FC2ブログ

プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2018/12/31 11:52  クリスマス~年末


クリスマス前に行ったプチ旅行をまだ消化しきれないまま、はしゃいでクリスマスを過ごし、年末を迎えました\(^o^)/


チキンを焦がしたけど、お気に入りのクリスマス牛食器を並べるだけで幸せな気分。


新しい牛グッズ。
AyaCow~*付きクリスマス・ストッキングは、妹がリメイク\(^o^)/


25日、連休明けで、クリスマス・セーターを着ても誰もいない普通の朝がちょっと寂しかった。
プレゼント見つけてはしゃぐ子供がいた頃を懐かしく思い出していました。



年末詣でした帰り道、こだわりのカフェを見つけて嬉しくなる。
プチバーガーとコーヒーに添えられたミルクピッチャーの可愛らしさ。コーヒーソフトの上にはお店の名前にちなんでこぐまのクッキー!
ちゃんと金型から作ったそうです。
いいね!





こんなかわい子ちゃんを発見!
幸福と健康を持ち帰りました\(^o^)/


今日は1日おせち料理作りだね。
楽しく新年を迎えられますように。

スポンサーサイト

2018/12/28 08:46  江の浦測候所からファンクラブに入会したこと。


去年開館のニュースを新聞で読んで行ってみたかった江の浦測候所に行きました\(^o^)/
杉本博司氏が構想に20年かけて作った美術館?屋外展示施設です。

彼のすごいコレクションが散りばめられたすごい空間です。
みかん畑に囲まれた高台にあり、相模湾を見渡せる敷地に夏至の日の出に向かって延びる100mの展示棟と冬至の日の出に海に向かってトンネルが突き出してます。






突き出したトンネルの隣にはガラス張りの能舞台。清水寺みたいな懸け造になってます↓↓



実際に舞台として使われるイベントもあり、座席は古代ローマの円形劇場遺跡を実測して再現したそうです。

待庵の現代版、雨聴天が建てられました。
江の浦測候所の近くに、秀吉北条攻めの際に利休が作ったと言われている茶室、天正庵があったことから、その土地の記憶を蘇らせたそうです。
待庵の寸法を写し、現代の質素な材料で作られています。屋根材には、近くにあった蜜柑小屋の錆びたトタン屋根を外して使われました。





庭を散策する私。


化石のコレクションが見られる小屋↓



こんな植物の化石、初めて見た!

コレクションのスケールが違うのよね。
古い寺社の礎石とか瓦とか、フランスの石階段とか、宝塔とか、道祖神とか、由緒あるものがいっぱい使われていました。

すごい人だ。
杉本氏が関わる新素材研究所が運営する建築倉庫ミュージアムが品川天王洲アイルにあるようです。近く訪れてみたいです。


庭園を一通り周り、入り口付近に戻った時、某アイドルグループの見覚えのあるロゴがついてる冊子を持って写真を取り合っている三人組の女性を見かけました。
「何かのロケ地なんですか?」ってつい話しかけたら、今年のアニバーサリーツアーパンフを見せてくれました。
9月に江の浦測候所に来たんですって!
誰のファンですか?きゃー同じ(=´∀`)人(´∀`=)
あの柱に寄りかかって同じポーズで撮ってください!
って教えてくれました。

楽しい偶然でした\(^o^)/


Read More »

2018/12/27 10:00  湯河原の旧井上馨別邸に泊まってみたよ


箱根を後にして向かう先は湯河原の旧井上馨別邸でした。


戦前に建てられた公爵の別荘に泊まってみたい、って興味がわいて、ポチッと予約しましたが、前日のおもてなしが素晴らしかったから、ちょっと心配になる外観。



ご主人が門を開けて迎えてくださいました。
先代まで大きな旅館を経営していて、この別邸は住宅として使っていたんですって。
今のご主人が東京の仕事をリタイアしてから、せっかくだから、この歴史ある邸宅を皆に味わってもらいたいと宿泊できるようにしたそうです。

1日2組だけ。
普通のお家だから、仕切りは襖扉ですが、寝室の他、食事の部屋やくつろぐ部屋を自由に使えて、お風呂も掛け流しの温泉で、食事も家庭料理の延長ながらお味もよく、とても良かったです。

襖の引手、鴨居の釘隠し、欄間細工、硝子戸の格子デザインや掛けられた書に歴史を感じました。




内廊下に隔てられているとはいえ、雨戸もない襖扉の部屋は夜寒いのではないかと心配でしたが、全くそんなことはなく、大工仕事の素晴らしさも感じました。
お食事は家庭料理で、美味しかったです。


初めて湯河原に泊まったけど、「温泉街」としての魅力が感じられなかったのが残念でした。


翌朝、こちらも前から行きたかった江の浦測候所を目指しました!

2018/12/26 20:41  箱根の岡田美術館


薫る野牧場を降りて山北駅付近のカフェでランチして、箱根のお宿に着いたらとても居心地良かったから、そのままゆったり過ごしました。




↑部屋風呂があったから私もバスタイムを楽しめたし、


お食事自慢の宿だから、こちらも楽しめました。


翌日は、前から行ってみたかった岡田美術館へ。


入り口で、記録媒体や食べ物はロッカーに入れるように言われ、手荷物もX線検査され、金属探知ゲートを通過する厳重態勢でした。
写真は外から大きな風神雷神の絵を眺めながら足湯を楽しむエリアから撮ったもの。

個人が収集したなんて信じられないくらい素晴らしいコレクションでした。
縄文土器から景徳鎮、日本各地の陶器がすごい数展示されていて、陶器に溺れる人の気持ちが少しわかりました。
絵付けの器をたくさん見たから、来年庭に飾るタイルの図柄をいろいろ考えました\( 'ω')/

絵は日本画中心。
たまたま館長さんのギャラリートークに参加できて、歌麿の肉筆、雪月花の一、「深川の雪」を深~く鑑賞することができました。
「吉原の花」と「品川の月」にもいつか会える日が来るでしょうか?
これらの3部作が栃木の豪商の依頼で描かれたというのも興味深いことでありました。

敷地内にあるお食事処、開花亭でランチして、ミュージアムショップで、こだわりのチョコレートを購入。
楽しく見ていたドラマの監修をされていたショコラティがこちらの従業員というのも気分が上がりました。

テーマ : お出かけ日記 - ジャンル : 日記

2018/12/22 16:00  薫る野牧場再訪


足柄の大野山薫る野牧場で赤ちゃん牛が産まれたと聞いて会いたくなりました。
牧場主の島崎さんとお約束ができたから、今年最後の旅行を兼ねて行ってきましたよ。





平日の高速は順調で約束の時間より早く着いたから、山頂に登ってみました。
正面に富士山!
雲に隠れてしまう前に見られてラッキーでした\(^o^)/




そして少し下って待ち合わせた搾乳小屋に向かうと、行き着く前に牛たちと牧場主の島崎さんの姿がありました。
最近はこちらに放牧しているらしいです。





たらちゃんの子供、12月1日生まれの「たらぞう」くん♂は、すごく元気に走り回っていました。
バンビみたい。




今回こちらに立ち寄ったのは、ちょっとしたクリスマスプレゼントを渡したかったからなのね。


前回見学に来た時、帰りがけに、「うちの子達も描いてください」って言ってもらったのを間に受けて描いた絵をキッチンクロスに仕立てました。





島崎さん、本当に可愛らしい方で、喜んでくださって一頭一頭に見せて回ってくれました~
写真は一番人懐こいあやめちゃん。



今は、出産を終えたたらちゃんとこのあやめちゃんの2頭から朝晩2回で1日7リットルのミルクを搾っているそうです。
たらちゃんは、たらぞうくんにお乳をあげるのがメインだから、1回1リットル、1日2kgしかしぼれない。(ここのジャージー牛は1頭あたり1日5kgが標準です。なんども書いてるけど、ホルスタインは1日1頭あたり、20~40kgのお乳を搾ってます。)




お母さんのおっぱい飲んで育ってるたらぞうくんですが、お母さんのそばにずっといるわけではないの。
たらちゃんはポツンと一人でひたすら草を食んでて、たらぞうくんはあおばやゆかりこのそばにいることが多かったです。

草を食むっていってももう枯れ草です。
一応、乾草も用意しているそうですが、食べてる間はこの枯れ草を食べてもらうんだって。
たくましいなぁ。


島崎さんによると、搾乳小屋にはたらぞう含め6頭全員が来て、搾乳終えておやつを食べた後でもたらぞうが動き出すのを皆待っているんだそうです。皆でたらぞうくんを育てているんですね。

年が明けると、れもん、ゆかりこ、あおば、あやめと出産が続きます。
開設から約1年で、5頭が2倍の10頭になるのね。
すごいなぁ~

でも近親交配を防ぐため、たらぞうは、1年くらい したらよそにもらわれていくそうです。

来年は女の子がたくさん生まれますように!



搾乳小屋で手を洗わせてもらって、島崎さんとお別れして牧場脇を通りかかったら、数頭の鹿が放牧地を横切って行きました。
電気柵なんて軽~くジャンプ。
目にも留まらぬ速さでした。




2018/12/16 10:00  クリスマスに向けて~その6








仕事帰りに六本木ヒルズのクリスマスマーケットへ。
何しろ本場のを見たことないからわからないけど、規模が圧倒的に小さいに違いないけど、
素敵でした\(^o^)/




↑↑↑
ドイツの木工芸のお店、ケーテ・ウォルファルト。

沢山のオーナメントやくるみ割り人形に混じっていたこれ↓↓↓



小さな煙出し人形です\(^o^)/


焚き火のにおいがしました。

2018/12/12 07:41  クリスマスに向けて~その5


楽しい会食続きの1週間でした\(^o^)/




タイルの先生の作品展に行きました。
高円寺の自由帳ギャラリーは、そこだけ童話の世界、って感じの3軒長屋の真ん中。
↓↓





今年の作品展のテーマは、動物と植物。
牛はありませんでした。残念。
鳥獣戯画を模したものや動物達の謝肉祭みたいなの、が印象的でした。
来年、庭まわりのフェンス工事をする予定なので、そこにタイルを貼れたら良いなぁ~と思って先生に相談させていただきました。
実現できますように!



3軒長屋の一番奥に見えるのは可愛いレストラン。
入り口のドアは、体を屈めないと入れない子供サイズ。急な階段登ると、壁一面メルヘンな絵がペイントされてて、女子の大好物ですね。

カレードリアの下に敷かれたウォーマーも可愛いね。


隣は、雑貨屋さん。
こんなの見つけた\(^o^)/




さて、高円寺から、高架下を通って阿佐ヶ谷へ。
友達が経営するマグノリアカフェで、額装の先生と先輩が訪れているのを聞いて、サプライズ登場。
想像以上に驚いて喜んでくださいました。
今年は忘年会の計画が流れてしまったから、お会い出来て良かった。
額装の古い生徒さん達の活躍を聞かせていただいて刺激をもらいました。
やりかけの額装、完成させよう、年内に!


翌日は、くるみ割り人形の映画見て、ちょっと豪華なランチ。


気の合う友達と今年最後のデートでした。
今年は毎月のように会えて、楽しかった。
来年の約束もできたし。


そして、次の日は、昔スポーツクラブに通っていた時の仲間と地元でランチ。
同じスポーツクラブに通っていた頃は毎週ランチしていたのに、クラブが閉鎖になって、バラバラになりました。私以外は皆、今もジム通いを続けていらっしゃるので、引き締まった身体が羨ましい。


ちょっと先輩お姉様方からの豊富な話題、ためになる話と丁寧に作られたお料理で身も心も満たされました。
今は一年に1~2回しかお会いできないけど、長く続けて行かれたら良いなぁと思います。

ハッピークリスマス!

2018/12/09 18:25  クリスマスに向けて~その4



スマホカバーをクリスマス仕様にしました。




映画、ボヘミアンラプソディーを観てから、昭和記念公園にクリスマスイルミネーションを見に行きました。シャンパンツリーが名物。


イルミネーション見ながらホットワインも飲んだり、


台湾料理屋で可愛いデザート食べたりして、楽しい週末でした\(^o^)/

2018/12/03 08:53  クリスマスに向けて~その3


12月になりました!





カウントダウン始めてます。

友達と会うのもクリスマスを意識したプレゼント交換したり、忘年会っぽく良いお年を~なんて交わして別れたり、特別感があります\(^o^)/




↑早々いただいたプレゼント
オーストラリアに住む友達から牛が描かれたキッチンクロス、アメリカに住む友達の奥様がロシアで買ってきてくださったフィギュア。
友達の奥様まで~~!
感激です。

普段、世界から見える日本の姿なんて考えられないけど、世界を知る友達から聞く話は新鮮で…
賢くなった気分。


今日は、準備していたクリスマスプレゼントを海外の友人に送ったり、お歳暮の手配かけたりしてました。
国内の友達に贈るクリスマスプレゼントや年賀状は、まだ送っちゃダメだよね。
早過ぎちゃう。






| HOME |


 BLOG TOP