プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2015/05/29 09:44  43 cows on the cow!


牛達、描き上がりました!
数えたら43頭でした。

多いのか少ないのか…

スイスで出会った1000頭以上の牛達のほんの一部だけど、皆、モデルがいるんです。





一頭、一頭が愛おしいです。

背景色を悩み中。
色々、塗って検討してます。
ここまで注いできた愛情を台無しにしたくないなぁ~






スポンサーサイト

2015/05/29 08:00  牛達、完成間近!


カウ像が届いて、13日目の朝。
昨日は、ほとんど作業できなかったけど、全体を見回って、気になるところに付箋をつけました。









今日はこれから、付箋の箇所をお直ししていきます。
そしたら、牛達はほぼ完成!

背景の色だしも始めます。
愛着がわきすぎて、別れの日を想像したら、悲しくなってきました。



キャサリン様、又々、コメントありがとうございます。よろしければ、背景の色塗りにご参加くださいね。

2015/05/26 15:35  AyaCOW~* meets Swiss cows.


カウ像が届いて10日目です。
順調に描き進めています。

今日は、カウ像の前後にお気に入りのトリオを描きました。

まず、後ろ側。



仔牛たち。
スイスで見た仔牛は、本当に可愛らしく、常に寄り添うようにして歩いていました。


そして前面には…、



手持ちでパノラマ撮影したから、分かりにくいけど、
AyaCOW~* meets Swiss cows.

シンメンタールとスイスブラウンに出会ったAyaCOW~*を正面に描かせて頂きました。

今週中に牛を全て描き終え、来週、背景を塗り、週末に家族の手を借りて、トップコートの塗装をする、という段取りが見えてきました。

2015/05/24 17:02  外に出してみた!


カウ像が届いて8日目です。
昨日は、トップコート探しに世界堂やハンズを見て回っていたので、あんまり作業できませんでした。
家族が揃う週末は、特別なことがなくても「牛のお世話」だけしているわけにはいきませんが、皆の手を借りてお外に出してみました。
陽の光の下で色味をチェック!






背景の色を少し塗ってみました。
応募案では、クールな水色だったのですが、明るい水色にしてみました。
なんかピンとこないので、これから検討を重ねたいと思います。

キャサリン様、激励コメントありがとうございます。
これからが大変ですが、最後まできちんとやりたいと思っています。

2015/05/22 16:18  毎日描いてます。


カウ像が届いて、早くも6日目となりました!
描いても描いても、まだまだ描き足りない感じですが、一頭ずつ地道に仕上げています。

カウパレード・ニセコのフェイスブックには、北海道で制作されているアーティストさんの制作風景が紹介されていて、自宅で孤独に作業している私も力づけられます。

昨日は友人のカルトナージュのキャサリンさんが遊びに来て、得意のカメラで私の作業風景をたくさん撮ってくださいました




こんな感じで描いてます。

今日の仕上がり。



反対側~キャサリンさんが後ろ向きばかりでお顔がないのが寂しいとアドバイスくださったので、一頭だけ振り向かせてみました。



そろそろ仕上げのトップコートに対する不安が頭をもたげてきました。
全く未経験なんです。
こんな時、共同作業所で制作していたら、周りの皆様に教えてもらえたのに、って思います。

友人に教えてもらったエアコンプレッサーとはどんなものなのか、この週末に勉強してみます。

2015/05/20 17:46  30頭だ!


描き始めて、4日目です。

今日は難しい牛の後ろ姿を描こうと決めて起きましたが、2頭半描いた所で、つまらなくて止め、楽しい花飾りを描いてみました。




分かりにくいかもしれませんが、参考写真をフォトスタンド、animagというのを使ってカウ像に乗せています。
牛のフィギュアが半分に割れ、断面にマグネットが埋めてある素敵なカウグッズです。




彩色作業を終えて、下絵を描き足しました。牛を数えたら、両面合わせてちょうど30頭でした!




後ろ姿中心の裏面↓

2015/05/19 14:07  牛を描く日の始まり


浅田真央さん、選手としての練習を開始されたそうですね。
たくさん苦しい思いもされたでしょうに、思い通りに滑れた時の達成感が忘れられない、試合が恋しいなんて、やっぱりすごいなぁ~
試合に出られるようになるかどうかは、分からないという事でしたが、又、ドキドキしながら、観戦するのを楽しみにしています。頑張ってね。


さて、カウ像が到着して2日経ちました。下絵がだいたい描けたので、我慢できず、色塗りを始めています

今回、始めに困ったのは、画材選びでした。いつも使っているアクリル・ガッシュでは、耐候性に難がありそうですので、ホームセンターや画材屋さんで色々聞き込みしてましたが、なかなか、これだ!という画材が見つけられずにいました。

これまで世界80ヶ所以上で開催されているというカウパレードですから、ノウハウが蓄積されていると思って、問合せをしましたが、そういうものはないんですって

それならと、丸の内で開催されたカウパレードの作家さんの情報を見てみよう、とネット中を探しました。何人かのホームページやブログを見つけましたが、画材の情報までは、なくて…

助けてくれたのは、友人たちでした。

オーストラリアで画家をしているJuneは、屋外ならアクリル絵の具よりアクリルペイントがいいのではないか?下地処理の大切さやトップコートは、指定のものより画材との相性で選ぶべき、等の情報を送ってくれました。
LINEって本当に便利です


又、イラストレーターの友人は、電話で相談すると、すぐにそれは壁画の分野だから、と見極めてくれました。
→このキーワードで探したら、すぐに画材が見つけられました


さらにその後、壁画の専門家の方や若者に壁画を指導していらっしゃる方に連絡を取ってくださり、その方から丸の内カウパレードさに参加された作家さんにまで連絡を取っていただいたそうで、貴重な情報をたくさん教えてもらいました。
専門家の方から勧められた画材は、私がネットで見つけたものと同じだったので、自信を持って注文する事が出来ました。

本当にありがたく、感謝の気持ちでいっぱいです。
アドバイスだけじゃなく、お手伝いを申し出てくださったり、応援の言葉をかけていただいたりするのも
とっても励みになりました。
皆様によい報告ができるように頑張らなくては、としみじみ思いました。


さて、私が注文した画材は、ニッカーWe'zカラーという絵の具です。
試しにもう一種類、ターナーのビッグアートカラーというのも購入してみました。

カウ像は下地処理してありましたので、どちらの絵の具もよく色がのりますし、のびも良く塗りやすいです。
色によって価格が異なりますが、どれも結構高価なので、基本色を購入し、混色して使っています。
ターナーのビッグアートカラーはスタンディングパウチなので、少量出すときに便利です。
ニッカ―のWe'zカラーは、バケツに入っていて、分離しやすいのでいちいちかき混ぜて出さなければならないのが、
少し煩わしいです。


二日間作業したカウ像は、こんな感じになっています。



反対側は、まだまだです。


2015/05/18 09:50  カウ像届きました!


待ち焦がれたカウパレードのカウ像が届きました! 

玄関アプローチや玄関も寸法計って、お迎え準備万全と思っていたのに、運送会社のお兄さんに、困ったようなお顔をされてしまい、焦りました💦 

結局、裏側の庭に回ってもらい、掃き出し窓から、入れていただきました! 

入って良かった~ 

お手数おかけしました。

  IMGP1000.jpg  

玄関スペースにドカーンと置いて、本当に笑える家になりました。 

早速、緩衝材をはがして、下絵を描いてみました。

  IMGP1011.jpg  

家族には、ずっと牛だらけだったから違和感ないよ、いつか本物の牛を飼いたいなんて言いそうだったから、こんな静かで臭くないので良かった~って言われました。

2015/05/17 23:00  AyaCOW~*’s story~その6


5days ART challengeのバトンを受け取って、5日間アップしましたが、ストーリーが完結しなかったので、6日目です。
これまでのAyaCOW~⋆を振り返っています。



IMGP0426.jpg

街まで降りてきました。
牛達を迎えるために陽気な音楽を奏で、屋台が立ちお祭りで迎えます。

二つのコーナーに段差をつけた縁飾りをつけて額装しました。縁飾りがアコーディオンのひだひだを連想させたので、
この絵を描きました。



img109.jpg

街のメインストリートは、見物客であふれています。
AyaCOW~*は、ギュウギュウになってかけおりました。

この絵は、勲章型の飾りをつけて額装し、スイス旅行の思い出ボックスに仕立てています。






IMGP0429.jpg

長かった牧下りも終わりました。
スイスの牛達は、麓の村で、それぞれ飼い主に引き取られていきました。
生涯忘れない思い出深い一日になりました。



これを書いているのは5月16日(土)です。
少し前、運送会社から明日、カウパレードの牛を届けます、と連絡がありました。
いよいよです。

Read More »

2015/05/17 09:00  AyaCOW~*’s story~その5


AyaCOW~*の5日めです。
5days ART challengeのバトンを から 受け取って始めた、これまでのAyaCOW~*を振り返る企画でしたが、バトンを渡す相手が見つけられず、ここまで来てしまいました。
せっかくだから、最後まで続けます。
今日は額装前の絵だけの紹介です。


img129.jpg

スイスの牛達の後ろについて、山道を歩くAyaCOW~*です。
道路こそアスファルト舗装されていますが、この風景は昔から変わらないのでしょう。



Ayacow desalpe

一緒に歩いたスイスのお友達。スイスブラウンとシンメンタール牛です



img130.jpg

景色の良いところで記念撮影です。
だいぶ街に近づいてきました。


5日間でストーリーが完結しなかったから、あと一日続けたいと思います。

2015/05/16 11:30  AyaCOW~*’s story~その4


AyaCOW~*の4日目です。

カウパレード・ニセコに参加するまでを振り返っております。



img123.jpg

牧下りの朝を迎えました。
AyaCOW~*が山を登って行くと、既に花飾りを頭につけたスイスの牛達が待っていてくれました。

額装は、まだしていません。





AyaCOW~*も花飾りをつけてもらいました。

花型にとんがった縁飾りを鏡に見立て、美容院の雰囲気で額装してみました。



IMGP0423.jpg

この夏、たくさんお乳を出した牛さんは、大きな花飾りをつけてもらいます。
浮かれてミルク・クィーンを気取るAyaCOW~*です。

二色の化粧紙を組み合わせて斜断面を作っています。このように二色使いの斜断面の手法はいろんなバリエーションがあります。複雑に見えますが、作図さえキッチリできれば、カチッと仕上がり、気持ち良いですよ。
最初に考えた人がすごいです。

2015/05/15 09:00  AyaCOW~*’s story~その3


カルトナージュのキャサリンさんからバトンをもらった3日目のAyaCOW~*です。

カウパレード・ニセコに参加するまでを作品で振り返っております。





フォークダンスに参加するため、民族衣装を身にまとってみました。
スイスは地方ごとに民族衣装があります。
スイスの民族衣装を紹介しているページ

2色に貼分けした厚紙を複雑に貼りあわせて、(絵の周りの)斜断面を作っています。
シャープで強い印象のビゾーなので、絵はもう少し大きなものの方が良かったかもしれません。






念願叶って、AyaCOW~*は、スイスに行きました。
りんごの木の下でブラウンスイスが草を食んでいるのに出会いました。
しばし、見つめ合う私達。

上下に配した斜断面、下の斜断面は、絵の反転コピーです。鏡に映り込んだような表現で、絵に拡がりを持たせました。


IMGP0422.jpg

街には明日、牧下りがあるよ、って貼り紙がありました。
(これは実物ではなく、スイスに行きたい気持ちを込めて描いたポスターです)

緑のスカラップがたの斜断面は、一枚の紙でくるんで、切れ目がありません。化粧紙を湿らしてピンっと張っており、
光沢さえ感じさせ、紙には見えないほどです。



2015/05/11 15:00  AyaCOW~*’s story~その2


錦織くん、マドリードオープンベスト4、おめでとうございます❤️

AyaCOW~⋆、5days ART challengeの2日目です。
私にバトンをくださったのはカルトナージュのキャサリンさんです。
今日もバトンを渡す人いないけど、こっそり更新します。

カウパレードに参加するまでのAyaCOW~⋆を振り返っています。


IMGP0420.jpg


アルプの澄んだ空気の下、新鮮な牧草を食んで、リラックスした気分で夏を過ごします。

写真からは分かりにくいのですが、関連性のある2枚の絵(この作品の場合一枚の絵を半分にカットしてます)を高さを違えて納める手法です。
左側の絵はオレンジ色の斜断面で下がった面に、右側の絵は緑色の下がった面に厚紙を貼って乗せています。


IMGP0421.jpg

リラックスと言えば・・・、
スイスの山々をバックにハンモックに揺られるAyaCOW~⋆の絵も描いてみました。
ゆったり過ごしてたくさんお乳をだすのよ。

マーブル紙の斜断面は、下辺以外、一枚の紙を場当たりで測って作図して納めています。
変形多角形は、額装の手法としても種類が多く、意外に算数的なセンスが必要なんです。





夏祭りの日。
牧童たちの家族も集まってアルプホルンを吹いたり、フォークダンスを踊ったり、ファーネンシュビンゲンと呼ばれる旗振り、日本の相撲に似た競技も人気です。


K2という険しい山の名前が付けられた手法で納めました。
絵の周りの斜断面は複雑な作図で折り目を付けています。

2015/05/09 14:00  AyaCOW~*’s story~その1


GW、終わりましたぁ。
やりたい事がいろいろあったのに、積み残しもあり、あっという間に終わってしまいました。
そしてGW明けた途端に錦織くんのテニスの試合が始まり、時差の関係で明け方から起き出して観戦する日が続いています。


さて、カルトナージュのキャサリンさんから、5days ART challengeのバトンを渡されました。

初めましての方、AyaCOW~⋆と申します。
自画像(AyaCOW~⋆の絵)を描いてフレンチ額装したり、オリジナルグッズを作ったり、牛グッズを集めたりして、
楽しく暮らしています。
6月中旬から始まるカウパレード・ニセコにアーティストとして参加します。
バトン渡す人いないけど、カウパレードの牛さんが届くまで少し日があるので、
これまでのAyaCOW~⋆を振り返ってみます。
どうぞよろしくお願いいたします。



IMGP0416.jpg 


AyaCOW~⋆は、花飾りをつけた牛に会いにスイスに行くことを夢見ていました。
デザルプ(牧下り)と言って、夏の間アルプ(高地)で放牧された牛達が山を下りてくるイベントです。

絵の周りに表裏色違いで貼りあわせた細いリボン状の化粧紙をひたすらねじって留めて、額装しました。
聖母像のイメージなので、後光がさすようなこの手法で納めています。




IMGP0418.jpg 


スイスの牛達は、麓の村を離れ、山を登っていきます。
ナルシスの花が咲き乱れる山道をAyaCOW~⋆は、張り切って登っています。

厚紙の穴の大きさを少しずつ変え、扇形になるように重ねて額装しました。
光り輝く山の頂をイメージしたデザインの手法で納めています。




fc2blog_20150509153936ce1.jpg


急な山道も頑張って登ります。昔は牛も山登りで命を落とすことがあったそうです。今はきちんと道路が整備されたから大丈夫だけどね。

小さなピラミッド型を絵の周りに散りばめて、ゴツゴツした山肌を延長するような手法で額装しています。



こんな感じで、一日3つの作品をアップするのを5日間続け、本当は、毎日一人ずつ、バトンを渡さなくてはならないんですって。すみません、その内、誰か受け取っていただける方を探してみます。

















2015/05/03 17:51  端牛の節句


実物大のカウ像を我が家に迎えるのは、ドキドキします💕
玄関アプローチや玄関ドア、作業するスペースにカウ像の大きさに広げたメジャーや物干し竿を当ててイメージしてみました。

体長241cm、幅74cm、体高145cm、胴囲210cm。

かなり大きいですよ~



鎧兜を着けたカウは、カウパレード・ニューヨークのミニチュアです。
Sam-Moo-Raiっていうタイトル。

我が家では端午の節句ならぬ端牛の節句
の飾りとして重宝しています。

そして、大好きな和菓子の若鮎がこいのぼり焼きとして作られているのを見つけ、買ってきました。
若鮎の季節を待たず、食べられてラッキー、幸せです。




花粉も収まり、思い切り外で深呼吸して喜んでいましたが、今度は、日焼け対策か…

| HOME |


 BLOG TOP