プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2016/10/30 14:52  ふくしま希望の牧場


今日は母を見舞った後、ご案内いただいていたふくしま希望の牧場主催の討論会をちょっとのぞいてきました。

残念ながら討論会は終盤になっており、このまま牛達をずっと飼い続けるのは困難で、いつかは、牛飼い自身が安楽死の決断をしなくてはならない日が来るのではないか?という話に進んでいました。

牛飼いの吉沢正巳さんは、原発事故の日から5年半、原発から14kmにある浪江町の牧場で被曝して商品価値のなくなった牛達330頭を今も飼い続けていらっしゃいます。
年々餌となる牧草ロールの確保が難しくなってきているそうです。
牛達は、1日に牧草ロール(約300kg)を8~10個食べます。被曝してしまった牧草ロールを運んでいますが、輸送費だけで大変な費用がかかるのです。

昨年11月に、宮城県白石市が市内の農家の敷地に保管されていた汚染牧草約1.100個を70km離れた希望の牧場に市の費用で運びました。搬送費用は1.400万円。
この時には搬送が始まってすぐ、農林水産省から待った、がかかったそうです。汚染牧草の移動は国と県の方針と異なるから、だって。
ずっと放ったらかしにしていたのにこんな時に口を挟むとはね~
白石市が、農家との約束を反故にできないと国の要請を拒否して運んでくれたお蔭で、牛達は、今も生きています。
白石市方式、汚染牧草を放ったらかしにされている自治体は、もっと採用して欲しいですね。



最後に吉沢さんから、これから5年先も飼い続ける。やれる!と力強いメッセージがありました。
売れない牛を飼い続ける矛盾、大変な事故があったのにも関わらず原発に逆戻りしている矛盾の中で、希望という名前を掲げながら、解決に至らなくても矛盾から逃げずこれからも考え続けていく。
警戒区域の避難民は皆、心が折れそうになっているけど、300頭の牛がいる風景は、それを励ましてくれているかのよう。
牛達の新しい値打ちではないだろうか?
ますます、やる気がみなぎっている。
宣伝を頑張って皆様の応援を得ながら、警戒区域の最後の砦としてやっていきます!ですって。

討論会の様子、少し見られます。

牛が300頭いる風景、見てみたいな~
見学はいつでも歓迎。浪江ICから、車で20分だって聞いたけど、運転に自信がない私にはつらい。
次回のツアーに期待します。


会場には、こんな可愛い壁掛けが飾られていました。
支援者の方が作られたのかな?

被爆牛の絵を描いた方から、作品展のご案内を受けました。
私も微力ながら応援したいです。







スポンサーサイト

2016/10/24 20:58  ハロウィンだから今年も仮装するよ。


去年、友人が経営するカフェのハロウィンパーティに参加して楽しかったから、今年も行くよ!って張り切って準備してたのに、申し込みが少な胃から今年は中止になったと連絡がありました。
ざ~んねん!


でもせっかく考えたから、作ってます。
今年は、デザルプの牛をテーマに頭に花飾りをつけてみる予定。


↑これがイメージね。


プラスティック製のカゴにユザワヤのセールコーナーで買い込んだシルクフラワーを挿してみた。




いい大人だから色は抑えめで。




2016/10/20 10:00  Chick-fil-Aの牛キャラクター


来年は酉年。
鳥と牛を絡めた年賀状のデザインを考えていて、ふと思い出したこのフィギュア。


ずーっと前にアメリカのキャラクターグッズのお店でよくわからないまま、牛だから買いました。

EAT MOR CHIKIN って書かれた看板をかけたサンドイッチCowのフィギュア。

スペルはおかしいけど、もっと鶏肉食べよう、って読める。
調べてみたら、アメリカ、ジョージアナ州に本社をおくChick-fil-Aというチキンファストフード チェーン店のキャラクターなんですって!

鶏肉料理店のキャラクターが牛なんておもしろい。
牛の立場から、牛肉使ったハンバーガーじゃなくチキンを食べろよ、って言っているんだね。

年賀状には、Chick-fil-Aの牛みたいに標語を掲げてみよう!

忘年会の予定も入り始めたし、来年のCow-lendar
も届いた。
ポーッとしてたら、あっという間に2016年が終わってしまいそうで、こわい。

2016/10/18 10:28  成田ゆめ牧場~その2


成田ゆめ牧場は、明治20年(1887年)江東区砂町に秋葉牧場として開業しました。元々酪農専門の牧場でしたが、開業100年目の昭和62年(1987年)、現在の地に移り観光牧場となったそうです。


約30万m2の敷地に牛だけでなく、ウサギ、ヤギ、羊、アヒル、ポニーなどを飼育しています。
時間も遅かったし、今朝生まれた牛がいるという牛舎を中心に見学してきました。

靴と手を消毒したら、牛と触れ合って良いのは、嬉しいですね。


額にハートがついてる今朝生まれた仔牛♂


乳搾り体験担当のホルスタインとジャージーは、競ってお食事中。


ホルスタインとジャージー、身体の大きさはだいぶ違うのね。


育成牛達は、放牧されていたけど、そろそろ牛舎に戻りたいのか、ギュウギュウになってました!


迫られるとやっぱりこわ~い。

2016/10/15 20:42  成田ゆめ牧場、本当に夢のようだった件


千葉県佐倉にあるDIC川村美術館に行ったついでに、前から行ってみたかった成田ゆめ牧場に足を伸ばしました。
ネットで見て、ここのお土産やさんの牛グッズがかなり充実していると興味を持ったのね。



いきなり見たことない牛グッズがあって、ドキドキしました!

日本で初めてこんなに牛グッズが並んでいるのを見ました。あんまり売れてないからか、埃がついてるのが気になるけど。



冷静になって吟味して買ったつもり。

2016/10/09 17:25  2016年ハロウィン計画


去年大人になって初めてハロウィンパーティに出かけたらとっても楽しかったから、今年も行こうかな~ってソワソワしてます。
準備しなきゃね。

Halloween 2016

秋の収穫を祝い、悪霊を払うお祭り。
悪霊から守るため、小さな子には仮装をさせるんですよね~
Ayacow~*も我が子をゴーストにして守っているつもり。



後輩に赤ちゃんが産まれたから、季節柄、このカードをつけてお祝いを送ってみよう、っと。
不気味に思われませんように。

2016/10/06 21:01  Desalpe(牧下り)の季節


スイスに住む友人から牛の絵ハガキが届きました。
乗車したバスがデザルプしている牛の行列の後ろについてノロノロ進んだそうです。
バスから降りて写真も撮ったそうで、うらやまし~い!

一昨年スイス旅行した時にお世話になったフェロートラベルさんのハイキングレポートには、今年のエンガディン地方の素敵なデザルプの様子がありました。

大切な伝統行事。
もう一度、私が見に行かれる日まで続いていてくださいね。


忘れられないデザルプの風景

img027.jpg
↑牛列は住宅地の細い道に入ったら、ちゃんと一列縦隊になりました。

| HOME |


 BLOG TOP