プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2014/04/30 19:00  明日から5月!


ゴールデンウィークの狭間、平日だけど少し休日っぽい、ゆったり気分です。
最近身体のメンテナンスをしていなくて、慢性の肩こりに加え、脚の疲れが取れないので、
久しぶりに整体へ行ってきました。

img092.jpg


とても疲れがたまってますね、って言われたけど、一時間の施術のお蔭で、行きに比べ足取り軽く帰ってきました
最後に前屈のストレッチをしましたが、これで脚にかなり疲れがたまりにくくなるとのこと。
テニスの後はおしゃべりじゃなく、ストレッチですね。

明日から5月です。
順調だったら新居に引っ越しだったはずなのに、とも思いますが、遅れたおかげで、外構もカーテンもゆっくり決められるし、実家も片付くし、良かったです。
スポンサーサイト

2014/04/29 21:03  日傘作り#1~ステンシル型を作る!


ホビーショーで購入した手作り傘キットで日傘を作りはじめました。

ゆるくカーブした二等辺三角形、8枚を縫い合わせて作るので、底辺近くに1枚に2頭ずつのayaCOWを描くことにしました。

今日は、ステンシル型を作ります。
厚手のトレぺで作ったら、一回色塗りしただけで、水分で丸まって使い物にならなくなりました

プラ板で作りたかったけど、引越しでどこに仕舞ったか忘れてしまって
結局クリアファイルを開いて✂️作りました。




4種類の牛を抜いて、黄色い布地に試し塗りしてみました。
アクリル絵の具を筆やスポンジにつけて塗り、頭の上の花は、消しゴムハンコを押してます。

黄色の布地に茶色のayaCOWは、なかなか良い感じです
日傘も黄色にしようかな~と思いました。

2014/04/27 19:39  ホビーショーに行きました。


一年ぶりのホビーショーです。

今年のテーマは、Handmade party!
手作りで毎日がパーティ。

ちょっと分かりにくいけど、ホビーで毎日をパーティみたいなワクワク気分にしましょう、っていうことみたいです。

そんな生き方を体現しているようなお二人のニットのデュオ、アルネ&カルロスの作品ブースに目を奪われました。
ニットの得意な妹によれば、二人は、美しいイングリッシュ・ガーデンのある家で二人で日々ニットに勤しんでいるそう。

アルネ&カルロスさんを紹介するHP



妹は思いがけずワークショップに参加できてご機嫌でした。
関西の方からこのイベントの為にいらした方とか、3日続けて彼らのワークショップに参加されている熱烈なファンの方もいらしたそうです。
見知らぬ同士、おしゃべりしながら、ニットする時間は、とても楽しかったそうで、ニットカフェが地味に?続いている理由が解る、って妹がしみじみ言ってました。

ayacow in Hobbyshow


そういえば、西荻窪の乙女ロードの生地やさんの奥で4、5人の年代バラバラな女性達が、おしゃべりしながらパッチワークしているのを見て羨ましかった事を思い出しました。
私もそんな時間と場所を同好の士と共有したいものです。

今回、私のホビーショーでの成果は、まず、壁の漆喰塗り体験ができたこと!
新居には、下地ボードのまま引渡してもらう部屋があります。
ずっと壁塗りをしてみたかったので、施工会社に呆れられながら、無理を通しました。
ホビーショーで習ったコテの持ち方、漆喰の乗せ方、塗り方を実践する日が、待ち遠しいです。

それから、日傘キットを買いました。
牛柄の傘って意外に売られてないんです。
ステンシルで牛のパレードを描くつもり。
あ~楽しみ
だけど、本当は誰かと一緒に作りたかった。だって商品についてきたレシピが何だかわかりにくいんだもん

2014/04/24 20:00  親片


「親方」じゃないよ。親の家を片付けることをいまどきは「親片」って言うんですってね。
経験した人にはわかると思うけど、とっても大変な作業で、最近はそのテーマで本も出ているみたい。

本当は親がいなくなってからすることなんだけど、昨年10月に仮住まいとして実家に引っ越して以来、少しずつ片づけを進めています。
久しぶりに実家に戻って驚いたのは、捨てられているべきものが捨てられてないと言うことでした
包装紙、紙袋、空箱、昔のカレンダー、何年も前の領収書、DM、子供の絵やノート、児童書におもちゃ、箱に入ったままの食器~結婚式の引き出物やら記念品や景品、古布、古着~祖父母のまである!

初めは、「物のない時代に育ったから、物が捨てられるのを見るのがつらい」とか「私がいなくなってから片づけて」などと抵抗にあっていましたが、片づけるのには気力や体力がいるから今、片づけさせてね~とかごまかして捨てている内、母はあきらめてくれたようです。

それにしても収納場所ってやっかいですね。
今は使わないけどいつか使うから、って思って扉を閉めたまま何年も何十年もそのまま。
その内、何を閉まっているかなんて忘れられてしまったようです
実家にはそんな場所がいっぱい。

気付いたら体力も衰え、できないことが増えてしまった、と嘆くayaCOWのお母さん。
でも毎朝エプロンつけるのは忘れません。気持ちがしゃっきっとするそうです。

ayaCOWsMom.jpg


2014/04/19 17:30  タイルの絵付けから食器の絵付けへ


新しい家に貼るタイルや表札は出来たけど、鍋敷きに次いで小さなお皿にayaCOW描いたりして、アル・アンダルスさんへまだ通っています。

次は、ディッシュソープ・ディスペンサーを作りたくて、デザインを考えました。
ディッシュソープ・ディスペンサーは、直径8㎝位の円筒状なので、上部の穴に指を突っ込んで固定しながら、絵付けするのだそう。とっても描きにくいので、通年コースで通われていらっしゃる生徒さんは、かなり腕を磨かれてから取り組む作品なんですって

初心者の私でも出来るでしょうか?
そして、考えたのはこんな感じ

img091.jpg


上のほうにアルプスの山並みと山小屋、下には高山植物を描きました。
こんなディスペンサーで洗ったら、皿洗いも楽しくできるでしょう

ナナのママ様、ボーダータイルの記事にコメントありがとうございました。
学生時代のような尖がった設計は出来なかったけど、ほのぼの系の手作り感覚で頑張ってます。

2014/04/18 09:34  おうちプロジェクト#18~外構工事


新居の外構計画をなかなかピタッと決められず、毎日頭を悩ませています
毎日、頭に隙間が出来れば考え、夢にまで見て、目が覚めれば一通り考えた案をなぞります。
学生時代みたい!

外構計画は建物と同時に進行しましょうとは、よく言われる理想論で、なんとなくこんな感じで、と思っていた辺りに、引き込み菅が立ち上がっていたり、図面で見るより、手狭に見えたり…

全てのしわ寄せをうまく吸収しなきゃならないのですね。あ~、大変だ
でも後、もう少し

せっかく作ったayacowのステンドグラス入り玄関ドアと表札を生かせるように頑張ろう

2014/04/13 21:00  可愛い車の話


愛車老婆ミニは、現在面白い状態になっております。
以前、バッテリーがすぐに上がってしまうトラブルがあったことを書きましたが、
結局、治療後も不具合が起こってしまいました。
再び検査入院し、エンジンを切った後もコンピュータに通電してしまうとわかり、
取りあえずの治療としてエンジンを切った後、バッテリーを切るスイッチをつけてもらいました。
もう作られていない車なので、廃車される車の部品を探して付け替えるのだそう。
大好きな車なのでまだまだ乗りたいのですが、部品探しに手間取っている様子なので、
今のままでいつまで乗れるのかな~と少し不安になってきております。

そこで今気になる車を見て回ることにしました。
まず、FIAT500!フィアット・チンクェチェントと読みます。
大きさと言い、可愛らしさと言いオールドMINIと良い勝負です
          FIAT500が見られるよ

最近の車だけあって故障も少ないそうだし、パワステだし、オートロックだし…
(MINIに慣らされ、車に求める基準が低いな~)
インテリアも行き届いているし、良いな~って思いました。

帰宅してカタログの入った封筒を開けてみたら、
とってもおしゃれなカレンダーが入っていました
季節の風景のダイカットの下に、FIAT500のイラストをのぞかせるという仕組み

あんまりFIAT500に入れ込むと老婆ミニが嫉妬してしまいそうなので、
この可愛いカレンダーは、ayaCOWにチェン~ジです



A.Yoko様、拍手画面にコメントをありがとうございます。
これからも見に来て下さいね。


2014/04/09 18:00  ポルトガルタイルに挑戦!


アルアンダルスさんでのタイル製作も9回目を数えました。
今までのスポイト流し込みによる手法ではなく、筆を使った絵付けに挑戦してみることにしました。
白い釉薬をかけた11cm角のタイルは、専用の木製枠を付けて、鍋敷きにして下さるそう



得意のアルプでリラックスするayaCOWを描くことにしました。

トレーシングペーパーに下絵を写し、輪郭を裏から2mm間隔で針で穴を開けなぞります。
それをタイルに乗せ、木炭粉を入れたタンポでこするとあら~



木炭が穴から落ちて、こんな感じで下絵が写せました。
古典的なやり方で、こうしてタイルは量産されていたらしいです。

後は、水彩画のように色を付けて行きました。



白いタイルに塗ると色が沈むので、色を重ねた草むらの部分は、どこにどの色をあれたのやら…??
焼いてみてのお楽しみ😔というかんじです。

一週間後。



ちゃんと出来てました😃

スポイトの流し込みスタイルに比べて、優しい感じに仕上がりますね。


2014/04/08 11:00  入学シーズン!


出勤電車の中には、満員電車に不慣れな新社会人がちらほら。
ちょっとポジション取りが悪くて、混雑度以上に苦しそうで気の毒です。
早く慣れると良いですね~

公立小中学校も入学式シーズン!
東京では、いつの間にか満開の桜の下、という訳に行かなくなりましたが、桜舞う中の入学も印象に残るでしょうね
おめでとうございます

新しい環境になれるのはなかなか大変ですが、それ以上にワクワクしているのかな?
知り合いの新入学生にちょっとしたものを贈るのに添えるカードを作りました。

桜吹雪



2014/04/04 10:00  おうちプロジェクト#17~タイルボーダー完成!


                できた~

IMGP0564.jpg

ayaCOWパレードです

最近あんまり良いことがなかったけど、このタイルが貼られた壁を想像したら、ウキウキしました
明日、工事をしてくださっている工務店に預けます。
お願いだから、割らないでね

2014/04/03 13:00  フレンチ額装#14


4月の課題は、ビゾー・シリンダーと言って、絵の周りをシリンダー(筒)で囲うテクニックでした。
シリンダー部分の角は、化粧紙を突き合わせて作ります。
上から見たら45度だけど、紙のカットはゆるい波型になるんです

そして額装の本場フランスでは、その波型を作る専用の型板があるんです!
ステンレス製のそれは2500円位するので、今回は先生のをお借りして厚紙に写したものを使いました。



4,5,6,8と書かれた数字は、絵を囲うビゾーの角の数です。
この型板のサイズでシリンダーの幅が決まるので、後は額サイズを決めて、絵の大きさを決めていきました。
今回は、シリンダーの45度をピタッと決められるかがポイントですので、初心に戻って、厚紙のカットや作図に気を使って作りました。

中の絵もこれぞayaCOWと言うのを描きました
大好きなマゼンタを基調にしています


IMGP0562.jpg

家ができたら、飾ろうっと



2014/04/02 11:24  牛の顔のポーズ!


近所の桜も満開になりました~
あの桜色、青空も透ける薄~いピンク色を見ると、穏やか~な気持ちになります。

でも実家の母ストレスで、肩こりが取れないので、久しぶりにヨガをしてみました。
肩こりに効くヨガは、なんと言っても大好きな「牛の顔のポーズ」です。

img088.jpg

手を背中でつなぐことによって肩甲骨周りがす~っと楽になります。でもそれより、組んだ脚、股関節周りのストレッチになりました。
ところでなぜ「牛の顔」なのか?ネットで検索してみたら、上下に伸ばされた肘が牛の耳、重ねられた両膝が牛の唇に見えるからなんですって!
そうかな~?

牛の顔のポーズに苦労するayaCOWです。

| HOME |


 BLOG TOP