プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2015/10/31 15:49  Happy halloween!


今日のおやつ。

栗をカボチャフレークを混ぜた餅粉で包んで蒸して作ったかぼちゃ団子におしるこかけました。

スポンサーサイト

2015/10/31 13:10  日獣祭


憧れのCOW−chを作っているFRPウチヤマのHPを見ていたら、搬入先に日本獣医大学の名前を発見。東京の割とご近所にあったとは!見学の機会をうかがっていたら、今週末が文化祭とわかり、会いに行って参りました。

今は、日本獣医生命科学大学っていうお名前。JR中央線武蔵境駅の南口、徒歩2分で到着です。


牛柄の門柱に胸が高鳴ります。

今日はハロウィンだから?牛の着ぐるみ率の高いこと‼︎




あったぁ‼︎



今日は子供達が多くてさすがに座れなかった。いつ見てもお食事中の子供達で賑わっていました。正式な商品名は、モーモーベンチ。設置されて8年になるそうです。

今年のスローガンは、「日々獣実」アリーナの階段には、「うっしっし」って、どれだけ私を嬉しがらせるのでしょう。

ワンちゃんを連れた人がすごく多いなぁ~~って思ったら、将来の獣医師によるペット相談会や猫の譲渡会が開かれていました。ペットに優しい学園祭です。

私にとっての一番の収穫は、福島の被災牛を研究している団体のブースを見つけたことでした。

こちらの話題は又、後日。

2015/10/29 17:00  へこんだ!


近所のブロック塀に車をこすりました。塗装が剥げたのを見て、かなり、ブルーに。お詫びに伺ったら、なぐさめられ、柿をたくさんいただいてしまいました。

実家におすそ分けに行ったら、ニットクリエイターの妹は、早くもクリスマスの作り物をしてました。ハロウィンのは、お店に飾っているんだって。

寂しいから柿をジャックオランタンに見立て、落書きしてみたら、あっという間に魔女帽子を編んで乗せてましたよ。        はやわざ、良いなぁ~~

ナナのママ様、貴重な牧場情報をありがとうございます。これから寒くなるので、近くの牧場見学をしてみたいと思っていたから、嬉しいわ。

2015/10/28 17:00  今年のハロウィンの傾向は、、、


img140.jpg

密かに楽しみにしている今年のハロウィン。

ニュースで各地のパレードの様子を見て、まず楽しんでいます。

今年は、手作りの仮装が増えているんだそうで、日本人も仮装慣れしてきたんですね~

若い女性や子供たちが、可愛らしさの魅力をアップさせている仮装も素敵だけど、

いい大人が真剣に自分の楽しみのために作った仮装に大いに魅かれます。

去年、一万円札の被り物して諭吉になっていた女性は、今年、信楽焼の狸になっていましたよ。

タクシーの乗り降りの様子がユーモラスに取材されていました。

本来は、魔物が降りてくるこの季節に子供たちを怖いものに仮装させて守るという習慣から始まった行事だから、

笑えちゃったらダメなんですよね~

息子が小さい時、和傘をかぶせて、から傘お化けになったんだけど、下駄を履いた足で一生懸命、ケンケンして可愛かったなぁ~懸命な様子がまわりの笑いを取っていましたっけ。

最近知った牛がリラックスしている姿、ほうきを添えたら、空飛ぶCOW-itchだよ!

2015/10/24 17:38  東京の牧場~磯沼ファーム




↑子供が小学生だった10年以上前に配られたランチクロス。キャサリンさんにいただきました。

「東京にもこんなに牧場があるよ!」

って書いてあるけど、今もあるのかな?調べてみようと思います。

今日は八王子の磯沼ファームに行ってきました。

磯沼ファームは、八王子駅南口から、和田経由めじろ台駅行きのバスに乗り、8つ目のバス停、中小比企(なかこびき)で降りるとすぐ目の前です。

引き込み道路を入っていくと、彼女たちの香りがしてきます。


磯沼ファームは住宅地にあるので、臭い消しにココアやコーヒーかすを混ぜている、とHPで読んだけど、結構においます。そしてすごい量のハエが飛んでます。

でも牛舎に進んでみると、又、めくるめく世界が広がっていたのでした!


ホルスタインとジャージーがぎっしり。(ブラウンスイスもいました!)
斜めに組まれた鉄パイプの間から首を出して飼料を食べてます。


後ろにはまだまだたくさんの牛が控えていて、時々、鉄パイプのすき間をめぐって争奪戦が繰り広げられるのでした。

そして牛舎の奥には、牛にとって素敵なものが…。



大きなブラシは身体が触れると回転して、痒いところをかいてくれるのですよ。それにしても大きなお乳。


↑牛舎の一部は高く土が盛られています。段差は2m以上あり、かなりの傾斜ですが、牛達は、平気でモフモフ土を蹴散らして、降りていくんですよ。

牛舎の裏には遊牧場のある小高い丘が広がっていています。この日は、わずかな羊と牛達しか放牧されていませんでした。

ここの名物は、ホルスタイン、ジャージー、ブラウンスイスのお乳を混ぜた牛乳、「みるくの黄金律」と一頭のジャージー牛だけから作る「かあさんの名前入りプレミアムヨーグルト」。


私が買ったヨーグルトには、「さつき」って書いてありました。ここ磯沼ファームの牛は右耳のタグに名前が書いてあります。

年12回のカウガールスクールに参加すると、お世話した牛の命名ができるらしいです。すごく魅力的です。

Kay様、青い額縁様、コメントありがとうございます。奥山田温泉は、特に牛好きでなくても楽しめると思いますよ。いつか行ってみてくださいね。

Read More »

2015/10/17 14:34  Moo~tumnを楽しまなきゃね!


IMGP1454.jpg
↑今回の旅行のベストショット。愛を深める秋です。待ち受けにしました。

IMGP1447.jpg
↑やっぱり、ホルスタインは可愛いなぁ。思考を深める秋ですね。

IMGP1406.jpg
↑たぶん、安福君。山田牧場唯一の雄牛。疲れをいやす秋です。

IMGP1466.jpg
↑東京でも秋を探して、キャサリンさんのとこのおさると写真を撮りました。
2つとも台湾のお土産にいただいた絵葉書で作ったマスコットです。

IMGP1470.jpg

カメラ女子のキャサリンさんは、美しい秋の風景を求めて、ご予定が立て込んでいらっしゃるそうです。
そういえば、今回の旅行中、立派なカメラを携えて紅葉スポットを巡る人たちをたくさん見かけました。
共通の趣味で集まって旅ができるなんで楽しそう羨ましいなぁ

2015/10/14 09:16  山田牧場の朝


昨夜は星の美しい晩でした。天気予報では、今朝は晴れるって言っていたのに、屋根裏部屋の天窓を打つ雨音で目が覚めました。牧場を見渡せるはずの窓の外は真っ白。1700mの山中にある山田牧場は雲の中なのでした。

でも次に目が覚めたら、雨は上がっていて、窓から牛達が集まっているのが見え、見る見る間に霧が晴れて行きました。

昨夜は見えなかったけど、朝の露天風呂からスキー場の斜面が見えました。最盛期には放牧牛が見えるのでしょうね~

山田牧場では、県内外から牛が預けられるそうで、6月頃から、少しずつ連れてこられ、8月には100頭以上になります。雄牛はたった1頭で、何代目かの安福くん11才。そろそろ引退の時期が近いそうです。ちらほら見えたホルスタイン牛は、乳牛としての役目を終えて、余生を過ごすために預けられているのだと、レッド・ウッド・インのスタッフに聞きました。今朝は一頭柵の外に逃げ出したのがいるそうですから、気をつけて、と送り出されましたが、駐車場に行くと、ちょうど、「ボーダーコリーを連れた茶店のおばさん」に脱走牛が柵の中に追い込まれている最中でした。無事柵の中に戻された後、ボーダーコリーは、ちゃんと仕事しなさい!って怒られてましたよ。


脱走牛は、朝まかれる塩をもらい損ねたからか、仲間の牛をベロベロ舐め回していました。


山田牧場は、ちょうど紅葉の美しい時期で、夢中で写真を撮り続けてしまいました。

レッド・ウッド・インは、お料理が最高です!今度は放牧の最盛期に来てみたいです。

Read More »

2015/10/13 17:20  moomooを探せ!~山田牧場にて


職場の上司に「信州の奥山田温泉では、牛を見ながらお風呂に入れる宿があるよ」と聞いて、ずっと憧れていたレッド・ウッド・インに来ています。

奥山田温泉は、山田牧場にあります。山田牧場では、冬にスキー場になる笠岳の麓に広がる牧草地に主に黒毛和牛と少しのホルスタイン牛を春から10月下旬まで放牧しています。夏には100頭以上いた牛達も少しずつ麓の村に返され、今は50頭ほどが残っているんですって!

日本の移牧ですが、移動はトラックだそうで残念。
今は牧草地の周囲に電気柵が張られていますが、宮崎で口蹄疫が流行るまでは、柵もなく、牛達は自由に道路や温泉街を歩き回っていたそうです。                      その頃来てみたかったなぁ~

↑スキー場で牛がくつろぐ風景

近郊の紅葉スポット巡りをして、戻ってきたら、見える範囲に牛がいなくなってました。夕食までの時間、牛達とたわむれるのを楽しみにしていたのに~
moomooを探せ!

牧草地へは人は出入りできるので、フレッシュな牛糞や湧き水に注意しながら、スキー場を歩き回りました。

↑せせらぎの向こうにホルスタインを発見!
やっと見つけた牛だったから、頑張って接近しました。


でもここの牛達は、あんまり人に懐いてなくて、こちらが近づいた分、離れていくんです。

可哀想だから、距離を取って、秋らしい紅葉を背景に写真をたくさん撮りました。

二頭のホルスタインで満足して、下山した時、急にドドドドって地鳴りのような音が聞こえてきたので、牧草地を振り返った時、すごい光景を見てしまいました。

2~30頭の牛が列をなして斜面を駆け下りてきました。なんで~?

あっと言う間に又、牛だらけのスキー場になったのでした。

レッド・ウッド・インは、お風呂からじゃなくて、お部屋から牛達を見ることができます。暗くなるまで、ずっと牛達を見ていましたが、牛達はグループごとに木立の向こうに消えて行きました。

山田牧場の牛達は、放牧の期間、搾乳もえさやりもされず、ずっと自由に生きてます。

2015/10/07 15:00  リラックスする牛


北海道の牧場で見た風景、首かせをかけられた牛の事を調べていました。

牛舎の90%以上は、牛を一頭ずつ仕切りの中に入れてつないで飼育する、繋ぎ牛舎なんだそうで、私が見た首かせはスタンチョンって呼ぶそうです。


↑スタンチョン式繋ぎ牛舎

一生繋がれたままなんて可哀想とか思ったけど、一頭ずつ健康状態を管理しやすいメリットがあるそうです。
ニセコの高橋牧場(ニセコアンヌプリ)や函館の山川牧場は、この方式でした。一頭ずつ名札が付けられているのも、繋ぎ牛舎だからこそなんですね~


↑私が見たこんな牛たち。

横たわったまんまの牛を見て、具合悪いのかな~なんて思ったけど、実はリラックスしているんですって!
牛は、快適な環境であれば、より長い時間横たわって過ごすそうです。
横たわっている方が唾液がよく出て反芻も効率よく行われるんだそうです。



憧れのCow-chは、それ自体リラックスしたお姿だったのね!

我が家にもいた!


洗面ボウルに張り付いてます。

ついでにリラックスするAyaCOW~*
Cow-chのアレンジ製作で作ってもらえそうなんだけど、高価なのでためらっています。

2015/10/04 15:00  ハロウィンの準備!


バッグに続き、尻尾も編んで、なんとなく仮装準備が揃いました。
後はCowチューシャに花をつける予定。
何か良いアドバイスがあったら教えてね。



先日、テニス仲間に仮装はどこからスタートするのか?と聞かれました。
考えてなかった~!

去年、新宿駅の構内では、女の子二人が同じような仮装をしているのを何組か見かけました。二人揃うと仮装していることがわかりやすいし、インパクトも強まるから良いですよね~ゾンビメイクもなんとなく可愛らしく見えたものでした。

私は一人で行くんだけれど、Cowチューシャ以外、自宅からOKなんじゃないかな~?と思っています。



一足早く、AyaCOW~*は、ハロウィン用に仮装しています。



2015/10/01 18:21  カウパレード・ニセコ終わりです。


10月になりました!
カウパレード・ニセコの会期は今日まで。

実行委員会から、10月3日のフェアウェルパーティーのご案内をいただきました。
近かったら、行きたかったなぁ~

そして、3日~5日は、ファイナルパレードと称して、カウ像がひと所に集められるらしいです。
これも見てみたかったなぁ~

私のカウ像には新しい値がつけられ、個人名が明らかにされました。
日本人です。
どんな方なんでしょう?
私のカウ像を気に入ってくださってありがとうございます。
お直しにも伺いたいけど、どんな所に運ばれていくのでしょう?
ドキドキします。

ニセコのシンボル、羊蹄山からデザルプしているカウパレードを描いてます。
まだ未完成…
なかなか筆が進まない。




| HOME |


 BLOG TOP