プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2015/09/30 09:00  新入り牛グッズ


スウェーデンのテキスタイルブランド、HildaHilda(ヒルダヒルダ)には、Cowのキャラクターがいて、可愛らしいので時々、商品が置かれているお店をチェックしています。

↓これは愛用中のお化粧ボーチ

創業者のデザイナー、Lott Hildebrandさんが本来の利き手と反対の手で描いているから、こんな子供が描いたような純朴な感じになるそうです。

今回は、同じデザインのクッションカバーを見つけたから、迷わず購入。
綿ジャージの柔らかな肌触り。お洗濯もできます。

我が家は、ソファが大きくないから、本当は、クッション置くスペースなんてないんですけど、ね。



ついでに最近手に入れた牛グッズ。


↑カルトナージュのキャサリンさんにいただいたトート



↑雨の日を楽しくするレインブーツ


↑マグカップ
スポンサーサイト

2015/09/27 13:10  今年の挑戦!


自分が若い頃なかった文化、ハロゥィーン。
子供が小さい頃は、毎年衣装を手作りして着せて楽しんだものでしたが、自分が仮装するなんて考えたこともなかったなぁ~

昨年、友人が経営するカフェのハロゥィーンパーティをご案内頂いた時、仮装してきてください、と言われ、なんか新鮮でした。大人の私が仮装する?
心の準備も仮装の準備も間に合わなくて行かれなかったけど、日が経つにつれ残念に感じられたので、密かに今年こそ!と思って、ずっと仮装計画を妄想してきました。

仮装するならやっぱり、AyaCOW~*です。

友達に話したら、想像もつかないと笑われてしまいましたが、まず、お乳バッグを作ります。
編み物で作ることに決めたので、毛糸選びから妹を頼りました。

色のイメージには、こだわりがあったから、いくつかチョイスしたものから、お手頃価格の毛糸に決定。バッグのイメージは、前もって簡単なスケッチで伝えていたので、ニット帽の要領で作ることにしていました。


↑妹に送ったバッグのイメージ

二人でユザワヤの売り場を歩きながら、子供の頃、母と作ったアンダリアのバッグのことを思い出しました。格子状のプラスチックネットにアンダリアを幾何学模様に刺して作る手芸は、子供にも簡単にでき、手作り品を使う喜びを感じさせてくれました。確か帽子状の型もあったよね、あれがあればお乳の型が簡単に決まるよね、と売り場をグルグル。

そしたら、ちゃんとありました!今も作る人、いるんですね~

ファスナーや持ち手は後で決めることにして、急いで帰宅。妹に見てもらいながら、編んだり解いたりを繰り返して、編み進めました。


形になってきた!すぐに仕上げたい気持ちを抑え、ゆっくり作る時間を楽しみたい気分です。

帽子の型からカットしたツバは、尻尾に加工して使うつもりです。

楽しいです。

2015/09/27 13:00  今年のクリスマスオーナメント


テニス仲間が台湾土産にくださった絵葉書は、牛のマスコットが作れる型紙になっていました。



表面が薄いフェルトになっていて、注意深くはがすと、作り方が書いてあります。

私らしくお乳と花飾り、カウベルをつけて、一足早くクリスマスオーナメントに仕立てました。今年の第1作です。



2015/09/22 20:00  函館酪農公社


函館空港近くの小高い丘に函館酪農公社という牛乳工場がありました。
渡島地方38の契約酪農家が、独自の品質基準を持って、より健康な牛に育て、よりおいしい乳製品をと、頑張っています。

38の契約酪農家の中には、3軒の草地放牧を行う農家がある、とわざわざ説明がありましたから、私達がイメージする北海道らしい放牧風景は、珍しいものなんですね~

牛乳工場の見学もできますし、アイス118という乳製品のショップもあり、酪農アピールにも力をいれてます。
私は、工場見学ルームでいまさら、牛の寿命を知りました。

平均寿命は、犬猫と同じ15才前後

でも現実は、
Cowは、8才。Bullは3才なんですって。

アイス118には、雨の中年配の女性たちがソフトクリームや牛乳を買いに来ていました。


放牧中の育成牛に餌をあげることもできます。


↑おばあちゃんと来ていた2才位の男の子。よく来ているみたいで、えさやりも手馴れたものです。



↑オリジナルグッズを買いました。
今までもできる範囲で心がけてきた事だけど、少し高くても心意気の感じられる牛乳を買いたいです。

2015/09/21 20:00  カウパレードニセコの今


カウパレード、この夏どれほど盛り上がったのでしょうか?
今回ニセコで立ち寄った先には、地図すら置いてありませんでしたよ。

これからは、ハロウィンで盛り上がろうとしているみたいで観光スポットは、たくさんのかぼちゃが飾られていました。

IMGP1281.jpg ↑ニセコ駅のカウはカボチャに飾られて、ハロウィン仕様に。


↑ブルーウェーブは、夏仕様に飾られていました→良いのかな?





↑チビカウ増えてました!→夏休みのイベントで子供達がペイントしたらしいです。

IMG_2375.jpg ←ちょっと邪魔にされてる?

私のカウみたいに劣化しているのもいました。 やっぱりトップコートは重要だったですね~

Read More »

2015/09/20 19:41  北海道みやげの牛グッズ


今回北海道で見つけた牛グッズ。



牛の刺繍入りガーゼハンカチと足袋ソックスでした。

2015/09/20 14:00  日本にもスイスブラウン!


帰宅して、写真整理をしています。

ニセコにある大きな観光牧場、ニセコヌプリホルスタインズミルク工房(高橋牧場)は、ブラウンスイスのお乳を使ったヨーグルトドリンクやアイスクリームが食べられるんです。

IMG_2326.jpg
大変なご苦労があって今があるんですね。

↓こんなトロフィー、素敵です。



久しぶりにブラウンスイスに会える期待に胸躍らせて牛舎を覗いてみましたが…

ニセコ高橋牧場


あれ?ホルスタインばっかり

ここの搾乳室は、ウシの首をロックして、上下にしか動けないようにしていました。
でもカメラを向けたら、一斉にこちらを向いてくれましたよ。
一頭ずつ、名前が付けられています。手前からゴールデンサン、カウンテス、ゆかこ、リーダーです(うろ覚え

放牧地に回ってみたら…
ニセコ高橋牧場ホルスタイン
↑どうしても動物に好かれる夫が視線を集めてしまいます。

ニセコ高橋牧場ブラウンスイス

↑いた、いた~
お久しぶりのブラウンスイス。
ホルスタインより大きいです。



Read More »

2015/09/19 11:36  大沼にて牛物語


大沼国定公園近くの牧場を目指して車を走らせていたら…



ちょっと回り道しても見なくては!
って思うよね~
道の両側にはコスモスが咲き乱れているけど、彼らの臭いは消せやしません。
でも少し進むと現れたのは…


↑え~っ‼︎こっち~⁉︎
ミルクじゃないでしょ!
ちょっとブラックではありませんか?



立ち並ぶ牛舎の中は、黒毛牛がぎっしり。昨日食べた大沼牛だ!

外見は黒毛和牛みたいだけど、ホルスタインのメスと黒毛和種のオスとの交雑種なんですって。
肉質は脂ののった黒毛和種に近く、価格は和牛に比べてちょっと控えめなんだそうです。


目的地の一つ、城岱牧場は、800m位の山の中にある町営牧場です。


↑空気も澄み渡り、北海道らしい放牧風景。


そして次に山川牧場へ。
ここはジャージー乳入りのソフトクリームが美味しいとガイドブックでも評判です。


↑ちゃんとジャージー牛もいるし、


↑ホルスタインもいます。

この牧場では、お乳を出せるようになったCowは首をロックされ、尻尾を釣られたまま、ずっとこのまんま過ごすんですって



↑昨日生まれた子牛もいました。


逆子で難産だったから、まだ力がなく、授乳しに来ても立ち上がれず、こんな風に飲まされてましたよ。
牛舎からは子牛を心配する母牛の鳴き声が悲鳴のように聞こえてきました。






Cowに生まれるなら、城岱牧場の方が良い牛生になりそうだけど、カウチで食べたソフトクリームは、とても美味しかったです。


↑ちょっと恨めしい視線が痛いけど。

Read More »

2015/09/18 20:48  憧れのmoomoo-TAXI in 函館


北海道旅行に行った友人がお土産にくれた魅力的なパンフレット。何枚も持ってます。
函館には、ホルスタイン柄のタクシーが走っているらしい。

昨日から函館に来てます。
昨夜、定番の夜景を見に行ったら、moomoo-TAXIを見つけ、大興奮!ロープウェイを待つ列を抜けてダッシュして見に行ってしまいました。
ホルスタイン柄は、黒じゃなくて緑とピンクの二台でした。
なんか発展しているのかも!
期待してしまうではありませんか⁈

HPによると乗車した人だけが買えるグッズがあるらしいのです。今回はレンタカー利用だけど、なんとかならないかなぁ~

それで、今日客待ちしているmoomoo-TAXIに思い切って声を掛けました。



今は車内販売してなくて、営業所に行けばあるかな~?ですって。
行ってきましたよ、営業所。



自販機だって


グッズを買いに来ました、って言ったら、応対してくださった女性が恐縮して、今は作ってなくて、昔作ったキーホルダーや缶バッジがあるだけなんです、っていろいろ見せてくださいました。


私は、ピンクの缶バッジと可愛いキャラクターのストラップを買いました。も~も~水っていう北海道のミネラルウォーターは、moomoo~つながりで置いているんですって。

ホルスタイン柄は、私が見た緑、ピンク、ブルーの他、地元出身のGLAYが付いたグレー、ゴールドもあるらしいです。

事務所の中には、お客さんから贈られたという牛グッズがたくさん飾られていて、moomoo~TAXI、愛されているな~って感じました。

函館と言ったらmoomoo~TAXI!みたいにもっと台数増えて頑張って欲しいです。

yumi様、コメントありがとうございます。いつもながら偏った趣味の旅行ですが、家族とともに楽しんでいます。

2015/09/16 12:30  久しぶりの再会。




ホテルの部屋から羊蹄山に昇る朝日が見え、今日も良い日になりそうな予感です。


昨日は偶然同じ時期にニセコに旅行に来ていた友人家族と私のカウ像の前で待ち合わせ、すごく楽しい語らいができました。子供同士は約7年ぶりの再会!
抱き合って喜んでいたのが印象的でした。
これから大人の付き合いができそうですねー

さてAyaCOW~*は、2ヶ月半ぶりの再会!



あんなに苦労したのに退色している部分があり、がっかりしました。
お嫁入りが決まったら直しに行きたいなぁ。



恥ずかしがり屋で雲が取れないと言われている羊蹄山ですが、今日はバッチリ頭を出していました!



一週間前に羊蹄山に登ったキャサリンさんのブログには、登山の過酷さが書かれていました。
私は眺めるだけ。

2015/09/13 13:00  スイス旅行から1年経ちます。


楽しかったスイス旅行から、そろそろ一年になります。
あ!って感動した場面をいろいろ形にしてきたけど、まだまだだなぁ~と思っています。

昨日は妹が、編みコサージュのワークショップを開くというので、参加してきました。
AyaCOW~*ちゃんのセーターと帽子作って、リハビリして参加したとはいえ、編み物は独学なので、初めの目を作るところで、早くもつまづきました!
そういう風にやるんだ~って感じ。

たくさんの種類のサンプルがあったけど、私はスイスで見て感動したエーデルワイスを作ります!と言って、先生(妹)を困惑させてしまいました。
でも先生は、そういう生徒の思いに慌てる事なく、道を示してくださいます。
頼もしい!

おしゃべりしながら手を動かせるのは、やはり編み物ならでは、です。
2時間を少しオーバーしてしまいましたが、完成しました!




持って行った毛糸が並太だったから、かなり巨大になってしまい、エーデルワイスの可憐さはありませんが、ご愛嬌です。編み物、楽しいです(⌒▽⌒)

好きな物を編みたいけどやり方がわからない人、途中で挫折?した、やりかけの作品を作り上げたい人にも、的確なアドバイスしてくれる良い先生ですよ。→ちょっと宣伝。


↑ツェルマットのバイキングで見つけたエーデルワイス。

2015/09/11 12:00  また、行きます!




久しぶりに晴れて、秋の雲が拡がりました。


心配事が解決し、すっきりできました!
ヽ( ´ ▽ ` )ノ
で、今度は家族でカウパレード・ニセコを見に行ってきます!



たくさん、COW達と触れ合ってきます。

2015/09/10 09:00  最後は編み物かなぁ~


ど近眼なので、細かい作業している時、気づくとすごい姿勢になってしまいます。
映像でよく見る棟方志功みたい。
年齢的な衰えで、だんだん目もキツくなってくるし、好きなクラフトワークもだんだんできなくなるだろうなぁ~と思う時、いつも編み物を思い出します。

ミス・マープルが牧師館で、福島の被災住宅で暮らすご年配の女性達も、集まっておしゃべりしながら編み物していました。
私もそんな風なおばあさんになりたい。

というわけで、国立のニットカフェで衝動買いしてきた毛糸で、久しぶりに編んでみました。



ワンピースは棒編みで、ベレー帽はかぎ針で作りました。
このくらいの大きさなら、当たり前かもしれないけど編み図無しに適当に作れること、目数を増減して意外と自由に編めるという感覚を思い出しました!


作りたいものがあるのです。
がんばる!

2015/09/09 16:30  カードいろいろ、そして編み物気分に。


人にものを贈る機会には、いつも考え込んでしまいます。
私の趣味は押し付けられないけど、ありきたりのものは贈りたくない!とあれこれ悩み、悩んだわりに外して後から後悔ばかり。

でも贈り物に添えるカードは、自己満足で楽しく手作りしてます。


↑新居祝いにリクエストのクッションカバーを贈った時に添えたカードは、クッションカバーの一つ、モリスのいちご泥棒をAyaCOW~*のボディに描きました。この感じでいろいろ描いて、AyaCOW~*パレードシリーズにしようかと目論んでいます。


↑そして海外転勤でしばらく会えなくなってしまう憧れのママ友へ。

昨日はそのママ友の案内で、雨の中、国立街歩きをしてきました。前から行きたかったニットカフェが、想像以上に素敵で、一気に編み物気分になりました。

アブサラクリコ国立

手紡ぎのオリジナル毛糸や作品販売の他、購入した毛糸を使った編み物の指導をしていただけます。 ウールにシルクを配合した毛糸で編まれた作品は手触りが素晴らしくうっとりしてしまいました。 すっかり虜になってしまい、小さな毛糸玉の詰め合わせを買ってきた私。

台風でおこもりしていた今日一日、お陰様で楽しく遊んでおります

2015/09/05 13:39  マイボトル新作


バナナの景品で小ぶりのタンブラーをもらいました。
暑さがぶり返したとはいえ、少し涼しくなったから、外出する時持ち歩くには、この位のサイズがちょうど良さそう。

中に入っていた完熟王のイラストをAyaCOW~*のイラストに変えたら、出来上がり。




変わりばえしないけどスイスで出会ったシンメンタールとスイスブラウンと歩いているお気に入りのモチーフです。

Read More »

2015/09/01 09:00  富岡製糸場も見損ねたけど…





↑搾乳小屋から出たところで、出待ちしていた私達を気にしてか、モジモジしている子。


↑牛タンベロベロ出してアピールしてくる子


↑仲良し


↑やたら人懐こい子。スイスの経験を生かし長靴履きは良かったけど、ジャージー牛牧場でホルスタイン柄の傘が浮いてる私。


↑やたらかゆがる子。ついに鼻の穴に針金を突っ込んでスリスリ!


↑用をたす時、尻尾をあげるの、初めて
知りました!

個性的な仕草の連続で、本当に楽しませてもらいました。

最後は子牛舎へ。


↑一斉に視線を向けてくれる可愛い仔ちゃん達。


↑もっとチビちゃん達。

後ろ髪引かれながら、牧場を後にしたのが15時半を回っていて、嫌な予感。
本来の目的地、富岡製糸場は、開館時間が17時までで、最終入館時間が16時半だった~

ハイ、間に合いませんでした。
前から買いたかったおみやげだけ買ってきましたよ。


蚕の王国っていうチョコレートです。
桑の葉の部分は桑の葉パウダーで着色してあり、お味も高級感がありましたよ。

神津牧場の行列は、10月末位まで行われているそうなので、ぜひ次回は晴れた日に牛列見に行きたいです。
こちらご出身の友人が、神津牧場は、神津善行さんの実家なんだよ、とLINEで教えてくれました。夫は、そうなんだ~って声を上げてましたが、息子には全く伝わりませんでした。中村メイコさんも神津善行さんも最近、あんまりメディアに出ていらっしゃいませんものね~


| HOME |


 BLOG TOP