FC2ブログ

プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2019/02/27 16:42  2019年2月新着牛グッズ



↑↑
バレンタインチョコレートの箱の中に牛模様!
スイスらしくデザルプっぽい柄




↑↑
妹が展示会で見つけてくれた布地。
すごい柄です!
ピローケースでも作ろうかと思ってます。



↑↑
お会いしたこともない友達の友達が、牛好きな私にあげてと言ってくださったそうです。
これ、去年新聞広告かなんかで見て、浦和かな?イベント配布になっていて諦めたのだった。
ありがとうございます。




↑↑
牛乳石鹸とbeamsコラボ商品







↑↑
山手線の中の牧場写真


ナナのママ様、お雛様にコメントありがとうございます。大人になってから妹弟だけで話すことはなかなかない機会だったから、話が弾んで楽しかったのよ。
スポンサーサイト

2019/02/26 20:00  ひな祭りプロジェクト~その3


三人COW女は、ジャージー牛にしました。
真ん中の既婚者と言われる子は、ちょっと日焼けした感じにしました。


可愛いなぁ。
自己満足だけど、見てニンマリしてます(^ν^)

こうなったらクインテットも今年の内に、と思うよね。




今日は、母のケアプラン見直しの打合せに行ってきました。
妹弟とランチしながら両親の話題で盛り上がったのが思いがけず楽しい時間でした\(^o^)/
それぞれに見せていた両親の顔や言葉を披露しながら、しみじみしたり、笑ったり、大人になってできる会話だよね。


2019/02/23 11:11  ひな祭りプロジェクト~その2


クレイアートを習っている友人に牛の内裏雛の写真を見せて、アドバイスを仰いだら、いいと思うよ、と言われたので、あんまり満足してないけど、続けて3COW女を作り始めました。



使っている粘土はこれ↓↓



思ったより硬度が出るのが早いです。
小袋タイプは、魚肉ソーセージ半分くらいの長さで、ちょうどお人形の頭を3つ作れる分量です。
すごく早く作れるようになったから、手が慣れている内、5人囃子も作っちゃおうかなぁ、と思ってます。





週末は静嘉堂文庫美術館に岩崎家のお雛様を見に行きました。機会に恵まれて、大村智先生の美術との関わりのお講座を聞くことができました。
大学の時に油絵を見ていただいた荻太郎先生を一番好き、とおっしゃったり、幼少期に絵を習っていた先生が所属する朱葉会の話、包装紙で身近に感じている鈴木信太郎さん、私も大好きな三岸節子さんに片岡球子さんのお名前が出てきて、興奮しました。



今回初お披露目の岩﨑家の雛人形は、岩﨑小彌太氏が孝子夫人に贈る為、京人形司「丸平大木人形店」の五世、大木平蔵に制作を依頼したものでした。戦後散逸していたものを人形愛好家の桐村貴世美氏が探し集めていらしたものが一式、昨年、この美術館に寄贈されたんですって。
桐村さんは女子美の卒業生でいらっしゃるので、理事長をされていた大村先生に相談があったようでした。
静嘉堂文庫には、孝子夫人が小彌太さんの還暦のお祝いに贈った同じ作家さんの、兎の冠をつけた七福神のパレードのお人形が元々あったから、一緒になれてよかった\(^o^)/

全てが素晴らしいお雛様でした!
お嫁入り道具が一揃い。お布団まであるの。
ドールハウスみたいですごく憧れる。

2019/02/20 20:39  ひな祭りプロジェクト


牛のお雛様を飾りたいなぁ、とずっと思っていたの。


うしな様
こんなのを粘土で作ったり、


お人形作家さんに相談したり、
(犬も作れないんです、牛は無理ですと言われました)



とうとうやってしまった↓↓↓

初節句に贈られた可愛い木目込み人形さん達。
ごめんなさいm(._.)m
母が認知症にならなかったら、悲しませるからとてもできなかったけど。

2月19日は二十四節季の雨林で、雛人形を飾るのに佳い日と聞いたので、顔を描いて飾りました\(^o^)/





ひな祭りまでには、三人COW女も飾る予定。

そして数年後には、バーンのようなドールハウスみたいな棚を作って、五人囃子までは並べたい、と密かに企んでおります。


元々のお顔は、ちゃんと棺に入れてお人形供養していただく予定です。

テーマ : 小さなしあわせ - ジャンル : 日記

2019/02/18 21:00  群馬観光~’19年2月編その3


連休最終日は、富岡製糸場見学。
この場所に来る機会は幾度かあったけど、中を見学するのは初めてでした。

上州富岡駅近くの無料駐車場に車を停めて、ガイド付きの電気自動車で街を案内してもらいながら、製糸場へ。
富岡製糸場が世界遺産に登録されて、駅舎は建て直され、隈研吾氏に市庁舎を建ててもらったそうですよ。


女工姿のゆるキャラ、お富ちゃんの像がいたるところに立ってました。

敷地内の主な建物は、中庭を配して東西に貯蔵庫2棟と南に糸繰場1棟、いずれも100mを超える大きなものです。
明治5年、創業当時は、なかなか女工さんが集まらなかったこと、創業に関わった方のお嬢様はじめ、良家の子女が集まってきたこと、行儀や作法にも厳しかったこと、2~3年働き、地元に戻って指導者になるような感じだったと知りました。
民間の運営になるとだいぶ違う雰囲気になったようですが。


糸繰場の内部には、実際に1987年まで使われていた新しい機械が並んでいました。


西の貯蔵庫は、囲い屋の中でただ今改修中。
瓦を結束したり、建物内部に耐震補強したり、ペンキを塗り直したり、世界遺産になったことで、改修できてよかったです。
手軽に来られるから、綺麗になる段階を又、見にきたいと思いました。


アンダーコンストラクションをお知らせするお富ちゃん。
メット姿が可愛い。



一緒に記念撮影しから、帰ってきました。

テーマ : お出かけ日記 - ジャンル : 日記

2019/02/15 10:00  群馬観光~’19年2月編その2


翌日は、赤城山大沼へ。



ニュースで見たアイスバブルと氷に穴をあけてワカサギ釣りも行われているらしくて、見に行きたかったの。
幼稚園の時、絵本で見たワカサギ釣りの様子が今も頭にあり、やってみたい気持ちもありました。



東京にも雪が降ったという寒い日。
(Pokémon GOの世界にも降ってる!)
アイスバーンの山道をノロノロ登って行きました。スキー場に行くみたいな感じで、久しぶり。
まず赤城神社でお参りしようと車を降りたら、雪混じりの冷たい風にまず装備不十分な息子が悲鳴をあげました!
帽子は大切なのよね。

お参りの前に入った暖房の効いた社務所から出られない~
「願いが叶う」お守りを授けて頂きました。
今年は、たくさん叶えたいことがいくつかあるからね。


お参りを済ませて、来た道を戻って、ワカサギ釣りでにぎわう湖畔に車を停めました。
もう、この時点でワカサギ釣りをしようという気持ちは失せていました。
マイナス7度。私も息子のこと言えない。
スノープーツじゃないから足先がすでに冷たくなっていました。
氷の上は雪の上よりかなり冷たいのね。



ワカサギ釣りのテントがたくさん遠くに見えました。



ドリルで穴あけしている人に聞いたら、氷の厚みは50cmくらいですって。

食堂でワカサギのフライとココアを飲んで、そそくさと山を下り、お気に入りのチーズ工房Three Brownへ向かいました。
チーズはいつものことながらあんまり残ってなかったけど、前日に北海道から新入りさんが来たと聞き、会ってきました。


まだ結わえられたままの2頭でした。


テーマ : お出かけ日記 - ジャンル : 日記

2019/02/15 10:00  群馬観光~’19年2月編


牛好き仲間に誘われた牧場見学を楽しみにしていましたが、降雪の影響で延期になってしまった週末、群馬に行ってきました。

今回は、まず群馬県立館林美術館へ。
「エキゾティック×モダン
アール・デコと異教への眼差し」という展示が気になってました。


アプローチに水辺を配し、広大な敷地にゆったり建てられた立派な建物です。
東京の美術館とは大違いなんです。混んでないからゆっくり自分のペースで鑑賞できました\(^o^)/

エジプトの王墓からモチーフをとったジュエリーや日本の漆や陶器を学んで作られた作品。アフリカや中近東を旅した時の絵や連れてこられた珍しい動物の彫刻やそれをモチーフにした家具。アフリカから来たダンサーの美しさを表したポスター。民族衣装から着想された洋服など、当時の新しい装飾スタイルアール・デコを多角的に俯瞰して見られた展覧会でした。

この美術館は、フランソワ・ポンポンという可愛らしい名前の彫刻家の作品や資料を多数所有しており、彼の故郷、フランスのブルゴーニュ地方の農家を模した別館に展示があります。
別館内部には、彼がパリのアトリエで実際に使われていた家具や道具も置かれていて、いい雰囲気でした。
彼の作る動物はリアルではありませんが、ユーモラスです。
鶏の彫刻作品を見た人に「鶏は、全身毛に覆われているものだ」と批判されて、目の前で鶏の毛をむしって見せたというエピソードがあるそう。
現在所在不明ながら、牛の彫刻もいくつか作っていたことが分かってます。

見てみたかったな、ポンポンの牛。



美術館の入り口にあるうさぎの彫刻と記念撮影して向かったのは、


隣接する多々良沼。
ここに飛来してきている白鳥が目当でしたが、沼に近寄れないようになっていました。
ボランティアの男性が餌やりに来ていて、白鳥はとても臆病で、餌やりしても人間がそばにいるとなかなか近寄ってこない、と言ってました。


餌目当てに全く恐れ知らずに近寄ってきていたのは大量の鴨でしたʅ(◞‿◟)ʃ


餌やりおじさんと共に飛んでいったよ。

Read More »

テーマ : お出かけ日記 - ジャンル : 日記

2019/02/14 09:30  Happy Valentine’s Day‼️





義理チョコ禁止令が出てる企業もあると朝のワイドショーで言ってました。
感謝の気持ちを伝える有意義なイベントに思えるけど、製菓会社に乗せられていると思うと白けるし、煩わしさもあるのかな?
私も、今日お会いするメンズは無視できないなぁ~と思って、余分にカードやプチチョコをバッグに仕込んでます。
渡すタイミングがあるのか、出方を見ようと思って。
こんなのも私は楽しいけどね。



ナナのママ様、お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
青春時代のバレンタインとは全く趣きが違っちゃったけど、楽しい季節ですね。

2019/02/06 14:30  バレンタインの準備


節分と立春生まれの親しい友人を祝って、2月が始まりました。
今年は例年より早めに花粉に反応して、ちょっと憂鬱な春の訪れを感じています。


バレンタインの準備をしてました。
チョコレート好きの夫と一緒に新宿伊勢丹のチョコレートイベントに行ってきました。
目指すチョコレートは、だいたいカタログで決めていたけど、たくさん試食してきたよ。
夫も喜んでいました。毎年一人で来てたからね。


↑↑↑
買ってきたチョコレート。


↑↑↑
キットカットのオリジナルパッケージも注文しました。
去年は、ハッピー・バレンタイン!とメッセージの入ったものにして、他の用途に使えなかったから、今年はバレンタインを過ぎても使えるように3種類作ってみました。


19Valentine.jpg
↑↑↑
バレンタイン・カード用のAyacow~*イラストも描きました。今年は、情熱的なダンスシーンね。

1月末に好きなアイドルグループが活動休止発表して以来、結構な時間彼らのこと考えてしまいました。そんな自分に困惑してます。

テーマ : 小さなしあわせ - ジャンル : 日記

| HOME |


 BLOG TOP