プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2014/02/05 17:00  おうちプロジェクト~#7キッチンタイル編


新しい家のキッチンにタイルを貼りたくてずっと探していましたが、気に入ったものが見つけられずにいました。
近所にポルトガルタイル、スペインタイル制作工房というのを見つけ、デザイン画を携えて体験に行ってきました。

まず、制作テーブルの上に私とお揃いの牛のメジャーカップを見つけ、「あれ?」って思いました。
先生もある意味、牛にはご縁がおありでayaCOWを可愛いとおっしゃってくださって、なんだか運命の出会いのように感じました。

3種類のデザイン画を持っていきましたが、描きやすさと描き飽きにくさとボーダー状に貼ることをお伝えし、先生と決めたデザインは、これ

img064.jpg

まず、素焼きのタイルに鉛筆で輪郭を描き、スポイトで釉薬をたらしこむスペインの手法と白い釉薬を掛けた後、模様を筆書きするポルトガルの手法があると説明を受けました。
スペインの手法で焼かれたタイルは、模様が盛り上がってつやつやしていてインパクトがあり、ポルトガルの手法は筆使い勝負で繊細な感じがします。
筆使いに自信がなく、ayaCOWのポップな絵柄により合いそうなスパニッシュスタイルで作ることにしました。

そして驚いたことに、すぐに制作に取り掛かることができました
先生ありがとう

一つ一つ、色番を決め、スポイトを浮かせ気味にして色を落とし込みます。
広い範囲は色の厚みを均一にするのが難しく、細かい場所は、鉛筆の結界が決壊したり、こすってしまったり、
その度に先生が優しくカッターや筆を使って、プロのトリートメントを施してくださいました。

制作タイル#1

今は、白っぽい色ですが、焼かれると右の色見本のように冴え冴えした色に変わるそう
来週には焼成されて完成しているそうです!

タイルを貼りたい場所は、長さ120㎝。タイルは15㎝角なので、8枚は焼かなくては!
先生には「表札もどうですか?」などとお勧めいただき、夢が膨らんでいます
くどくならない程度にしなくては!

とにかく新しい世界に感激しっぱなしの3時間でした。
本当に楽しかったです。


スポンサーサイト

<< 明日ソチ・オリンピック始まります! | HOME | 大「福はうち」 >>



COMMENT


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP