プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2016/03/31 20:00  お花見してきました


週末のお花見の下見に行くというキャサリンさんにくっついていって、突然小金井公園です





花粉症になって15年。
もう一生、花の下でくつろぐ幸せをあきらめてきたけど、今年は、鼻づまりになることもなく、うまく花粉症と付き合えているし、ずっと心に温めていた牛柄テーマのピクニックを試してみたくなりました。

IMGP1555 (2)


急だったから、スーパーで買ったサンドイッチと家にあったヨロイヅカのマンデルクローネを牛柄容器に入れ、自慢のアメリカ土産のポットに紅茶を入れて行きました。

AyaCOW~*は、お友達に会えて、嬉しかったわ。

そして、写真がご趣味のキャサリンさんにたくさん写真を撮ってもらいました。
私の写真じゃないから紹介できないけど同じものを撮っているのにかなり素敵です

イギリス人が持っているようなピクニックバスケットを牛テーマでアレンジしたいと思いながら、なかなか実現できずにいますが、
今日、また作りたい気持ちが高まりました。




明日から4月!大人に新学期はないけど、新しい気持ちでなにか始めてみよう

Read More »

スポンサーサイト

2016/03/30 10:00  94才のニューヨーカー!!!


またまた、元気な人生上級者を見てきました!

「アイリス・アプフェル、94才のニューヨーカー」という映画。
人伝てにかなり良いよと聞いたので、ぜひ見たくなり、サービスデーに行ってきました。
角川シネマ新宿の小さな劇場はほぼ満席。


元々インテリアデザイナーとして成功していたアイリス。
人と同じは嫌!というわがままなクライアントのために、ヨーロッパへ買い付けに行ったり、オリジナルテキスタイルをデザインする会社を作ったり、ホワイトハウスや美術館の内装を手掛けたすごいキャリアの持ち主でした。
ファッションも大好きで、手の込んだハイエンドブランドから民族衣装、法衣まで着こなし、コスチュームジュエリーを重ねた独特なスタイルを究めてきました。


2005年にメトロポリタン美術館でアイリスのファッションコレクション展が開催されると口コミで驚異の動員数を記録。
84才にしてファッションアイコンとして注目され活躍するようになったそうです。
大好きなものにあふれた室内は心地よくちらかっており、衣裳部屋は美しいドレスとアクセサリーでいっぱい。
別荘や倉庫もあって生活レベルの全く違う人だけど、94歳、身体に年齢なりの不具合はあっても活力と喜びにあふれた姿に憧れの気持ちを持たずにはいられませんでした。
家でインタビューを受けたある日、私が持っているのにそっくりの牛のシャツを着ていらっしゃいました。


もったいなくてあんまり着てないけど、年とったら着よう!って思った。

年取るのも悪くない、って思わせてくれてありがとう
夫婦仲の良さも真似しなきゃ、って思いました。

img165.jpg



AyaCOW~*も早速まねっこ。格好いいおばあさんになりたい!

2016/03/27 17:38  スマホを変えたので、、、(T_T)


2年前、長年愛用したガラ携が壊れたのを機に、最高に可愛いiPhoneカバーと出会い、他社乗り換えで安いプランでiPhone5Sを使ってきたけど、このたび、家族そろって家の電話やインターネット環境と同じ会社に戻すことになりました。

iPhoneは、この2年で大きくなってしまたから、お気に入りのスマホカバーとはお別れです。
3月31日に発売される、5Sと同じサイズのSeを待とうかとも思いましたが、新学期だし、新しいカバーとの出会いに期待して、大きなのに変えました。

IMG_0389.jpg
さようなら。
あなたのおかげで2年間スマホを手に取るのが喜びでした。
モスキーノ30周年記念限定コレクション。
同じものを使っている人を見かけたら、迷わず声をかけてお話ししようって決めていたけど、一人も会えなかった
でも旅先で、カフェやレストランで、ショッピングしている時でも、このスマホを見て話しかけてくる人、本当にたくさんいたんですよ
これを超えるスマホカバーには会えないと思うと寂しい。



さて、気持ちを切り替えて、新しいiPhoneの最初のカバーをどうしよう?
取りあえず、AyaCOW~*の絵を入れられるように透明なラバーカバーを買ってきました。
→友人のお嬢様譲りのアイディアです。女子高生は頭が柔軟ですね~



こんな感じ。
契約の説明をメンズに任せてスマホカバー売り場をうろついていた時、丸い穴が開いているスマホカバーが目につきました。
iPhoneの裏についてるアップル社のマークを見せるための穴だと知り、ひらめいたのよ。
ウィリアム・テル。






正確にはテルの息子だ




2016/03/26 23:31  シンメンタール牛が我が家に。


最近は、百貨店のメンズフロアに面白いも雑貨があるので、チェックを欠かしません。

アニメのフィギュアとかじゃなくて、ちょっとシャープなイメージのインテリア雑貨。
街中の雑貨屋さんと違う視点で集められているような感じだし(多分おしゃれなメンズセレクトね)少数精鋭だから新鮮です。

先日はアニマルフィギュアの中にシンメンタール牛とタグが付いているのを見つけて嬉しくなり、即買いました。

スイスで会ったお友達のシンメンタールをいつも身近に感じられるように、大きな花飾りとカウベルを付けました。


百均でビニル製のお花を買って、頭に盛り、カウベルをつけるベルトは、昔ながらの指ぬきで作ったの。




自慢のカウフィギュアコーナーに置いてみた。



平日、メンズフロアを回遊してると、ヒマしてるおしゃれな店員さんが話しかけてくるから、ちょっとどぎまぎする。

2016/03/22 14:00  築地市場に行ってきたよ。


築地市場、いつの間にか移転が決定してしまっていたのですね。今年の11月には豊洲市場がオープンするそうです。

観光客でにぎわっている様子を最近テレビでよく見かけるけど、昔はそんなことなかったと思う。
銀座から足を延ばしてちょっとお買い物なんて、若いころはパワーあったなぁ~

久しぶりに後輩と会うことになったから、移転前最後になるかも、って思い、早起きして遠足気分で出かけてきましたよ。
市場の中は、自動車が忙しく走り回っていて、慣れるまでは大変。いつも大威張りで歩いている私ですが、ここでは、働く車が優先なんだと切り替えます。特に小型三輪自動車は思いがけないスピードと距離の見極めで、すれすれを通過して行くし、前からも横からも強気に攻めてくるので、360度見渡せる目が欲しいくらい!


まずは、場内へ。ここでも働くおじさんが優先!のんきにおさかな見物していると邪魔者扱いです。
通路は狭いのに、人通りは多いし、例の小型三輪自動車が強気に入ってくるし、カメラなんか構えていたら、見学者の場内への立ち入りは9時以降にだよ、って怒られてしまいました
長靴(牛柄だけど)とレインコートで、うまく溶け込めるように装ってきたのに台無しです


でもお買い物するなら早めに入場しても大丈夫なんですよ。
心を入れ替えて、家族が好きなマグロの赤身と私の好きな大きな海老を買うことに集中して、場内をうろうろ。
料理屋さんやすし屋さん相手専門のお店は、キロいくらの価格設定だから、ちょっと手が出ないけど、個人売りしてくれる優しいお店もあるから大丈夫。
1時間半くらいかけて、赤身のお刺身と中トロのブツ、大きなボタンエビを買うことができました
こんな大きなボタンエビは北海道でしか食べたことないから、嬉しかったわ。

ところで場内の狭い通路にも入ってきて、すごいスピードで走っている小型三輪自動車、これって何?
自動車オタクの家族の影響じゃないけどかなり気になって、しばらく邪魔にならない所で観察しました。

IMGP1501.jpg

後輩によると「ターレ」って言う市場独特の乗り物らしいです。
目にしたことないけど、ナンバープレートもついているから、公道も走れるのか?
すごいのはコーナーをほぼ直角に曲がってくること。だからあんなに強気なんだぁ、と感心する。

赤いブーツに赤いジャケットの働くお姉さんも乗っていた。
かなり格好よくって、同じ長靴が3000円で売られているのを見て、買いたくなってしまいました。

安全速度で走るターレは、逆に目を引いて、見たらクロネコヤマトの、でした。
ヤマトもここではターレなんですね~


市場で皆が乗っているターレ、AyaCOW~*も乗りたかったね。

img164.jpg

一緒に走っているのは、市場のゆるキャラ、ノッターレ号に乗るイッチーノとコチーノ。
牛の涎(よだれ)は、絶えることがないから商いのことわざになっています。
お店の名前にピッタリ?

帰宅して、豊洲への移転をPRしている「東京市場ステーション」でもらった冊子を見たら、ターレの紹介記事がありました。(東京市場ぱどvol.3)

正式名はターレットトラック。
昭和30年代から使われ初め、今は電動自動車なんですって。現在築地では2000台以上が働いているそうです。
樽型のボディが戦艦の砲塔の回る部分(ターレット)を参考に開発されたから、この名前になったそうです。



さて、ボタンエビをあんなにいっぺんに食べたの初めて。
エビでお腹がいっぱいになったのも初めて。
幸せな食事でした。


Kay様、村上隆氏の記事に拍手画面でのコメントをありがとうございます。気付くの遅くなってしまって、失礼しました。
撮影が許されているなんて珍しいですよね~お気に入りの作品が身近に感じられて嬉しかったです。

Read More »

2016/03/16 09:00  うまく年とりたいものです


妹と一緒にメリル・ストリープが愛娘と共演して話題の映画、「幸せをつかむ歌」を見てきました。
メリル・ストリープは、夫と3人の子供を捨て、ロックミュージシャンとして生きることを貫き、貧乏だけどパワフル、恋も現役という50代半ばの女性を見事に演じ切っていました。

マンマ・ミーアの歌声も感動したけど、ロックもお上手でした。しかもギター弾いてた!
夫に浮気され離婚したことで精神的に不安定になってしまった娘を励ますために元夫の家に行き、これまで考えないようにしてきた過去に向き合うことになりました。つらく厳しい現実です。

でもやっぱり、核を持った人は強い、と納得のハッピー・エンディングでしたよ。


そしてその足で、渋谷西武で開催されている「世界のマダムのおしゃれスナップ展」を見てきました。
アメリカのフォトグラファー、アリ・セス・コーエンさんがブログで紹介していた人生上級者(良い言葉!)のスナップ写真展です。


まず色彩豊かな写真がいっぱいで元気になります。60代から100才超えまで!
皆、格好いいんですよ。



「最初に作ったシャネルスーツはシャネルさんの手縫いだったの」と車いすに優雅に腰掛けるエレガントな女性。車いすが高級家具に見えた!

キャプションは、格言みたい!
「若く見せようと思ったことはない、いつもきれいでいたいだけ」
「顔のしわもファッションの一部」
「年取ることはトレンド」
「プラス・エイジ思考の人のセンスと才能が世間から見過ごされているなんてもったいない」



私が子供の頃憧れていた友人のお母様が今生きていらしたら、思えたこの写真が気に入りました(写真撮影可です)。

健康でいられるからこそですが、私も見習わなければ、って最近、装うことに手抜きしていた自分を反省しました。
じょうずに年取りたいものです。

お母さん
病気になってもエプロンしめて頑張っていたAyaCOW~*のマムも靴下が超おしゃれです



2016/03/09 16:47  お気に入りの傘を作るぞ!


大人になってから、何本の傘を買ったかなぁ?
昔尊敬する友人(男子)が店を出る時、無造作に傘立てからビニ傘を取り上げたので、注意したら「傘は天下の回り物」なんて言っていて、本当に驚いた。
女子はすごく吟味して傘を選んでいるのですよ。そんな風に持っていかれたら泣けてしまいます。
それでも、注意していても、無くしてしまうこともあります。
今、自分の傘を見ると、記憶の中にある傘、3本なくなっています
1本は、電車の中に忘れたの。
すぐに駅員さんに話し、先の駅で車内を探してもらったけどなかった  雨の日は、持っていかれてしまうそうです。
たった1本巡り合えた貴重な牛の絵がついた傘だったから、大ショック。
ずっと考えないようにしてきました。
先日プレイスマットを作った時、オリジナルグッズを作れるSHASHIN GIFTの商品ラインナップの中に「傘」を発見。
私これでやっと、牛傘ロスを乗り越えられそうです。
傘のデザイン
こんな感じ。同じ柄を八面でいいのか?
色はこれでいいのか?
冷たい雨降りの今日は、傘を見上げて頭の中でいろいろ想像しながら、買い物に行きました。
しばらく、楽しめる

2016/03/06 10:00  早く良くなってね!


ひな祭りの日には、可愛い飾り寿司を作ろうと前々から構想を練っていたのですが、計画倒れでダメでした。

デザートは和菓子にしようと朝から寒天作ったのは良いけど、もともとゼリー好きの私、昼食後に、ちょっとつまみ食いと思って食べ始めたら止まらなくなって、たいそうな量食べちゃった!
夕飯作る頃には、お腹がぱんぱんになって気持ち悪くなってしまいました。喉元まで詰まっている感じ?

結局、ちらし寿司作ってトッピングを用意した時に帰宅した家族にバトンタッチして、早々に横になりました。


消化には一晩近くかかりました。消化とは内蔵が頑張ることだと実感した疲れる気持ち悪~い夜でした。
家族に、寒天は食べ過ぎないように、と注意しましたが、そんなアホな量食べる人はいない、と呆れられました。


気持ち悪くて横になっていた時、病気で気持ちが落ち込んでいた友人を思い出していました。


Wishing you a speedy recovery. 


お見舞いカードを作った。
具合悪いと本当につらいよね、早く良くなりますように!

2016/03/03 16:25  SHASHIN GIFTでプレイスマットを作ってもらいました。


ランチョンマットを買い足したくて、折あるごとにチェックしてましたが、素敵だと思ったものは高価過ぎたり、洗濯しにくそうだったり、牛模様ではなかったから決め手にならず、購入に至らずおりました。

そういえば、イギリス人がカジュアルな食事に使っていたのは、プレイスマットと呼ばれるコルクボードに絵の描かれたプラスチックシートが圧着されたものだったっけ。
30年近く前の話だけど、イギリスで写真を現像すると「お気に入りの写真でプレイスマットが作れますよ」っていうチラシが入っていた位だから、とても身近なアイテムに違いありません。汚れても水拭きすれば良いから、合理的。日本では、今もなかなか見ないな~って思って、ググってみました。

SHASHIN GIFTっていうサイトを見つけました!

商品ラインナップを見て、クラクラしました~
布地にも陶器にもプラスチックにも、ありとあらゆるものにオリジナル画像の印刷をしてくれるの
ロンドンで作っていて、注文して2日後には発送してくださるそうです。口コミ評価も良好。

プレイスマット、作るしかないでしょう!

PCに保存してあるAyacow~*の絵をいろいろ注文フォーマットに貼り付けてみて、良さそうなの2種類を2枚ずつ注文してみました。
それだけでかなり幸せな気分になりましたよ


そして、本日届きました!



嬉しい!
お皿置いたら見えなくなっちゃうけど、今夜から使います。

日曜の夜にオーダーして、火曜に発送の連絡が来て、2日目の木曜に届いた。早い!





次にオーダーするもの、もう考えてます

| HOME |


 BLOG TOP