プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2013/02/27 18:03  うしな様


もうすぐひな祭り
今のayaCOWとちょっと違う姿ですが、手作りの「うしな様」を飾っています。
お供えは「やっぱ、牛乳!」です。
ぼんぼりはお乳の形に作りました。
いかがでしょうか?

うしな様
スポンサーサイト

2013/02/24 17:24  クライドルフの世界展


横浜そごうのクライドウルフ展、最終日に行って来ました。
1863年スイス・ベルン生まれ。画家を目指してミュンヘンに行きますが、
健康を害し、南バイエルンで療養生活を送ります。
絵本作家・挿絵画家として生きた人です。

展示会場に入ると、アルプスの花々を愛らしい妖精のように仕立てた絵に心を奪われました。
花によって姿形が違って、それぞれが魅力的
アルプスの大自然と語り合うような時間をたくさん過ごしたのだろうなぁ、
と羨ましく思いました。

会場でもらったぬり絵にayaCOWを描き加えてみました。
騒々しい花の戴冠式に巻き込まれてしまったようです。

クライドルフ

Read More »

2013/02/20 16:11  デザルプへの道#5


いくつかのHPやガイドブックを読んで理解したところによると、デザルプは、夏の間、
高地で放牧されていた牛達を寒くなる前に麓の町に下ろす行事で、
各地で9月~10月頃に行われているようです。
夏の間、山で牧童に世話されていた牛達を麓の街に住む飼い主の元に戻すという表現もありました。
逆に麓の町から山に登るのは5月~6月だそうです。

デザルプへの道#4に貼りつけた、フルムザーベルクのHPでデザルプの動画を見ると、
頭に載せた花飾りに大小あることに気づくと思います。
沢山お乳を出した牛には大きな花飾りが載せられるんですって!
頑張ったご褒美としては、重いだけで牛にとっては迷惑な話ですね。

栄えあるミルク・クィーンに選ばれて、感動の(重さに耐えかねて?)
涙を浮かべるayaCOWのイラストを描きました。
来月のお稽古までに額装する予定です。

MILK QUEEN



yumiさん、いつもコメントをありがとうございます。私もデザルプのこと、スイスのこと、学習中です。
とっしーさん、はじめまして。ayaCOWにほんわか気分を感じていただけて、嬉しいです。

2013/02/16 23:58  デザルプへの道#4


フェロートラベルのTさんがデザルプの開催地情報をメール知らせてくださいました。
日本のスイス観光局のホームページから知ることのできていた3ヶ所
~サンセルグ、グリメンツ、レ・シャルボニエール~に加えて新たに3ヶ所、
~シャルメイ、アッペンツェル、フルムザーベルク~でも開催されることが
現地のホームページでわかりました。
Tさん、ありがとうございます。

馴染みのない地名をグーグルマップで検索しながら観光地図に落としてみました。

デザルプ開催予定地 

白抜きバックに赤文字で入った地名がおおよその位置です。
見事にスイス全土に散らばっています。
開催日が決まっているのは、サンセルグとシャルメイでどちらも 9月28日(土)でした。
まだどちらへとも決めることができそうにありません。

2008年にフルムザーベルクで行われたデザルプの動画が見られることも
Tさんが教えて下さいました。
とっても可愛いので興味を持たれた方には、ご覧になってくださいね

www.flumserberg.ch/sommer/en/info/Culture+and+Sightseeing/Return+from+the+alpine+pastures.htm

yumiさん、いつも関心を持ってコメントくださって有難うございます。
ぴーちゃんさん、拍手画面でコメント有難う。次回を待っています。



2013/02/14 17:21  バレンタインデー♫


いつもayaCOWを応援してくださる方々に昨日作ったクッキーを届けました。
食べるのもったいない~なんて言われて嬉しかったけど、
次はもう少し細部にこだわって作ってみたいです。
クッキー

キャサリンさん、Ikuさん、リンクを貼らせて頂きました。

拍手画面でコメント残してくださったせいさん、yuukoさん、ゆーりんさんありがとうございます。
普通に残してくれても大丈夫ですよ。

2013/02/13 15:01  明日はバレンタインデー♡


明日は、バレンタインデー!
ayaCOWシェイプのクッキーを焼きました。
お菓子作りは繊細さが必要なので苦手です。
でもオリジナルの抜き型作りはかなり楽しかったゾ。

一緒に写ってるイラストは、額装を始めた頃のものなので、
今のayaCOWとちょっと雰囲気が違います。
楕円形の幅広ビゾーで収めています。
単純なテクニックですが、楕円形のカットはとても難しく、今でも苦手です。

DSCF2012.jpg

つんさん、初めまして。コメントいただき嬉しいです。これからもよろしくね。

2013/02/11 17:26  スタンプワーク♫


先月中旬、友人のKさんに連れられて一緒に、スタンプワークを習いに行って来ました。
先生のAさんとKさんは、カルトナージュのお仲間だそうですが、お話ししてみたら
巽英里先生に額装を習っていらっしゃったそうでした。
世間は狭いものです。

スタンプワークは、バック・ステッチ(本返し縫い)で輪郭を縫い、その中をボタンホール・ステッチ(アップリケをつけるときの縫い方)で埋めていく刺繍です。
一般的な刺繍は、糸加減が難しいので無理だと諦めていましたが、
この手法ならぬりえのように自由に布に絵を描ける!
と夢中になりました。

DSCF2011.jpg

A先生の見本の作品と比べると糸調子がきつく、目も揃っていませんが、
花飾りをつけた牛を2頭刺繍し、トートバッグに仕立てました。
A先生、優しく丁寧なご指導をありがとうございました。Kさんにも感謝してます。

DSCF2010.jpg

ikuさん、Moo-chas Gracias!
じゅんさん、スイスの景色が見えるような素敵なコメントを残して下さって感謝します。

2013/02/06 18:32  デザルプへの道#3


こんばんは。
私が初めてデザルプを知ったのは、COWの画像をネットで検索していて、
大きな重そうな花飾りを頭にのっけたCOW達が行進しているのを見たのがきっかけです。
一体、何をさせているのか? わくわくしながらHP巡りをしたのを覚えています。
デザルプとは日本語訳では「牧下り」といいます。
高校の地理の教科書などで「移牧」として紹介されている伝統的農法の、下り部分で行うお祭りです。
とりあえずわかりにくい説明のみで(笑)
まだパソコンにも不慣れなので少しずつ紹介していきます。
yumiさん、もう少しお付き合い下さいね。

キャサリンさん、いつも応援ありがとうございます。
早速コメントいただき、とても励みになります。

DSCF2008.jpg

花飾りが重くて、山を降りて一休みするayaCOWのイラストです。
ビゾー・バロックというテクニックで額装しました。

2013/02/03 18:48  節分


誕生日が節分という友人のKさんに額のプレゼントをしました。
中身の入れ替えが簡単にできるように上部に出し入れ口が切ってあります。
ついでにayaCOWのイラストを入れて贈りました。
喜んでくれたと思います。
DSCF2004.jpg

我が家の豆まき用の枡には、もちろんayaCOWが描かれています。

| HOME |


 BLOG TOP