プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2014/01/29 18:00  デザルプへの道#17~スイス・デイズ


スイス観光局のメールマガジンを見ていたら、今年は、日本とスイスの国交150周年なんですって!
色々とイベントも開催されるそうで、楽しみです

2月6日~9日に六本木ヒルズで行われるスイス・デイズにも行ってきますよ

                  スイス・デイズHPへ


スイスの大自然を体感できるというプロジェクション・マッピングの上映やアルプホルンの演奏もあるそうで、今からワクワクが止まりません。

ところでもうすぐ冬季オリンピックですね~
夏のアルプでの行事に牧夫たちのお相撲大会や石投げ大会があると聞けば、なんだかオリンピック気分ではありませんか!

そんな楽しいイメージでayaCOWのイラストを描きました。

IMGP0512.jpg

スポンサーサイト

2014/01/23 21:00  フレンチ額装#11


今日は、暖かな一日でした
土曜日には、16℃まで上がるというし、そろそろ花粉の季節かと少し憂鬱です
今年こそ画期的な花粉症対策グッズ現れないかな~

さて、ピラミッドを散りばめる額装のパーツをすべて作り終えました

IMGP0502.jpg


絵を収める窓を左上に寄せ、余白に14個の三角錐をはめ込む穴をあけました。
三角錐は高さを8㎜に揃え、底面4種、4色展開。

45度に断面をカットした3㎜紙を入れて絵を落とし込んで仕上げる予定。
意図したようにごつごつした岩山の感じになるでしょうか?

2014/01/20 21:00  開運祈願


今年もセンター試験が終わりました!
この季節には毎年少し心がざわつきます。


以前、競泳のオリンピック選手だった長崎宏子さんが講演会で、「オリンピックでよい結果が残せなかった体験をどのように乗り越えたのか?とよく聞かれますが、実は未だに克服出来ていません」というような事を話され、忘れられない言葉になりました。
お仕事もご家庭も充実し、幸せでいらっしゃってもダメなんですね~

長崎さんのような特別な体験じゃなくても、いつまでも悔いが残ることってあります。
時が解決すると言うけど、それはただ新しい出来事が上に積まれて見えにくくなっているだけ…
記憶を掘り起こされるような事を見聞きすれば、又チクチク痛み出すものです。
失敗したことの後悔は、同じような成功体験でしか、消えないような気がします。

チクチクの度合いが減じていくように感じられるとしたら、もっと手痛い失敗を経験したからかも


いつもは母のような気持ちで応援している浅田真央さんですが、「オリンピックの借りはオリンピックでしか返せない!」なんて、力強くソチへの抱負を語っていらして、若いのに沢山凄い経験されたから、本当によく解っているんだな~と
感心してしまいました。


受験生とそのご家族の皆様も、最後まで頑張ってね!

IMGP0500.jpg


福島で作った白いayaCOWダルマ。
閉じたまたまのオメメもいつか開眼しますように

2014/01/18 17:00  デザルプへの道♯16~過酷な山のぼり


来月の額装の課題は、絵の周りのスペースに小さなピラミッド型をいくつも付けて仕上げる
ユニークな手法です。

前回のレッスンで参考作品を見た時、散りばめられた小さなピラミッド達をボルダリングのホールドに見立てて
牛のロッククライミングみたいな山あげの様子を描こうと決めました。

参考になりそうな画像をネット上で探していたら、YouTubeに牧夫家族が山上げについて語る動画がありました

Alpine Ascent to Engstligenalp/Switzerland

この動画によるとスイスでは、約700,000頭の家畜がアルプスに山あげされているそうです。
牛だけじゃなくて、馬や羊、ヤギにラマ、アルパカを連れていく牧夫もいるそうですよ。

そして言ってました!
「8~90年かけて山に道が造られたが、ほんの35年前には、山上げの途中で牛が命を落とすようなことがあったかもしれない」って!

やっぱり~

それで一気に描けました。

山上げ 絵のみ



2014/01/11 23:00  ミニ cowes back!


心配した「老婆・ミニ」は発電機からの回線の劣化による軽い貧血でした。
原因がわかってしまえば、割と簡単な修理だったようで、本日退院できました

病院の先生には、「膝が脱臼しやすいので(トランスミッションの不具合)それを治せば、あと10年は乗れます!」って言っていただきましたが、ミニは今どき珍しく「パワー要りステアリング」なので、バックする時、結構力がいるんです。
体力もつかな~

でも無事治って本当に良かったです。

久しぶりに自由な時間が持てたので、今更だけど、作品展の内容をまとめた冊子を作りました。
完璧な出来ではありませんが、特にお世話になった方々にお配りする予定です。

IMGP0443.jpg


第1号は、誕生日を迎えた家族に贈りました
おめでとう~

2014/01/09 22:00  デザルプへの道#15


お久しぶりの本題です。のはずでしたが…

額装の新しい課題のために険しい山上がりの様子を描きたくて、資料を探しています。
約3000mの高さまで上がるのですから、斜面が得意な牛とはいえ、かなりの重労働なはず!

そんな時、妹が買ってきた化粧品のパンフレットに目を奪われてしまいました。

IMGP0435.jpg

私にはこんな風に見えたのです 
すごく素敵なヘッドドレスです。

もちろん、引き続き、山上がりの苦労について調べてみます

2014/01/08 18:00  愛車ショック!


昨年9月初めに夏の疲れからか車のバッテリーがダメになったことをこのブログに書きましたが、
その時交換したバッテリーが昨年末又ダメになり、不良品だったとの判断され、再交換になりました。
ところが、先日の初テニスの帰り、給油後に又、エンジンがかからなくなってしまいまいした
さすがにバッテリーが原因ではないでしょう。
本日、主治医の下に入院いたしました

私の愛車は、17歳の「老婆・ミニ」なんです
イギリスに住んでた時、あの小さな車内に身体の大きな男性が4人乗っているのを見て、恋に落ちました

大事に大事にお手入れして乗り続けてきましたが、そろそろお別れの時期が近づいているのでしょうか?
考えたくないです。

img056.jpg

とっしー様、こたつむりへのご感想お寄せくださってありがとうございます。

2014/01/04 16:00  こたつむりからの脱却!


今日は、初テニスしてきました!
いつもの仲間がそろって、楽しく打ち合って、今年も健康で怪我なく頑張りましょうって、誓い合ってきました。

お正月も終わります。
以前テニス仲間と雑談していて、家族がこたつから出られなくなって困る!って話しているのを
誰かが「こたつむり」って言っていました。
その言葉が忘れられず、又、「かたつむり」は「蝸牛」って書くこともにもつながりを感じ、
描いたのがこれ

img055.jpg

「こたつむり」ってアメリカで流行った「カウチポテト」に対する日本版として作られた言葉だそう。
日本の住宅事情では、カウチさえ置く余裕なし!
日本のテレビ鑑賞は、「こたつにみかん」でしょう?ということなんですって

一旦こたつに入ったら、「COW立つの無理(こたつむり)」だものね!
明日一日、こたつむり気分を味わって、週明けから「日常」に戻りましょう


とっしー様、ayaCOWに癒されたなんて言ってくださって、本当にありがとうございます。
こたつむりなayaCOWいかがでしょうか?

yumi様、こたつむりなお正月を過ごされて、よかったです。
身体も休まりましたでしょう!

とっしー様、yumi様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2014/01/01 16:00  初Moo~出


今年は、どんな年にしたいでしょう?

お仏壇のはせがわ~から届いた冊子、「はせがわライフ」初春号の中に神様の得意分野についての記事があり、興味深く読みました。

よく知っていたのは、学問の神~菅原道真公(天神様)や芸術の神~弁財天。
私も折々祈って、お世話になりました。
女の子でしたから、縁結びと聞けば、手を合わせたものだし…


今年は家も新しくなるし、改めて家族の平和と幸せを祈りたい気持ちでした。
新しいことを始めるときに導きを与える神様として有名なのは、猿田彦命で、転職、転居、新規事業などに除災・開運のご利益があるのということです。
近所に小さな猿田彦神社ありましたので、早速行ってきました
猿田彦命の名前の由来は知らないけれど、お猿は馬の守り神というから、なんとなく午年にふさわしい感じがして満足です。

img054.jpg

弁財天に扮したayaCOWです


年をまたいでしまいましたが、A.Yokoさん、コメントありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いします

2014/01/01 00:00  2014年スタート!


2014年スタートです!

午年


今年は午年ということで、暴れ馬を乗りこなすayaCOWが元気にご挨拶です。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

| HOME |


 BLOG TOP