プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2015/11/28 21:26  もうすぐ12月だ!


朝の冷え込みが急に厳しくなりました。おふとんから離れがたくなる季節。布団に入ったまま空飛ぶじゅうたんみたいに運ばれて行きたいなぁ~

さて、来週には12月が始まるので、クリスマスカードを印刷してました。

海外の友人には早めに送らなきゃ、とか思ってメッセージを考えていたら、ポストの中にスイスからのクリスマスプレゼントを発見。

Cow figureって書いてあったから、包装紙を解くのもゆっくり、ゆっくり、嬉しい気持ちを少しずつ開放していきます。

中から出てきたのは、キンキラキンのGOLD COWでした!

スイスらしいでしょ、ってカードにメッセージがあったので調べてみたら、スイスは、国民一人当たりの金保有量が世界一なんですって。知らなかったなぁ~

遠くの国から来てくれた新しいお友達を日本の金ベコがお迎えしました。


とても嬉しい。ありがとうございます。

WelCOWe!
スポンサーサイト

2015/11/25 17:37  飾る場所に悩む




LIFE IS A GIFT

三越伊勢丹のクリスマスのJENKKAにインスピレーションを得て、もう終わってしまったカウパレード・ニセコを引きずっている私。

47頭のカウを切り抜いて、厚紙で裏打ちして、紐を通すためのリボンを輪にして貼りました。麻紐を輪に通して、さて、どこに吊るすべき?悩みます。




とりあえず、階段の手すりに飾ってみました。なんかワサワサ行進している感じが出てます。


JENKKAというより47頭の討ち入り?

2015/11/21 23:00   映画Foujitaと近代美術館所蔵展


大好きな画家、藤田嗣治さんの映画が公開されたので、ふらっと一人で見てきました。週末とあって、シニア夫婦だらけ。静かな映画でしたので、後半、お父さんの寝息やいびきが目立ったぞ。ダメじゃん。

HPで事前学習した通り、藤田嗣治さんの自伝的映画ではありません。でも最初のシーンでオダギリジョーさんがオカッパウィッグに丸メガネで映し出され、面相筆で女性のプロフィルが力強く描かれたら、一気に引き込まれました。美しいラインはあのように書かれたのに違いない、です。

所々で挟みこまれる景色は、フジタが切り取った絵画のように美しかったし、フランスのシーンでは、ちゃんとフランス語しゃべっていたし、知らない1920年代のパリを感じられて、とても素敵でした。いろんな国のお酒を混ぜたカクテルを「これがモンパルナスだ!」って言って飲んだり、何気ない会話で盛り上がるパーティシーンが面白かったです。色彩にあふれた仮装パーティーの後、一変、景色は墨絵の世界、日本へ。

あまり知らなかった戦争画を描いていた時代です。展覧会で戦争画の前に国民服を着たフジタが立ち、観覧する人々に敬礼するパフォーマンスをしていたのが、パフォーマンスみたいで面白かったわ。

戦後のフランスのシーンは、彼が手がけたノートルダム・ド・ラ・ぺ教会のフレスコ画が映し出されただけだったから、もっと見たかったな~~って思いました。
そして、今、竹橋の国立近代美術館では、藤田嗣治の所属作品を全部展示していると聞いたので、映画の記憶が薄れる前に行ってきました。
戦争画14点の一挙展示が初だそうです。パリでの作品は、日本画の手法で描かれた陶器のような白い肌で名声を得たという事ですが、日本で描かれた戦争画が構図など西洋画の影響をかなり受けていると知りました。

でもフジタと言えば、猫!

↑フライヤーから撮った猫
私は牛。


ISETANのJENKKAからインスピレーションを得て、カウパレードニセコの牛を印刷して厚紙で裏打ちしてます。

JENKKAみたいにつなげたいと思ってます。

最近頑張っていること。

2015/11/17 14:00  クリスマスの楽しみ


家に引きこもっていたけど、久しぶりに百貨店に行ったら、お店中がクリスマスムードになっていて、見ているだけでニコニコ笑顔になれました。

それで気分が乗って昨日、仕事帰りに私にとってのクリスマスシーズンのメッカ(今はあんまりこの地名を使いたくないけど…)ISETAN新宿店に行ってきました。今年のISETAN・三越のクリスマスのテーマは、JENKKAでつながるクリスマスだそうです。ジェンカってフィンランドのフォークダンスなんですってね。でも坂本九さんのレッツキッスという歌が遠~い記憶にある私です。


これを見て、ちょっと楽しいことを思いついてウキウキしてます。形にできたら、又、ご報告させていただきます。

さて、リビングフロアのクリスマスショップは、毎年、見て回るのが楽しみ。


今年は2頭見つけました。

店員さんに念の為、他に牛はいませんか?って尋ねたら、牛はあんまりいないんです、すみません、って言われました。良いのよ~このレア度が良いんだから!でも来年も新作を仕入れてきてくださいね。

今週、初めて我が家に遊びに来てくれる友人がいるので、クリスマスツリーを出しました。遠くから来てくださるから、珍しいものでおもてなし、です。喜んでくれるでしょうか?

2015/11/12 10:13  2016年の予定は…


二日間家にこもって、久しぶりに自転車で外に出たら、季節が進んでいました。色づいた葉っぱも枝に残っている方が少ないくらい、大きなお庭の住人は落ち葉掃きに忙しくしていらっしゃいます。そして、何より、手が冷たくなってくるではありませんか?もう手袋の出番?      びっくりでした。

さて、今年も我が家のスケジュールを把握するためのCow-lendarが届きました。アメリカのLang社の「COWS COWS COWS」を1995年から愛用しています。

牛の絵はLowell Herreroさんが描いています。4年前から友人に影響されて生活をdownsizeしていらっしゃるそうです。日本でも、シニアになると終活とか断捨離とかスリム化したくなるから、同じなんだな~~って思いました。

来年の最初のスケジュールは…?残念ながら、歯科健診という楽しくないものです。


我が家では、リビングに掛けたこのカレンダーに家族それぞれが予定を書き込み、スケジュール管理しています。私は自分のスケジュール帳を持っていないので、友達と遊ぶ計画立てる時には、このカレンダーを持って行き、結構笑われています。

来年も楽しいことたくさん書き込めますように!
そして、オリジナルのAyaCOW~*-lendarも一応、完成しました。


家族からダメだしが出たので、もうひと頑張りです。

今年愛用してくださった皆様にお届けできたらいいな。

2015/11/10 19:01  来年のCow-lendar作ってます。


そろそろ「良いお年を!」って挨拶して別れるシチュエーションがが増えそうだから、来年のCow-lendarを作らなきゃ、って頑張っております。

今年のCow-lendarの絵を全てチェンジするのは厳しいので、いくつかの新作を混ぜて新しさを出したいと思います。

スイスで出会ったお友達と結成した「三人Cow女」を思いついた時は、嬉しかったですよ。


↑AyaCOW~※とスイスブラウンとシンメンタールです。

クリスマスカードも作りました。こちらは八王子の磯沼ファームの「ミルクの黄金律」トリオのAyaCOW~※(ホルスタイン)とジャージーにブラウンスイスです。

スイスブラウンはスイスの牛、スイスブラウンをアメリカで改良したのがブラウンスイスらしいです。

2015/11/08 16:58  夫孝行の週末。


久しぶりに夫の趣味に付き合う週末でした。20年以上ぶりにボーリングして、モーターショーに行きました。牛の影もない週末だったけど、日本獣医生命科学大学の文化祭で知った被災牛についての本、「牛と土」を読んで熱くなっています。

東日本大震災後、国は被災動物に安楽死処分指示を出しただけでしたが、そのことに疑問を感じ、今も牛を生かす意味を考えながら、大切に飼育している方々がいらっしゃることに感動しています。

感動といえば、大好きなフィギュアスケートのグランプリシリーズ中国大会、久しぶりに浅田真央真さんの演技を見ることができました。幸せ。

↑イタズラ書きのMooMoo夫人

な~~んてね。

2015/11/02 23:15  小林牧場~甲州ワインビーフ


願い事が無事叶ったので、山梨県の武田神社にお札を納めに行ってきました。
神社に向かう坂の途中には、この度ノーベル賞を受賞された大村先生の出身大学、山梨大学があります。
ちょうど文化祭が行われていたこともあって、いつもより輝いて見えました。
そして武田神社は、11月ということで、七五三詣でにぎわっていました。
子供を見ているだけで幸せを感じられた日々を懐かしく思い出しました。

さて、山梨に行くと必ず立ち寄っている甲州ワインビーフ販売店。
ワイン生産地の山梨ならでは、ぶどうの搾りかすを飼料の一部として与えているんです。
交雑種(ホルスタイン♀×黒毛和牛♂)だからリーズナブルで美味しいから、山梨県内に3つある直売店は、いつもお客さんが切れません。

今回は紅葉を求めて昇仙峡へ行ったついでにワインビーフの生産地、小林牧場に足を延ばしてきました。

IMG_2765.jpg
小林牧場は山梨県北部の平見城畜産団地の中にあります。

IMGP1484.jpg
標高1000Mの傾斜地に14棟の牛舎が建てられていて、1300頭の牛が飼育されているそうです。

IMG_2766.jpg
休憩中だったのか、だーれもいないから、勝手に牛さんたちと遊んできました。牛達も食後のお休み中だったのに、わらわら起き上がって、こんな風に近づいて来てくれるんです。飼料からは、ワインの発酵した香りが漂っていました。

IMG_2773.jpg
額にこんなくっきりハートマーク付けた子もいましたよ。

IMG_2777.jpg
ついでに、たまたまテレビで見た額にどくろマーク付けた子。

牧場帰りにお肉を買って、夕食に美味しく頂戴いたしました。

2015/11/02 09:07  ハロウィンパーティ、楽しかった!


あまりよく知らない人と会話を続けるのって、難しいですよねー。若い頃、先生のお供で身の丈に合わないパーティに行って居心地悪い思いをしたり、先輩の結婚式の二次会で、やたらおしゃべりになって、言わなくても良いこと言って、翌日後悔したり、苦い経験がいっぱいあります。

だから、ハロウィンパーティも少し心配でした。カフェオーナーの友人というだけで、常連でもないし、どんな方がいらっしゃるのか、知らなかったから。

でもそんな心配は杞憂に終わりました。さすが、マグノリアカフェのオーナー夫妻です!

参加者は、20人ほど。学生さんにOLさん、近所の常連ご夫妻やアーティストさん達が思い思いに仮装して、集まりました。居心地良い狭さなので、話し相手を求めて回遊する必要もないし、お料理も美味しいし、大人のパーティって感じでした。

3チームに分かれたクイズ大会や仮装コンテストも楽しいものです。なるほどね!って、いちいち心の中で、感動していました。

他の人の写真は、許可を得ていないので、私のだけ、ね。来年は、どうしようかと考えながら帰ってきました。

Read More »

| HOME |


 BLOG TOP