プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2016/09/30 20:34  9月が終わる。


9月最終日、自転車こいでいたら、金木犀が香ってきましたよ。
2016年は、残り3ヶ月。
昨日、今年中にやりたい事を書き出したら、結構あったので、やらなきゃならない事に☆印つけてハードル下げました。

残念ながら、ふくしま希望の牧場へのバスツアーへは満員で行かレなくなりました。
でも「原発事故から5年目、警戒区域の命を考え、行動する徹底討論会」というのが渋谷にある事務局で開かれるそうなので、聞いてみようと思いました。

台風10号が大きな被害をもたらしてから1ヶ月、岩手県岩泉町のニュースを見ました。
短角牛の農家さんは、牛舎の被害はもとより、飼料を育てている畑のダメージが大変と言ってました。牛はたくさん餌を食べるから。

岩泉ヨーグルトを作っている岩泉乳業は、瓦礫や土砂が片付き、工場の被害がどれだけ大きかったか、がやっとわかった段階だと言っていました。
来年の復活を目指すそうです。

中洞牧場のアンテナショップものぞいてこなくては、と思いました。
牛のことは、毎日考えてます。


9月は誕生日月ということで、たくさん牛グッズが届きました。
本当にありがとうございます。
いつも思うことですが、牛グッズを見つけた時に私を思い出してくださり、すみません。



もちろん、熊本の牛たちの事も忘れてません。
阿蘇のとぶ牛クッキー、牛乳瓶バージョンはとても可愛いです。



色々もらいました。



おかげさまで駐輪場で自転車が見つけやすくなりました。
スポンサーサイト

2016/09/24 23:00  風呂敷できました(^O^)/


毎日よく降るなぁ~
でも一気に涼しくなって嬉しいです。

今日はMakers’ Baseに風呂敷を作りに行ってきました。
東急東横線都立大学駅徒歩2分、目黒通り手前の地下1階地上4階の立派な建物になっていました。
工場を改装した目黒の時より、総床面積が大きくなったそうですよ。

描いた絵をデータとして取り込んでもらいスタート。


データを反転して、こちらのプリンタで転写シートに印刷します。
原理はアイロン転写シートと同じなんですね~


3倍に拡大したけど、ぼやけたりしないのね。
筆使いまで誠実にプリントされていて恥ずかしい感じです。
89cm角の大きさなので、プリント完了までに20分程かかりました。


それを190°Cに温めたローラーに通して、布地に圧着していきます。



プリントできました!








端を裁断し、ロックミシンで縁をかがりました。



今回は風呂敷でバッグを作るワークショップでしたので、こんなものも作りました。
↓↓↓↓↓↓


ベルトはエゾジカの皮を切り出し、半折りして革用ボンドで貼り合わせています。
留め具は、アクリル板をレーザーカッターで切り出しました。






旅行先でお風呂に行くときとか、使えそうです。


風呂敷一枚作るのもいろんな工程があるものだと感心しました。
講習を受ければ、自分で自由に機械を使う事ができるのだけど、すぐ忘れそうで自信ない。
でも布地にプリントできるのは、かなり魅力的だなぁ~


2016/09/22 20:00  風呂敷を作る(^O^)/


大人の工作室、Makers' Base。


たった一回焼印作りに参加したきりだったけど、今年の4月に目黒から都立大学駅そばに移転したのを機にメルマガが届くようになりました。

いろんなクラフトワークがあるんだな~って感心して見ていたら、このたび、オリジナル風呂敷が作れるワークショップの案内があり、即、申し込みました。
前から作って見たかったんだ~

大きさは80cm四方。
描いたデザインを布地にプリントしてくださるそうです。

原寸で描こうかと張り切ったけど、問い合わせたらデザイン画はA3サイズまででお願いします、ですって。
かなり拡大されてしまうから、大胆なデザインの方が良さそう。






構想一週間、描くのも一週間。
明後日、作りに行ってきます!

2016/09/21 12:00  ふくしま希望の牧場~ペット王国を見た!


久しぶりに被災牛を思い出しました!

9月18日、テレ朝の「ペット王国」でふくしま希望の牧場が取り上げられました。



原発から14km離れた福島県浪江町にある32haの牧場で現在324頭の牛が飼われています。


被爆して出荷できない牛達だけど、命ある限りお世話をするとおっしゃる吉沢正巳さん。
「人は、命を粗末にしない」という言葉に胸が熱くなりました。

私が被災牛の存在に気づいた時、動物愛護活動団体ともめていて、どちらが正当な主張をしているのかわかりにくかったけど、今回の放送をきっかけに判断がつきました。


吉沢さんは外野のもめごとなんて関係なくずっとそこにいる牛のお世話をされてこられたのです。

「牛飼いは牛を見捨てはしない」って繰り返していらっしゃいました。




↑「動物愛護団体が手放した牛64頭」って、例の動物愛護団体が置いて行っちゃった子たちなんですね





↑2011年3月15日生まれのホルスタインのいちごちゃん。餓死したお母さん牛のそばにいたところを見つけられた奇跡の牛。
 お尻にハートマークがあります。





↑地震の時、後ろ足が切断されてしまったふくちゃん。障害のある牛を飼っている牧場は、当たり前だけど他にはありません。

久しぶりにHPをのぞいたら、牧場へのバスツアーの募集がかかっていました。
家族には、皆それぞれ用事がある週末。
一人で参加申し込みしてみました。



2016/09/18 15:53  NOMADO



これを見たかったので、紀尾井町ガーデンテラスのNOMADOに行ってきました!

店内入ってダイニングへ向かう通路に沿って、金と黒のシマシマ牛さんの半身が並んでました。




熟成肉が自慢。
熟成肉ってずっと前に仙台で食べたことがあるだけだと思う。
こんな感じだったかなぁ~

家の冷蔵庫で賞味期限切れちゃった牛肉に似たケモノ臭がありました。
NOMADOだもんね!


気持ちを新たに頑張ろう。

2016/09/10 16:28  ガチガチはほぐせるのか?


家族に教えてもらって気になっていたマッサージやさん。



今まで複数の整体師に「私の指のために、(こんなにガチガチになる前に)早くきてください」と言わせたこの体。
ほぐしてもらおうじゃありませんか!




誕生日月だから、奮発して70分していただきました。
肩から首にかけてのコリが和らぎ、頭に血が巡ったのがわかりました。
ふくらはぎがすごく凝っていたことに気づきました。ふくらはぎのツボをかなり深く押してもらい、イタ気持ち良かったぁ~

施術した方には、ふくらはぎのツボ押し、かなり深く押しましたが、大丈夫なのかなと心配してしまいました、と言われました。

私にとっては今まで受けた施術の中で最も効いた感じがありましたよ。
ありがとうございました。
帰宅したらちょいと良い気持ちになり、昼寝なんてしてしまいましたもの。

治療目的の施術ではなく、あくまでもひどくなってしまったコリをもみほぐすマッサージやさんのようで、カルテなどは作りませんでした。
施術中に3組ほど飛び込みでお客さんが来ましたが、整体師はお二人しかおらず、私がマッサージ受けている時、もう1人は昼休み中だったから、皆さん、断られていました。

ネットで予約すると消費税分割引かれるので、オススメです。

治療前に全身お願いしましたが、背中側だけで、腕の施術がなかったことに少し不満がありました。



リラックスした私。

ディック・ブルーナの牛さんペンケースに手を加えています。

2016/09/07 09:47  牛友達とお呼びしても良いでしょうか?


牛グッズの製作販売をされているCowzaさん。
今年も近所の催事でお会いすることができました。


昨日が最終日で、今日北海道に帰られるそうです。お疲れ様でした。


目に留まった新作は、直径15cmと30cm弱のお皿にグラスとお乳型のコースター。

小さなお皿とグラスを買いました。
白の部分が抜けたホルスタインが模様になっています。よく見ると牛、っていう感じが素敵です。




15cmのお皿を最近私の部屋で購入したら、意外に使いやすいことがわかったので…
合わせて使います。



グラスは、一つだけ買ってコレクションに加えさせていただきました。





オリジナルのグラス製作には、私もずっと憧れていたので、いろいろノウハウを伺ってしまいました。
オリジナルグッズ製作販売の世界を少し身近に感じることができました。
ありがとうございます。




このたびは北海道でも台風の被害がありました。
富良野の牛が孤立してしまっている、とニュースを聞いたけど助けてもらえたかなぁ。







2016/09/03 13:51  中洞牧場を思う


このたびの台風の被害には驚かされました。
観測史上、東北の太平洋側からの上陸は初めてだったそうですね。

岩泉町とか安家地区という地名をニュースで聞き、山間林牧を思い出しました。
短角牛さん達は大丈夫だったのかなぁ~



ところで、東京にも出店している中洞牧場。
↑こちらは乳牛の牧場です。
facebookによると、牛もスタッフもご無事だったそうですが、アクセス道路が決壊し車で行き来できなくなり、ライフラインの復旧の目処が立たないそうです。




何かできることがないかなぁと思って、中洞牧場のアンテナショップ?、吉祥寺に今年6月にできたばかりの「幸せのヨーグルトショップ」に行ってきました。




↑道路が決壊している状況がわかるfacebookの写真が看板に貼られてました。

生産は止まってしまっているけど、在庫ある限り販売は続けるそうです。
ショップでアイスクリームをいただき、牛乳とあの奇跡のリンゴとのコラボ、ヨーグルトドリンクを買ってきました。





中洞牧場は、標高710~860mの山間地にあり、約80頭の牛達が自然のまま暮らしています。四季を通して昼夜放牧・自然交配・自然分娩が基本なんだそうです!!
夕方になると搾乳室に自主的に降りてくる、ってすごいです。

今はない六本木のミルクショップでもらった牛の写真集のような冊子を飽きず眺めております。






| HOME |


 BLOG TOP