プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2016/07/30 20:17  7月終わる~


今日は土用の丑の日。
牛の日だけど、買い置きのラムがあったから、それをメインにして、副菜にうなぎの白焼きと肝焼きを食べて夏を乗り切るパワーをつけたつもりです。→食べすぎか?




最近の私の牛活。


サーティワンの雪だるまをデコりました。
耳のアーモンドとハート型の最中の皮がアイスクリームにぴったりで、美味しくなりました。



クレイポットアニマルを製作中。
海外のサイトを見て、見よう見まねで楽しく作ってます。
頭に花を植えたら、デザルプの牛みたいになる予定です。



スポンサーサイト

2016/07/28 10:00  Ayacow~*のアップリケを作ってみまし


自動車探しをしていた時にもらった買い物バッグを気に入って使っていたら、内側の保冷シートがミシン目で破れてしまいました。
まだ使いたいので、表布が分離したのを幸いにAyacow~*のアップリケをつけようと、半日、チクチク縫ってました。
手持ちの布をフェルトに縫い重ねて作りました。






厚みが出て良い感じでしょう。

紫のチャコペンがまだ消えてないけどね。


カウベルや頭の花を立体にしたら、より凝ったアップリケになるとわかっていたけど、このバックは、レジカゴにセットするので、カゴのすき間に引っかからないよう、平面で納めました。



これで明日から気持ちよく買い物できます。

今朝のトト姉ちゃん、六畳一間の東堂先生の住まいをリンゴ箱で模様替えしてました。
「ささやかな心がけが小さな幸せ」という恩師の言葉、大好きです。

Read More »

2016/07/23 10:00  憧れのアフタヌーンティースタンド、ついに…


優雅なアフタヌーンティーに出てくるデザートスタンド、女性なら誰でも憧れるものではないでしょうか?


私も、です。

そして、欲しい、でもそんなに使わないし、置き場所がないし、そもそもアフタヌーンティーする習慣ないし…

でも、それでもいつかは欲しいなぁ~、としつこく思っていました。

せっかくならお気に入りの皿(牛柄)をのせたいから折りたためるスタンドだけの商品を探していたこともありました。

最近は、厚紙製品やカルトナージュ作品、プラスチック製等のカジュアル路線をよく見かけるようになり、これなら、アフタヌーンティーなんて身構えなくても使い道がいろいろありそう!とまたまた、気持ちが盛り上がってきました。


ゼロから手作りすることも考えたけど、こんな時頼りになるSHASHIN GIFTに注文しました。




下段にセットされる大皿のイラストは新作。
これまで出会ったお友達を描いてます。

Ayacow~*の後ろにスイスブラウンのアップルちゃん、シンメンタールのウェンゲンちゃん、白牛のナンディちゃんにジャージー牛のラブちゃんです。

中段と上段は旧作の使い回しだけど、Ayacow~*がいっぱい!
商品が届いたら、絶対、まずはお茶会ですね。


2016/07/18 19:33  小泉牧場~東京23区唯一の


東京都23区で唯一の牧場、小泉牧場に行ってきました。
西武池袋線大泉学園駅の北、1kmほど。白子川と歩道のない片側一車線の道路に挟まれた約2,600㎡の牧場です。



住宅地に突然現れる飼料タンク!
わかっていたけど、こんなところに?って驚かされます。




牛舎の外からでもこの距離感です。
暑い日でしたが、木陰の牛舎は涼やかで風も通るから、ずっと観ていられました。
反芻している様子を見ていただけだけど、癒されました。




牛は暑いのが苦手だそう。この子は、床や金属製の給水ボウルに頭をつけて、少しでも涼を取ろうとしていたのかな?



小泉牧場では、ホルスタインの乳牛ばかり約45頭飼育し、1日に500~800ℓの生乳を出荷しているそうです。
今は、23区内唯一の牧場となってしまいましたが、昭和10年の小泉牧場開業当時は、練馬区に20数軒、都区内に120数軒も牧場があったそうです。

周辺は、1970年代から宅地化が進みました。同業者も廃業し、周りの住人から臭いや泣き声に苦情が寄せられるようになったそうです。
こちらが先住者、の思いはあっても、周辺住民の理解を得られるよう、消臭のためにコーヒーかすを撒いたり、1日3回の給餌の時間をきちんと決めて牛が空腹で鳴かないようにしたりしたそうです。でも何よりも1990年頃から周辺の小学生の見学を受け入れたことで、苦情がなくなったと、今年、年初の新聞記事で読みました。

私が見学している最中も、牛舎の清掃がありました。ワイパーのような道具で、モルタル床の糞尿をはいて、水を流すと一気に清潔な感じになりました。



一瞬、色からブラウンスイスがまぎれこんだのか、と思ったけど、近寄ってみたら、泥?糞?まみれのホルスタインでした。
こんな個性もあるからね。




暑いよねー
介抱してあげたかったわ。





すごく近かったから、又来るね。

2016/07/14 16:38  振り返って整理する時期なのか?


5月は、何十年かぶりで小学校のクラス会があったり、中学校で仲良くしていた人と久しぶりに会ったり、子供の頃、絵を教えてくださった先生とお会い出来たり、思い出に浸る時間がたくさんありました。

印象的に記憶していることは人それぞれで、それを語り合う内、記憶の中の思い出がどんどん立体的になっていく感じが、面白かったなぁ~

皆で机を並べている時は、楽しいことばかりに思えたけど色々悩みも抱えていたこと、大人になっても辛いことたくさんあったけど、上手に付き合えるようになったって、素直に語り合えて嬉しかったな。
子供の時の友達って温かいものですね~

絵の先生とお会いした時には、幼少期の自分のぼんやりしたところを見透かされていた感じにちょっとドキっとしました。
自分の記憶なんてきれいに都合よく書き換えられてしまっているからなぁ~

少し自分のことを反省したくなりました。




↑私の洋服箪笥。友人に、お洋服も増えて整理が大変ね、って言われたけど、ちゃんとたんすを持ってますの。


↑入りきらない小物は、衣装ケースに入れています。

2016/07/09 20:45  照明器具を夏化粧


久しぶりに照明器具の中身を入れ替えて夏らしくしました。











海に行くことなんてなくなってしまったけど、久しぶりに浮き輪でプカプカしたくなりました。

2016/07/06 13:03  2016年折り返しました。


子供の頃、ひとがたに名前を書いて神社に納めていたけど、半年の穢れを落とす夏越の祓という行事だったと、最近合点がいきました。関西では、大きな茅の輪くぐりをする伝統もあるんですってね。

自分にはどうにもできないことで解決しないことがあるから、私も厄払いした方が良いかもしれないなぁ

img010.jpg
↑AyaCOW~*の茅の輪くぐり。
サーカスのトラの輪くぐりみたいになっているけど、本当に牛がジャンプするお祭りがあることを最近知りました。

宮崎県えびの市牛越祭。毎年7月28日開催です。
農繁期を終え、家畜の無病息災と五穀豊穣を願って、50㎝ほどの丸太のハードルを牛達に飛び越えさせるお祭りなんです。
動画も見たけど、本当にユーモラスな行事です。

いつか行きたいな~


| HOME |


 BLOG TOP