィギュアを旅館で一緒に観よう!
と年初から計画してました。

旅行好きな学校の先生と元旅行会社スタッフ。
旅の計画についてのやりとりが緻密で本当にすごかった。
行き当たりバッタリでいいんじゃない?なんてとても言えませんでした。
雨だった場合の計画を2案も3案も立ててるのをただただ、呆然と見てました。



三嶋大社のしだれ桜は、かろうじて見頃。



三嶋大社の茶店でいただいた名物の縁起餅~福太郎。
よもぎ餅をリーゼントみたいな形の餡で包んでます。甘すぎず、蓬の風味があって美味しかったです。これで200円。



三島名物のうなぎを昼食に。たくさん並んでいたけど予約入れていたから、スムースに入店できました。
うなぎを食べてとても元気になりました。

夕方から雨と言ってたのに、鰻屋でたら雨が降ってました。
ここで雨プラン1のクレマチスの丘へ行くことになりました。
三島駅から無料シャトルバスが出ているということでしたが、バスが出る北口へは、駅構内に自由通路がないので、とても大回りしなければならずちょっと不便でした。

写真美術館でヨヘン・レンペルトを、ヴァンジ彫刻庭園美術館でジュリアーノ・ヴァンジの作品を楽しく鑑賞しました。
まず、東京の美術館と違って空いているのが嬉しい。
旅先でたまたま知ることができたアーティストのこと、強く心に残ると思います。

三島駅まで戻ったら、今度は観念してJRの入場券を買って、駅構内を通って南口へ移動。
今夜のお宿のある修善寺温泉に伊豆箱根鉄道に乗って向かいました。

温泉トリオ
雨で富士山は見えなかったし、桜はまだ満開じゃなかったし、世界フィギュアの放送は深夜から明け方にかけてで見られなかったけど、温泉と美味しい食事の後、ゆったり居心地の良いお部屋でおしゃべりが止まりませんでした。

→二日目に続く

| HOME |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE