プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2014/08/30 12:23  衣替え


今迄、和室のある暮らしをしていたのですが、新居には和室がありません。
クロゼットに入れる洋ダンス選びに時間がかかり、今日、やっと届いたので、押入れ規格の収納から総入れ替えしてます。
嫁入り道具といえば婚礼箪笥という時代は終わり、家具工場では、今、スノコベッドが主力なんですって。制作は注文してからなのだそうで、時間がかかるわけです。

洋服は、引越し前にだいぶ断捨離しましたが、この際、一夏越して疲れたTシャツも処分かな~

でも牛が付いてる洋服は、多少疲れていても捨てられない!
滅多にない機会なので、記念撮影しました。



牛の刺繍が印象的なMise au green。
初めて「笑っていいとも」でさんまさんが着ているのを見て、すぐに調べて買いに行きました。
しばらくしたら、犬や猫のイラストばかりになって、取り扱い店舗もなくなってしまいました。
日本では、牛模様は、受け入れられなかったんですね。

久しぶりに名前を入れて、ネット検索してみたら、まだちゃんとありました。
私が持っているのは、みんな、日本製だけど、フランスのアパレルなんですね。

3頭並んだ牛のロゴマークは健在で、編み込みセーターなどもありました!
良いな~

あ、そうだ!
私も牛のセーター持ってます。

妹が編んでくれたCowチンセーター。
今度、アップしよう、ッと。

写真に写っている牛柄衣類は、今ではあんまり着られることもなく、目を楽しませてくれています。

カラフルで大胆なアロハは、日本だとなかなか着られませんね~
シンガポールでは、よく着ていたものですが…。

明日で8月もおしまい。
このところ、スイス旅行の調べ学習に時間を費やしておりました。
きちんとしおりに仕立てて、留守番家族にも渡す予定です。
一緒に行かれないけど、少しは旅行を共有してもらいたいものね。

スポンサーサイト

2014/08/21 16:00  デザルプへの道#25~「UTme!」で作ったぞ!


オリジナルTシャツが作れるというユニクロの「UTme!」が、とっても気になっていました。
             
スイスにayacowを連れて行きたい!

の思いから、デサルプのポスターのイラストで注文してみることにしました。
注文はとっても簡単でした。
専用アプリをスマホにインストールして、イラストを選択するとTシャツのイメージに自動的にドロップされます。
後は、大きさを変えたり、位置を移動したり、文字入力したり、スマホを振ってエフェクトをかけたりして、
画像を決定すると、普通に注文画面に移動しました。
情報送信後、すぐに注文受付た旨、メールが来ました。
発送予定は、約4日後。意外に早いです。

あまり深く考えないで注文してしまったので、ボーっとなってたら、またメールが来ました。
「デザインに記載されている画像が、版権・著作権に触れると判断したため注文をキャンセルさせていただきます」
ですって!なんで~?

急に残念な気持ちになり、「自分で描いたイラストだったのですが・・・、」と問い合わせるとともに、
ネットで同じような状況の方がいらっしゃらないか、検索してみました。
一旦、ネット上に上げられた画像は、注文を受け付けてもらえないらしいことが分かりました。

こんな、あまり読者のいないブログに上げられた画像でも、ちゃ~んとひっかかるんですね!
何だか感動。
聞いた話では、画像の一致度検索っていうのがあるのだとか。

問い合わせメールには、翌日返信が来て、自身のイラストであることについての同意書を交わせば、
注文を受け付けます、ということでしたので、改めて文書のやり取りをし、注文確定となりました。
こうして予想外の手間がかかると愛着もひとしおですね。

そして今朝、注文の品が届けられました。結局、初めにもらったお届け予定日と同じでしたよ。
ドキドキしながら、開封しました。




満足です。
同行家族の分も作っちゃいました!
ちゃんとサイズによってイラストの大きさが違っているのがすごいぞ。

これ着てデザルプ見学に行ってきます

「UTme!」、手作り愛好家におススメです!

    作り方がわかるよ!

2014/08/19 18:26  夏休みの工作完成!


昨日、仕事帰りに吉祥寺のユザワヤに行ったのですが、欲しかったサイズの紙がなかったので、今朝、結局世界堂に行くことになりました。
吉祥寺のユザワヤ、昔に比べて規模が小さくなって取り扱い商品が薄くなったような気がして残念です。
おまけに値付けが徹底してないから、常に財布の中身が寂しい私は、レジでドキドキしてしまうんです。
もっとがんばってね。

ほんの2、3時間出かけただけなのに、日差しにやられて、帰宅後しばらく、ぐったり。
でも、仕上げたいエネルギーで、とにかくノロタラ作っていたら…

完成!



嬉しい仕上がりです。
早速、家族が帰る前に取り付け工事です。

Read More »

2014/08/17 13:23  お盆休み


大人の夏休み~お盆休みの最終日です。


お墓参りに行ったり、親戚を訪ねたり、とお盆らしいこともしましたが、ニュースで取り上げられるような帰省ラッシュにも、出国ラッシュにも、高速の渋滞にも全く縁のないのんびりした一週間でした。

しなきゃいけないことは、山積み。
でもスイス旅行の情報収集に家のお片付け(まだまだ終わらない!)だけしていたのでは、物足りないです。

来月の額装の課題が、絵の周りにバロック風の模様にカットしたビゾーを巡らす手法なので、少しがんばって壁掛け時計を作ることにしました。
例のayaCOWタイルが貼られた壁の上に掛けるので、モチーフや色使いをタイルと合わせます。
これが出来るのが、手作りの良さですね。


まだ制作途中ですが、トータル約1日半、掛けて作った文字盤です。



1mm厚の台紙をカットして、アクリル絵の具を塗って作ります。

12と3と6と9の数字の間をそれぞれ、アルプスの山々、針葉樹、広葉樹、村の家々で埋めています。
デザルプの風景のつもり。
気分はスイスの切り絵作家ですが、たった1mmとはいえ、厚紙を細かくカットするのは結構大変でした。
絵具をかなり薄めて塗り、乾いたところを木綿布で磨き、さらに塗り、磨き、と数回繰り返していきます。
そうすると紙とは思えないような、光沢が出てくるんですよ。
全くバロック調じゃないのは、私らしさです。

中に12頭の牛列の絵を入れ、時計のムーブメントを付けて仕上げる予定です。
材料不足で、仕上げは明日以降になりますが、2014年夏休みの工作です。




ナナのママ様、コメントありがとうございます。
今年は後半、お陰様で楽しいことが続きます。感謝してます。

2014/08/12 21:00  デザルプへの道#24


待望のスイス旅行

初めて行く国だから専門の旅行会社にすべて手配をお願いしたのですが、デザルプエリアの宿泊先確保にかなり苦戦していらっしゃいました。スイスを得意にされていらっしゃる旅行会社でもこのデザルプ人気をご存じなかったのね。

まず、最初のデザルプ見学地は、スイス東部アッペンツェル地方のウルナッシュ。
検索エンジンに引っかかった「booking.com」で探してみましたが、少し離れた都市、世界遺産で有名な修道院付き図書館があるザンクトガレン郊外には、空き室あるけど、ザンクトガレン中心地も一番近い小さな町アッペンツェルも、全部満室。

アナログだけどわがまま旅行のお助け本、「地球の歩き方」にザンクトガレンとアッペンツェルの間の小さな村に、
日本人のマダムがペンションをされているとありました。
一室しかないのでは無理だろうな~と思いながら、メールしてみたら、すぐに空いてます!と連絡くださいました。
ラッキー

自分で動いてみて、グッとスイス旅行が自分のものになりました。
特にその後、もう一つのデザルプ見学地、シャーメイで、一旦、仮予約で押さえたホテルとメールのやり取りが途絶え、電話で確認したら満室で断られた、と旅行会社から連絡を受けてからは、もう自力で頑張るしかないと
幸い、同行家族は、もうかなりスイスの地図が頭に入っていて、路線案内も使いこなすスイス通になっていたし、ね。
えらいぞ!
だからこそ一緒に行っていただくわけです

再びbooking.comでシャーメイ付近のホテルを探しましたが、本当に空いてない!

それで私、原点を思い出しました。
このブログを始めた2013年1月、スイスにデザルプを見に行くことを夢見た私は、唯一その年の開催スケジュールが分かったサンセルグのデザルプのポスターを描いて、自分の目標に掲げたのでした。
今年、サンセルグとシャーメイのデザルプ開催日が同じだったので、どちらにしようか迷い、サンセルグはちょっと遠いかな、という理由だけでシャーメイに行くことに決めたのでした。
こうなったら、やっぱりサンセルグのデザルプに行くことにしよう!

サンセルグ2014

2年越しの夢、かないますように

今日は、パスポートを取ってきました。
ICチップが入って、ちょっと重くなったのね。


2014/08/07 13:00  フレンチ額装#17


8月の第1木曜は、額装レッスンの日!

言い訳だけど、引越しの片付け優先でなかなか額装を仕上げようとする気持ちになれませんでした。

そして、おとといの夜、いざ作り始めようとしたら、先生が下さったレシピが、見つけられませんでした。
探す時間もないので、クラスメイトにFAXしてもらいました。

次に厚紙をカットしようとしたら、1mm紙の在庫がほとんどないことに気づきました。
買いに行く時間もないので、端材を探し、なんとか25cm角の作品を仕上げる材料を確保。

友達を煩わせて、出来なかったは、ないので、昨日は頑張りましたよ。



花冠のヒマワリをイメージしたビゾーで、「見返り美牛」を納めました。
お尻見せているから、おトイレに飾ろうかな~


昨日は、自宅で額装作りの合間に庭の追加工事の打ち合わせとキッチンメーカーさんのちょっとした手直しを受けましたが、どちらの営業マンさんも汗びっしょりでお越し下さいました。
本当に申し訳ない気持ちになるようなこの頃の暑さですね。


2014/08/01 09:31  デザルプへの道#23


今朝、朝食をとっていたら、庭先でウグイスが鳴き始めびっくりしました。
東京とはいえ、静かでのどかな場所なんです。

昨日、旅行会社から提案見積りが届きました。
デザルプエリアでの宿泊先の予約に苦戦していらっしゃるとのこと。
やっぱり人気なんだ!、デザルプ観光!

この週末はお宿探しを頑張ります!

仕上げが間に合うかどうか微妙だけど、額装用のイラストを描きました。

img100.jpg


今回は花冠みたいに絡み合う(ように見せる)ビゾー(絵の周りの飾り)を巡らす手法なので、花飾りを着けたayacowにぴったりです。
夏の花で飾って、「見返り美牛」です。

今、スイスの牛達は森林限界を超えたアルプの草原で、草をハムハムしてるハズ、と想いながら描きました。

| HOME |


 BLOG TOP