FC2ブログ

プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2018/03/30 08:58  お花見2018


今年は、花粉症に負けずにお花見しようと前々から準備してました。



↑↑↑まず、妹に頼んで桜色のワンピースを編んでもらい、お雛様の時期にAyacow~*にちょうど良いサイズの重箱入りのお菓子を買ってました。





昨日の小金井公園。
まだまだ満開で…
でも風が吹くたび花びら舞うの!
美しかった~






↑↑↑2年ぶりにヒロくんとお花見できました~


昨夜は風が強かったからだいぶ散ってしまったかな?
今年は絶好のタイミングでお花見できて、ラッキーでした。
スポンサーサイト

2018/03/23 20:53  牛バッグ



新宿伊勢丹の新聞折込チラシに牛バッグ限定3点とあるのを見て、購入しました。

函館OZIOは、動物モチーフで商品展開していて、フラミンゴやシロクマ、ペンギンなど魅力的なイラストの革製品がネットに上がっていました。
牛バッグは先行販売とあり、即日完売したらしいので、これからも販売されると思います。
でも現時点で持ってるのは3人だけなのね。
草を食んでいる牛さんが可愛いです。



なんとなくお掃除ついでに牛バッグコレクションを並べてみました~

結構たくさん。

2018/03/17 15:11  記念品


ピント外れは承知で、牛密度の濃~い我が家から巣立つ息子に贈る記念品を作っみました。


牛不足でさびしいお部屋に彩りを添えられると良いなぁ↓↓↓


中に入れたのは義母の遺品整理をしていて見つけた私達家族の若~い写真です。

2018/03/13 14:24  COW balloonをあげてきた!



ミルクランド北海道@吉祥寺の企画\(^o^)/




店内のモニターで見た北海道の青空に浮かぶ牛バルーンが見られる!ってワクワク出かけました。




コピス吉祥寺A館の3階屋上に上がったら、いました。
大きくて引きで撮れません。
全長9m、重量35kgの牛に65kgのヘリウムガスが充填されているそうです。



大空に上るCOW balloonをイメージしたけど、こんな感じ。4mあげました!
いくつかのロープには重りもつけてありましたが、渡されたロープには結構なテンションがかかりました。


北海道じゃないから仕方ない。


イベント協力の記念にトートバッグをもらいました。
期間限定のこのショップ。
残り10日ほど。寂しいな。

2018/03/09 20:24  新生活だ~


子供が独立することになりました。
いつかそんな日が来るとは思っていたけど、急にきた!って感じです。
私の部屋も荷造りに使われて落ち着かないし、実家から使えそうなものを持ってきたり、買い物したりのサポートで気忙しい日々。
無事送り出したら、私も新しい生活だ~

携帯電話の請求先を分割しに行って、結局
機種変したから、新しいスマホカバーにしました。


新しい生活に幸あれ~

2018/03/01 14:38  人形と彫刻~平櫛田中美術館


彫刻と人形という企画展テーマに惹かれて、小平市にある平櫛田中美術館に行ってきました。

平櫛田中は、1872年岡山県生まれ。人形師のもとで修業した後、上京して高村光雲の門下生となり、岡倉天心や禅僧西山禾山の影響を受けて、仏教説話や中国の故事を題材にした作品を作りました。その後、モデルをおいて塑像の研究に励み、作品に彩色を施すようになりました。
代表作は、国立劇場に展示されている「鏡獅子」。六代目尾上菊五郎をモデルに20年以上かけて制作されました。


↑パンフレットの表紙になっているのは、美術館に展示されている試作品で80cmくらいのものですが、国立劇場のは、2mあります。


田中さんの作品とコレクションを見ていて、彫刻と人形の境界って、見る人が感じるものなのかなぁ~と思いました。

手にとって愛でてみたくなるのもあれば、ただただ素晴らしいな~と眺めるものもある。
仏像や肖像彫刻は崇拝対象だし。

田中さんお気に入りの市松人形が展示されていて、家族にもさわらせなかったと書いてあるのには笑ってしまいました。

私が手にとってながめてみたいと思ったのは、「気楽坊」。


後水尾天皇は、「世の中は気楽に暮せ何ごとも思へば思ふ思はねばこそ」と歌を詠み、気楽坊という指人形で気持ちを慰めていたのだそうです。それにインスパイアされて、たくさんの気楽坊を製作したそうです。



↑気楽な牛
眺めるだけだけど、慰められる。

| HOME |


 BLOG TOP