プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2017/07/04 08:50  神奈川県服部牧場


急に暑くなって身体が疲れているのかなぁ?夜、すぐ眠くなってしまう日が続いてます。
昨夜は今シーズン初のエアコンを入れたし、大好きな夏と今年も仲良く付き合えるようにしなければ!

先週末、神奈川県愛甲郡服部牧場に行ってきました。神奈川県の水源、宮ケ瀬ダムに近い丹沢山塊の東端部、日々良野高原にあります。

元々、陸稲・麦・桑など、耕種農業が続いていた土地に1969年、乳牛中心の服部農場として開場。
1976年から3年かけて近代的な牧場として整備されたそうです。
耕種農業って初めて聞いた言葉でしたが、家畜の飼料になるものを育てる農業ですって。



↑案内図





ここは嬉しいことに牛舎の中への立ち入りもふれあいもOKです。これは、第1畜舎。





こんな顔で笑わせてくれるジャージー牛。
片方だけ角が育ってます。



暗くてわかりにくいけど、ジャージーの向こうには、ブラウンスイスもいました。


柵があるけど結構前まで出てこられる仕組みだから、油断できない。


除角されず、立派なのを生やしている牛がたくさんいました。

割と来やすい場所だったから、又、訪れたいと思いました。



スポンサーサイト

2017/06/11 15:00  山梨県立八ヶ岳牧場の育成牛


出かける前にタイマー代わりにテレビをつけたら、最近は冬場のバター不足どころじゃなく、現時点ですでに脱脂粉乳が足りなくて、輸入枠を1万3千tから一気に3万4千tに増やした、とやっていたので見入ってしまいました。
ヨーグルトブームもあるけど、そもそも乳牛数が減ったことが大きな原因と言っていました。
2007年に159万頭いた乳牛は、昨年135万頭になったそうです。

餌代の高騰などからくる将来不安や高齢化による酪農離れもありますが、乳牛になる子牛がそもそも減っていると言ってました…???

なんと、乳牛に黒毛和牛の種付けをして、食用牛を産ませるケースが乳牛のお産全体の35%まで増えたそうです。
交雑種とかF1と呼ばれるこれらの牛は、褐色で、病気に強く、成長が早く、黒毛和牛に比べサシが少ないのが特徴です。
味もよく、黒毛より安価で、健康志向にもよく合って、私たち消費者もよく目にしています。
各地でブランド化しているから「○○牛」と表示されているのもあるけど和牛じゃないのよ。(100種くらいあるそうです)

乳牛として育てるより手っ取り早く収入になるから増えたのかしら?
乳牛をこれ以上減らさないため、農林水産省が補助金制度を充実させたり、民間でも乳業メーカーが乳牛の子牛を輸入したりすると言っていました。



そういえば、週末訪れた山梨県立八ヶ岳牧場は、県内の子牛を預かって管理された草地に放牧し、適切な飼料も与えて健全な牛の育成をするための牧場。




↑↑↑こんな感じで褐色牛が多かったです。

八ヶ岳牧場は、口蹄疫を防ぐため関係者以外の立ち入りを厳しく制限していて、あんまり牛とふれあえなかったです。
人慣れしていないからか、柵に近寄ると逃げて行ってしまうし…
残念~



ところで、麓にある分場の方は入り口にこんな景色が見えて、思わず立ち寄ってしまいました。






運転していた夫には、きちんと見えていたそうですが、目の悪い私は、近寄ってびっくりしました!

作り物だったのか~

Read More »

2017/05/23 10:18  上尾榎本牧場


上尾のあなたの知らない北海道があります

魅力的なキャッチに惹かれて行ってきました~
JR高崎線上尾駅から西に5~6kmほど、荒川のほとりにあります。




ホルスタインとジャージー、合わせて90頭ほどが飼育されています。

2009年より全自動搾乳ロボットが導入され、24時間いつでも乳搾りが可能になったそうです。

レーザーポインターで乳首を判別して搾乳サックをつけるんだけど、乳首が逃げちゃってなかなかキャッチできないので、
見ていてもどかしい気持ちになりました。
乳首が未発達だったり、付着の高さが違ったり、4つの乳首をキャッチするのは、すごく大変。



ロボットと壁の隙間でずっと順番待ちしているお母さん。
やっと順番が回ってきた時には、なかなか前に進みませんでしたよ。


牛舎2階からの眺めはとても新鮮でした~

週末の牧場は、大賑わいでした。
ジェラートショップに並ぶ人は引きも切らない感じ。
サイクリニストが多いのは、荒川沿いにサイクリングロードが整備されているのと
何かサイクリニストをテーマにしたアニメの聖地になっているかららしいです。

しかし、5月とは思えないほどこの日は暑かった!
上尾じゃ北海道は感じられなかったです。

2017/05/12 10:00  館山須藤牧場のこと~その2


実際、お乳を絞ってもらうお母さん牛は、放牧地にはいかないで、良い牛乳が出るように管理されているそうです。


こんな自由に歩き回れる牛舎にいます。


須藤牧場餌やり機
レール上を走るエサやり機がありました!




こんな紛らわしい柄の門番犬がいます。
近づいたらいっちょ前に吠えてきましたよ~




牧場内にあるCOW BOYというカフェには牛グッズがいっぱい!
こんなマグで牛乳が出てきました





外に出たら須藤兄弟の弟君が大道芸の披露していました~
劇で大道芸を披露していた方は別の人だったから、彼もできるんだ~って、びっくり

イケメンさんで役者さんで脚本書いて演出して、大道芸もできるなんてすごいね!

手すきの時間に得意な大道芸を披露して、牧場ファンを増やそうとしていらっしゃるんだなぁ~って感動しちゃった。

ファンレター書きますね。

Read More »

2017/05/11 10:00  館山須藤牧場のこと~その1


翌朝、ホテルをチェックアウトして、昨夜の劇のアンケートを提出するという名目で牛と遊ぶため、再び須藤牧場を訪ねました。
スタッフの方にアンケートをお渡しし、許可をもらって放牧地へ。


素晴らしい景色。


うっとり眺めていたら、アンケートを預けたスタッフの方が来てくださいました。
アンケートに私のお気に入りサイト「うしのわ」でこの公演を知った、と書いたから。
なんとサイトを立ち上げた方でした!

感激!
こうして、リアルに会えるとは、牛の世界も狭いものですねー

向こうに小さく見える牛の群れが、初めてのお産を控えたプレママ達。
ふれあえる近いところにいるのは、1~1歳半のお嬢様方と教えてくださいました。


反芻が終わった牛達は、いつものように夫に集まってきました。なぜか牛にはモテる人。



あ、私もモテたわ。




良い天気でした~


そろそろ放牧地から引き上げようとしたら…

追っ掛けてきてくれるとか…

可愛い。







放牧地の下の方に昨夜の劇場が見えました。





| HOME |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE