プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2014/12/29 23:08  大晦日です。


2014年も終わります。
いろいろあったけど、まぁ一生懸命やれた充実の一年でした。

そして年末休暇に入ってから、仙台で仲良くしてくださった友人一家やスイスでお世話になった方が訪ねてきてくれて、楽しい締めくくりとなりました。
貴重な時間を割いて、我が家に来て下さった事にほんとうに感謝です。
ありがとうございます!

大掃除はほとんどしなかったけど、おせちを作って、大晦日らしく過ごしています。

今年は、実家に捨てられずにあったプラスティック製のお重にいたずら描きして使いました。




大きな頭飾りと重たい衣装つけて上がったり下がったり…、
日本にもいらっしゃいましたよね~

新年を迎えるにあたり、お目出度い感じの白鶴の衣装をAyacowに着せてみました。

小林幸子さん→幸cow→A happy cow!



2014年、さようなら。
良いお年を~


スポンサーサイト

2014/12/27 18:27  お正月準備


クリスマスツリーは、まだあるけど、少しクリスマス飾りを片付けて、お正月モードにシフトしてます。

まず、お供え餅。
毎年ちゃんと買ってますけど、一番正式な場所に飾るのは、これ!



COW神餅だよ~


2014/12/25 20:49  メリークリスマス!






食後に一人、照明落として、ツリーの灯を楽しんでま~す。
ツリーの足元には家族へのプレゼント。
私は自分で好きなもの、明日買おう、っと!


クリスマスディナーには、スイスで買ってきた自慢のお皿を使いましたよ



Arancia様、お手紙のようなコメントをありがとうございましたm(_ _)m
これからもよろしくお願いいたします。


ツリーは、欧米に倣ってもうしばらく飾っておくけど、今日宅配で注文していたお正月飾りが届いて、一気に「和風」な気持ちになりました。

2014/12/24 17:49  ファミリークリスマス


実家でクリスマス(天皇誕生日だったけど)をお祝いしてきました。
妹が頑張って朝から、色々支度してくれていました。母もニコニコ笑顔。
我が家のメンズも仕事や勉強?を早めに切り上げて、駆けつけてくれました。

クリスチャンではないけど、忙しい年末を控え、家族でちょっと寛ぐ、大切にしたい行事です。

型などなくても竹串一本でカットして作ったというジンジャークッキー!



なるほど!



ところで、いつもこのブログを訪問下さっている雑貨屋のオーナーArancia様。
今年末でお店を閉じることにしたそうです。
これからも色々発信して欲しいな~

閉店セールで見つけたステンドグラス風のステッカー、玄関に貼ってみました!



気づく人いるかな~?

大好きだった雑貨屋Aranciaのウィンドウ、最後に撮ってきました。
パノラマ撮影したから、ちょっとギザギザです。


2014/12/22 10:00  プチ・クリスマスプレゼント


天皇誕生日がクリスマスの前々日になってから、日本にいてもなんとなくクリスマスシーズンっていう感覚があります。
仕事納めにはまだ間があるから、すぐ現実に引き戻されちゃうけど、学校が休みになって電車も空いたし、少しゆったり気分です。


週末クッキーを焼いたので、今日のお茶の時間に同僚に配ります。
クッキーには焼印押したし、プチカードにメッセージ。
強引だけど


Happy Aya-Cowristmas!




焼印押すコツがやっとつかめました!
アツアツに焼いてから、しばらく置いて、まだ柔らかさの残る焼き立てクッキーに当てます。バターがジュワーって浮き上がったら、ちゃんと押せてました!

2014/12/19 09:00  ホームのゴミ箱


街中にゴミ箱が消えて久しいですが、駅のホームには、復活しているところもありますね。
今朝、仕事に向かう乗換え駅で、手に握っていた不要のレシートを捨てようとして、ゴミ箱に向かったけど、どの箱に捨てれば良いのか一瞬で判断できませんでした。



視力が弱いせいもあるけど、近寄ってよく見ないとわからないです。
間違えていれてしまいそうで…





スイスのホームのゴミ箱です!
一瞬でどこに捨てれば良いかわかります。
さすが多言語国家、観光大国ですね。



ついでにスーパーマーケットのリサイクルコーナーです。



子供が楽しんでリサイクルする光景が目に浮かび、感心してしまいました。

あ~、
スイスへ旅した2014年も残りわずかとは、なんだかさびしい。
この感動がいつまでも色あせない魔法をかけたい位です。

年賀状、出しました!
なんか、余裕。

2014/12/16 14:50  オペラ座のCOW


先日のグランプリファイナルの羽生くんの演技にしびれました!
今年はグランプリシリーズも後半になってのお出ましで、あのアクシデントの初戦から、ジェットコースターのようでもあり、一連のドラマを見ているようでした。
ほんとうに良かったぁ~

img121.jpg



フワッとしたお袖があんなに似合う日本男児なんて、他にいないよね。
Ayacowもクリスティーヌのように、魅力の虜になりました。

青い額縁様、牛柄のハケなんて見たことありません!どこで売られているのか教えてくださいね。

それから、卓上カウレンダーを欲しいとおっしゃってくださる方々少しずつ現れて、嬉しいです。
一年間、ずっと一緒にいさせてください。

2014/12/12 19:00  Aya-COWlender 2015


家族の要望により、Aya-COWlenderを作りました。
卓上サイズです。
旧作ばかりだけど、月ごとに合う絵を選んで印刷したら、それなりになりました。







今のところ限定4部ですが、万が一、ご入用の方はアピールしてくださいね。
増刷可能です。


Arancia様、クリスマスセールのご案内、ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ
ぜひ、伺わせていただきます。

2014/12/10 09:45  クリスマスリースの問題


近所でもクリスマス・イルミネーションで飾られたおうちが見られるようになりました。
遠回りしてもキラキラのおうちの前を通りたくなります。
寒い季節、心が温かくなります。
ありがとう!

我が家はできないけど、クリスマス・リースくらいは飾ってきましたよ。



15年以上前(え~!って指折数えて驚いた!)に作ったもの。


その頃はまだ、デザルプなんて知らなかったのに、ちゃんとそんな感じになっているのに改めて感動しました。

グルーガンなんて知らなかったから、針金で一生懸命、牛のフィギュアの細い脚をリースにくくり付けたんです。
少しずつ角度を変えながら、ねじれるように付けたから、すごく大変だったこと、思い出した!
(グルーガンを手に入れてから付け直したけどね)


この愛すべきクリスマス・リース、新しいお家の玄関ドアには、ちょっと合わない。
ayaCOWのステンドグラスがどーんとあるのと、ドアの材質がアルミだから…

残念だ~




こんな風にしてみました。
近くに寄ると…



深夜に帰宅した夫には、「ずいぶん妥協したんだね」と言われました。

はい、その通りです。
今後の課題にします!

2014/12/09 20:10  ボルトガルタイル、アズレージョに挑戦!


今年最後のタイル作りに行ってきました!

青一色の濃淡で表現する伝統的なアズレージョ(ポルトガルタイルの意味)に今更、初めて挑戦してみました。

クリスマスオーナメントと同じ小さなサイズにさらっと描いてみました。
青の釉薬2色の薄い方の色をたっぷりの水で溶いて、全体に塗り、濃い青を混ぜて濃淡をつけていきます。最後に濃い青で、輪郭を取って完成。




初めてこの工房を訪ねたのは、今年の2月だから、10ヶ月程前なんです。
もっともっと前から来ていたような…
すっかり馴染んでしまいました。

来年は、何を作りましょう?
紙細工や編み物、手芸より、プロっぽい質感を生かせるものを考えたいです。

2014/12/07 19:00  アッペンツェルのクリスマス


アッペンツェル地方(スイスの北東部)の生活を描いた絵本、「Albertli」の中に想像できないクリスマス飾りがありました。



タワーの名前はChlausezüüg、それを構築しているのはChlausebickliというジンジャーブレッドクッキーとDevisliという絵の描かれた砂糖菓子と読めたけど、想像がつきませんでした。

アッペンツェルを歩いていたら、「Biberfladen」というお菓子屋さんがあり、伝統菓子として、「Chlausebickli」が売られていました!
絵柄が可愛いし、旅の思い出に食べようと思って買ったら、賞味期限が3ヶ月もありました。

試食させてくれたので、食べたら甘~い!


で、まだそのまま家にあります。



そろそろ食べよう。

Chlausezüügは、本来は円形に焼かれた編みパンを積み重ねたタワーにパネルのように焼かれたこのお菓子を貼り付けて、ナッツやリンゴで飾られたものらしいです。
クリスマスシーズンには、例のお菓子屋さんで大きなサイズのChlausebickliが売られるらしいですよ。

面白い伝統ですね~

ナナのママ様、牛型プランターボックスにお褒めのコメントありがとうございます。

私が書いたいい加減な図面を見て、夫が実施図面を書いてくれました!
次は資材調達です。

2014/12/06 10:00  ボーンカービング?


家族に、駅そばのラーメンさんが、店の前に牛の骨を置いている、プレゼントらしいよ、って教えてもらいました。
大分前だけど。

牛の骨??

私はいらないよ、って思いました。
お肉はいで、スープ取った残り。
なんか悲しい。

知り合いに話したら、犬用じゃない?
骨の中とか、犬は舐め回して喜ぶよ、って教えてくれました。
なるほど!

先日、開店前のお店の前を通りかかったら、ありました!
「GYUTON」牛豚?って名前のお店。



牛骨を削って作るボーンカービングは、身につける人の願いや祈りを叶えてくれるそうです。って書いてあります。
骨は犬が喜ぶようなものではなく、綺麗に殺菌されていました。

急にひらめいて、フラワースタンドを作ろう!と思いました。

その後、額装のお稽古に銀座に行くのに、2本もらってしまいました。
後、2本もらって、牛型プランタースタンドの脚にするのです。



こんな感じ?

はじめは、背中部分にプランターを入れよう、って思ったけど、デザルプに思い入れがあるので、頭部分にフラワーポットを入れようと思います。

これから設計図書いてみます!

昨夜、2本もらってきたから、4脚揃ったんだ~



(合掌)

2014/12/04 13:00  フレンチ額装#20


だいぶ寒くなりました。
近所のママがコートにマフラーで自転車出勤しているのを見送りました!
私も出かける時、初コートを着てみよう!

昨日1日こもって、額装を仕上げました。
今月は、「Effect miroir (フランス語だからスペルがちょっと違うみたい)鏡効果」というテクニックです。
幅広の斜断面の一辺を中に入れる絵の反転画像にして、鏡に映っているように見せます。

中の絵選びが全てという課題でした。




スイスブラウンと初めて出会い、見つめ合った思い出を納めました。
斜断面に使用した反転画像は、高さを縮めて虚像らしくしています。
楽しい時間がダブルになったようで、嬉しい効果に満足です。

額縁は、これから作ります。
お稽古の日には間に合わなかった!

Arancia様、クリスマスカラーのお店を見るの、楽しみにしてます。

2014/12/02 15:56  クリスマスカードができました。


明後日、額装のお稽古だから、作品を仕上げなくてはならないのに、肝心の糊が無いので、クリスマスカード作りに逃げてました。



今年出会った、スイスブラウンとシンメンタールに引かれた、Saint Ayacowです。
クリスマスシーズンのプチプレゼントに添えたり、なかなか会えないお友達に送ります。

キャサリン様、素敵な牛柄のカフェカーテンがホームセンターで見つかるなんて、本当にすごいでしょ。
視力悪いのにこんな時は見逃さないんだから、おっしゃるように「執念が生んだ奇跡」なのかも!

| HOME |


 BLOG TOP