プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2015/03/30 14:00  ミルク缶のお直し~その2


金たわしを買いにホームセンターの塗料売り場に行った時、錆びたトタン屋根にそのまま塗れるというペンキがありました。
屋根用で青と緑、茶色という強い色しかなくって、ミルク缶には不向きだったから、買わなかったけど、サビ落とししないで塗れるなんて良いな~って思いました。

でも私のミルク缶は、一生懸命錆取りしても、すぐ錆びちゃったから、やっぱり錆びていても塗れる塗料じゃないと

ネットで探したら…


ありました!

その名は「サビキラー」。
お風呂に使うのとは違います。

洗っても洗っても出てくるカビとサビ。
覚えやすくて良いけどね。


サビ落とし不要で、サビに直接塗れるサビ止め水性塗料。錆びていないところに塗っても大丈夫なところが、今までのこの種の塗料にしては画期的なんですって!
臭いもキツくなく、家庭用サイズもある。色はシルバー一色ですが、上から、他のペンキも塗れるそうです。

すぐにジョイフル本田へ在庫確認し、買いに行ってきました!

で、本日塗りました。




右上の状態から、サビ落とししたのに錆びた右下の状態になり、本日、ピカピカに生まれ変わりました!


風が吹いてきたから、花が散る前に近所の桜を見に行ってきました!




花粉症だから花の下でお弁当は、とても無理。お散歩して楽しんでいます。




桜のミニチュアみたい。夢中で撮っていたら、自転車のおじさんもカメラを構えていました。

「可愛いね~」って声かけられて、ドキドキ💖

私のことじゃないってわかっていても、びっくりするし。





スポンサーサイト

2015/03/30 07:00  ミルク缶のお直し


仙台の古道具屋さんで買ったミルク缶!当初から古びていたけど、20年もほぼ放ったらかしだったから、かなりサビサビになってしまっていました。



欲しくて買ったものだったから、このまま活かされることなく朽ちていくのを見ているのは忍びなく、家を新しくしたら、本格的にお直しすることに決めていました。

色々、サビ落としの方法をネットで探したけど、結局、地道にヤスリ掛けするしかないみたい。
あ~、果てしない作業になりそう。

近所のホームセンターにサビ落とし用の金たわしを買いに行ったら、電動ドリルの先に付けて使うワイヤーブラシを発見!
迷わずこちらを買いました。


帰宅して、さぁ始めるぞ、って立ち上がる私に、夫が「もらいサビ」の知識を披露してくれました。
サビっていうのは強力で、ちょっとつくだけで、本来錆びるはずないステンレスやアルミも錆びちゃうんだよ、ですって!

じゃ、ダメじゃん、こんな狭い敷地で電動ドリルでサビ落とししては!
なぜ買って来てから、教えてくれるのでしょうか?

ビニルシートで苦労して作業エリアを囲い、やっと始めたと思ったら、かなりうるさい!
天気もよろしく、ご近所のお宅からは、クラッシック音楽など流れているというのに。

心の中で近所の皆様にお詫びしながら、うるさい!っていつ怒鳴られるか、ハラハラしながら、ひたすらワイヤーブラシかけました。凸凹していた赤錆ははがれ、表面はスムースになりましたが、細かい所はどうしても取りきれません。

焼印作りに行った時、指導してくれた鉄の専門家が、トイレの洗剤、サンポールは塩酸だから、つけておけばサビなんて簡単にきれいに取れますよ、って教えてくれました。
ミルク缶を入れるほど大きな容れ物はないから、セメントこねるプラスチックの浅い箱にミルク缶を寝かせて、サンポール回しかけながら、ブラシ掛けしてみました。タレをかけながら焼く豚の丸焼きみたいな感じです。

サビが溶け出しみるみるきれいになったから、大満足で水洗いして陰干ししました。

散らかした道具を片付け、生まれ変わったミルク缶を改めて、見に行ったら…


え~なんで~?

きれいになったと思ったのに、もう薄っすら錆びているのでした!

1日経ったら、こんな感じになってしまいましたよ💧


ミルク缶お直し企画は、まだ続くのです。

2015/03/28 10:00  ターシャ・テューダーに憧れる


出掛ける前の時間つぶしと思って、テレビをつけたら、ターシャ・テューダーの番組の再放送をやっていて、久しぶりに見入ってしまいました。
生誕100年に当たる2015年、大規模な展覧会が開催されているというので、早速行ってきました。

晩年暮らしたコーギーハウスのキッチンが(壁に沿って、ですが)再現されていて、愛用の食器類やお道具に家具がちゃんと運び込まれていました。

また、今回の展覧会の目玉は、初出店のドールハウス!
ターシャの手作り人形と子供の頃から少しずつ集めてきたという手の込んだ家具や調度品が本当に素晴らしかったです。

それにしても大混雑。
皆、ターシャに憧れているんですね~
私もですけど。

裕福な文化的な家庭で育ち、農場に憧れ、13歳の誕生日プレゼントは雌牛。15歳で学校を止め、農業と画家の道に進んだそうです。
こんな小さな少女の頃から、92歳でこの世を去るまで、童話作家として、挿絵画家として、4人の子供の素敵なお母さんとして、自給自足をする主婦として、庭師として、筋の通った人生を生きた人でした。
私なんて迷ったり、行き当たりバッタリだったから、最初から、やり直したいよ~って思いました。
若い頃から、自分がわかっていて、ブレない生き方をされた人に憧れます。

展示室の壁には、ところどころにお言葉が書いてあり、ハッとするものがありました。

生きていれば落ち込むこともある、改善できるのなら、努力すべきだけど、変えられないのなら、受け入れて進み続けるしかない。

何か能力を身につけたいと思ったら、心から願望し、努力し続けること、うまくいかなかったら、少し手を休めて他のことをする、焦らず精進すること。

当たり前のことに思えるけど、憧れの人生の先輩ですから、スーッと入ってきました。
しかし、せっかくのターシャのお言葉ですから、日本語じゃなく、そのままを教えてほしかったです。残念。



こんなアィディアあふれる素敵なカードを買ってきました。
鳥籠や鉢植えの苗は、全部抜き取ることができて、ターシャの手書きメッセージが書かれています。
バレンタインカードなんですって!

とても全部を真似することはできないけど、何か迷った時には、思い出して考えてみたいと思いました。

隣接する催事場にあったカフェオレ・ボウルを記念に買いました。




2015/03/24 10:12  桜の開花宣言!


昨日靖國神社の桜の基準木に5つの開花が認められたそうです。

私が子供の頃は、桜といえば入学式だったのに、いつの間にか、卒業シーズンの象徴になりつつありますね。
森山直太朗さんの🎵さくら~独唱、辺りからなのかなぁ。
散りゆく桜の花を別れの時って歌っていてびっくりしたことを思い出します。

花粉症になってから、外でお花見なんてしないし、桜の開花と聞いても今日の寒さではピンとこないけど、満開の桜の花を想像すると、やっぱり心ときめくものがあります。




一足早く、満開の桜冠を着けてみました。


それから、全く関係ないけど、自室用にゴミ箱を買いました。



実家には一部屋に一つ(ダイニングには複数あった!)ゴミ箱がありました。
ゴミの収集日には、母が各部屋を回ってゴミ集めしていたのでしょう。
私はそれが面倒に思えて、最低限しか置いていません。でも自室で作業中に都度ゴミを捨てられない不便さに耐えられず…
ミルク缶型のガーデン雑貨を選びました。

自室の壁は今、こんな感じ。

2015/03/23 22:45  福島へ行ってきたけど…


週末、福島に行ってきました。
ホームに降りたら、階段手前に人溜り。邪魔だよ~って、避けて通った私。ビニ傘広げた人達と法被を着た人達の後ろを通りながら、こんなとこで撮影?って、ちょっとムッとしながら、階段降りました。下には、仮設ステージがあって、テナーサックス奏者が1人でジャス?を吹いていました。脇に控える白ユニフォームの駅長さん。

改札に急ぐ私は、息子が「歓迎してくれているんだね」ってボソッと言うまで気づかなかった!
ビニ傘には、「ようこそ福島へ」って書いてあり、誰も何も言わなかったけど微笑んで手を振っていたそうです。
福島の人はシャイなんです。
伝わらなかったよ、がさつな私には!


復興に関わる仕事をしている夫は、何にもないところだから、って、及び腰だったけど、海に向かって進みます。車がたくさん停まっているアイスクリーム屋さんを発見!



ジャージー牛のソフトクリームがとっても美味しかったので、牧場の所在を尋ね、訪れてみましたが…



ホルスタインしかいなかったぞ。
まだ春とは言えない福島だから、放牧された風景を見ることはできません。
でも懐かしい牛乳の看板を撮ることができました。



ホルスタイン柄のこの牛乳パック、東京では売られていないけど、仙台では、よく買っていました。
この辺りの牛乳だったんだ~


ガラガラの一本道を走っていたら、脇に、並行して自動車専用道路を建設中。
道路沿いには、除染作業で剥がした放射性物質を含む土が入ったビニル袋の山、山。
「原発ゴミ最終処分地、絶対反対」の看板。

どうしたらいいのか?考えたら息苦しくなりました。

そう、本当に。
この週末は、花粉がすごく飛んでいたんですね。
気づいたら、久しぶりに鼻水止まらない、目が開かない、ひどい状況に陥ってました。夜は文字通り、鼻づまりで息苦しくなったし…。


そうそう、良いニュースも聞けました
夕方のローカルニュースでは、仮設住宅にお住いの年配の女性が、集まって編み物をされているのを取り上げていました

シワシワの手で、2時間もかけて、編んだ毛糸をフェルト化していらっしゃいました。
素敵なルームシューズ。
その内、ネットで販売されるそうです。

もやもやした気持ちのまま、1日を終えようとしていたので、とっても幸せな気持ちになりました。

又来ます、福島!

2015/03/20 09:11  卒業シーズン。


駅までの道、何人かの袴姿の女子学生とすれ違いました。
今朝のニュースでは、フィギュアスケーターの浅田真央さんが大学卒業で、素敵な袴姿を披露していましたっけ。



我が家に飾られた卒業写真。

絵の周り、ビゾーは4つの風車型からできています。厚みのある化粧紙を貼ったので、最後の一枚が少しつれてしまって、がっかりな出来になったのでした。

2015/03/16 20:00  作品リストできました!


フレンチ額装の作品リストの入力が終わりました。
125の課題で、138作品ありました。
後、写真付きインデックスを作るつもりです。

「全部の作品に番号がついた!」って一人、自室で叫んで、思い出した!
今年秋から導入されるというマイナンバー。
住民票を持つ全国民に固有ナンバーがつくんですってね。
これから、誰かがせっせと全国民の情報を入力するのでしょう。
大変だ~

そういえば、大騒ぎしていた住基ネットは、どうなるんでしょう?


せっかくだから、自室の壁を額で埋めようと思って、季節感のない、好きな作品を床に並べてレイアウトを考えてみました。



他にもいくつかの額を思いついて、家の中に飾って歩きました。
楽しくなってきました!
家にあった引っ掛けフックを使いきってしまったので、又買ってこようっと。




2015/03/14 11:15  長いことやっていれば…


びっくりした~
12年半もお稽古続けていれば、こんなこともあるのね💦




全く記憶なかった!

右はパスにU字型の溝を施した手法で2008年6月に作ったもの。
左は絵の周り(ビゾー)を七角形の花びら型にしたもので2012年8月の課題でした。

それぞれの手法に合った絵の選択をしたつもりだったけど、並べてみると、中の絵の雰囲気が全然違って見えるから不思議。

右の方がクラシカルな広告に見え、左はポップな感じ?

こんなところが額装の楽しさなんですね~

二つのびっくりでした!

そして、今更ですが作品整理は、お稽古中にするべきだったと反省します。
お稽古仲間の何人かには、どんな風に作品整理をしているか、聞いたことがありましたが、明解な回答はなかったな~

kei様、被災牛の記事にコメントをお寄せくださり、ありがとうございます。
なんだか心のモヤモヤが取れないので、近く福島に行ってみるつもりです。

2015/03/11 20:56  被災牛に心を寄せて


現在、夫が被災地支援の仕事に行っていることもあり、震災後の復興について考えて頭がぐるぐるする日々を送ってました。
家族内のLINEには、ちょっと偏った私のコメントを諌める家族達のコメントが並んだ日も。
今朝、テレビで牛を殺処分した酪農農家が取り上げているのを見ました。被災後飼い主が避難したため、しばらく餌をもらえず骨ばってしまった乳牛と取り壊しを決めたという、空っぽな現在の畜舎を見て新たな悲しみがこみ上げてきました。


「被災牛」でググってみたら、まず、見たことなかった死にゆく牛達の写真に目が留まりました。糞尿に溺れそうになりながら立っている牛、仲間の死骸の隣で虚ろな顔で横たわる牛、白く蛆に覆われた牛、首輪につながれた死骸、向き合う白骨化した牛を見て、頭ではわかっていましたが、衝撃を受けました

次いで畜主の意思で今も旧警戒区域内に生きる被災牛に牧草を届ける団体のブログを見つけました。
遡って全部読んで、残酷な写真を見た後だったから、救われた気持ちになって、もう、明日、支援のための振込みにいこう!って盛り上がったのに、なんだか、経費の使い方を巡って内部分裂して調停になっているんだそう。
今更気づいた私にはどこに振り込むべきか、ブログからだけではわかりにくく、活動自体はまだ支援が必要と思われるだけにとても残念です。
被災牛に心を寄せて私らしい3.11の過ごし方ができました。




スイスで買ってきたクッションカバー。
こんな幸せな牛達の姿を国内でもみたいです。

2015/03/10 10:00  フレンチ額装のこと


12年半間続けたフレンチ額装のお稽古をこの度、3月をもって卒業いたしました。

最後の作品は、前にもちょっと書いたけど、カマンベール型に仕上げた絵をプロペラ型ビゾーで囲うテクニック。
巽先生が昨年末に本番フランスで習ってきてばかりのものを惜しげなく教えてくださいました。


私は良い生徒ではないので、そのまま作ることができず、まず、前から作ってみたかった円形に仕上げることに決めました。
さらにせっかくだから、全体をチーズの容器のように木で表現しようと思いました。

ジョイフル本田でスプルースの薄いシートを買ってきましたが、幅が15cmしかないので、継ぎ足しになってしまいました。
あんまりキレイな仕上がりにはなりませんでしたが、とりあえず、蓋だけできました!



プロペラビゾーに入れた花はエーデルワイスのつもり。
これに合う容れ物を作り、帽子ケースに仕立てます。


額装から発展させて、身の回りの小物を作るのは、とても楽しいです。
何を作ろうかと考えるのも、額装からの作業手順を考えて作るのも、大好き。

それでも一旦、おしまいにしようと決めたのは、引越して8ヶ月経つのに120を超える額装作品を片付ける目処が全くたたないから…
自室に積み上げられた段ボール箱を見るたびに憂鬱な気持ちになるのです。
まず、早くリスト作りを完成し、全体を掌握したいです。
その上で、納得できない仕上がりのものは、この際、解体してしまいましょう。
身の回りをコンパクトに!

好きで好きで夢中になったお稽古ごと。
魅力あふれる大好きな先生とご一緒した生徒さん達とお会いする機会がなくなってしまうので、きっと寂しくなってしまうでしょうね。
でもとりあえず、卒業。

ナナのママ様、お久しぶりです。
横田基地は昭島市拝島にあるのね~
私達が子供の頃はもっと異彩を放っていたのでしょうね。
又、行ってみたいと思っています。






2015/03/08 10:00  アメリカンな街~福生


ある週末のこと。
JOIFUL HONDA瑞穂店に入る道を通り過ぎてしまい、道に迷って車を走らせていたら、いつの間にか基地のフェンスに沿って走ってました。

これが、有名な横田基地なのか~
青春時代、背伸びして読んだ村上龍氏の「限りなく透明に近いブルー」。
なんだか遠い国の昔の話のように感じたけど、こんなところにあったんだ~と助手席で感慨に浸る私。


アメリカンな街だから、ヨーロッパ贔屓の私は、あまり行きたいとも思っていなかったけど、こうして行き着いたのも何かのお導きと思って、国道16号沿いの大きなカフェに車を停めてみました。

通された席の隣には、ハンサムなアメリカ人の若者が椅子からずり落ちそうな姿勢でちょっと遅い朝食を摂ってます。
すごいボリューム!
そんなに混雑してないのに向こうのテーブルには、食器と食べ残しが置かれたままになっています。注文取りに来た女性もなんだか気だるい感じで、おー、限りなく透明に近いブルーの世界だ~って思ってしまいました。
さらに、ドリンクしか頼んでないのに、すごく待たされたから、店内をうろついてみたら、販売コーナーもあった!
ベーグルが名物みたい。
色とりどり10種類以上並んでいるから、どれを買おうかな~って選び始めて気づいた。
その大きさったら!
さすがのアメリカサイズなのでした。

スムージーを頼んだ私は美味しく頂けたけど、コーヒーを頼んだ夫は、薄味にがっかりしてました。
あ、アメリカンなのか~だって!
レジには「米ドルで払えます」の表示とその日のレートが書いてあって、なんだか文化祭みたいな印象が残るカフェでした。




カフェ裏には、昔のハウスを使ったコミュニティー施設がありました。
思ったよりこじんまりしてましたが、ドラマや映画の中でしか見たことなかったハウスの雰囲気を感じられて、興奮します。


中には東日本大震災の時の友達プロジェクトの展示がありました。
3年位住んだ町、仙台。なのに4年前、私はなんにもできなかった!
アメリカ軍は、こんな風に助けて下さっていたのか~
今更ながらありがとうという気持ちになりました。



そして近くにあった雑貨屋さんで買った牛グッズ。



アメリカの乳製品メーカー、ボーデン社の広告ページ。
今はもう存在しない企業だけど、ブランドとしては残っていて、日本でも売られているアイスクリームのレディボーデンもそうなんだって。
雄牛のエルマーと雌牛のエルジーが掛け合いのように宣伝している魅力的な広告です。
飾り方をよく考えたいと思ってます。


それからボタン。



落ち着いた色で子供っぽくないところが気に入って買ったけど、細い脚や尻尾が洗濯には耐えられそうにないし、二つしかないし、ボタンとしては使えないかな~
こちらもこれからよく考えたいと思います。

2015/03/03 19:53  ひな祭り~その2


平日なのに病気のせいで家族揃って、夕食を食べられることになりました🎎

ひな祭りだからバラちらしを作りたかったけど、病み上がりに生ものは厳しいからやめました。




三色ご飯をひし形に積んでひしもちに見立て、手前にAyaCOW~*雛🎎


基本、幼稚園時代に母に作ってもらったお弁当。アーモンドの耳がうずらの卵にぴったりサイズでした❤️
スーパー巡りして使えそうな物を色々買って来たけど、少しずつしか使わなかったから、冷蔵庫が満杯です。
家族も喜んでくれたから、楽しい夕食でした。


そして改めて、ご案内します。

キャサリンの暮らしを彩るカルトナージュ展

期間 3月3日(火)~14日(土)
但し、8日、9日は定休日
時間 13時~19時
最終日の展示は17時半迄
場所 ハンドメイドの店 くらりす
西武多摩湖線 萩山駅北口 徒歩1分
黄色いキャノピーが目印です。

詳しくは、リンクのキャサリンのカルトナージュでご覧ください。



初日の様子です。




2015/03/03 14:00  ひな祭り




ピラミッドでひな祭りです。


家族がノロウィルスを持ち込み、落ち着かない日々を過ごしていました。
それぞれが気をつけていても感染力の強い病気は、隙間風のように忍び込み、日常生活を台風のようにかき乱していきます。

今日は、カルトナージュのキャサリンさんが、作品展をなさるというので、作品の搬入を手伝ってきました。

西武多摩湖線、萩山駅北口から徒歩1分。ハンドメイドの店くらりすというお店です。

身の回りの小物を好きなファブリックで手作りして、インテリアに統一感を持たせたら、素敵ですよ!っていう提案のもと、作品が並べられています。
なかなか手軽で良い提案だと思いました。



帰り際にお礼にと渡されたこれ!



最近、ずっと探していたものだった!‼︎

次の額装の課題がまさにこのカマンベール型に仕立てた絵を飾るものだったから、チーズ容器を転用したかったのです。

高級スーパーやデパ地下のチーズ専門店で、昔ながらの木のケースに入ったチーズを探して探して…
紙の容器が増えていたし、せっかく木の容器だ!って手にとってみても、立ち上がりの曲面が突き合わせでステイプラー留だったり、で本当になかったんです。

今は雑貨の世界にあったのね~

以前、やはりキャサリンさんに頂いたチーズケーキの容れ物に次の課題に使うAyaCOW~*を貼ってみました。
ラッピングに使う造花を入れています。



私の家のインテリアは、牛一感があります。



| HOME |


 BLOG TOP