プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2014/09/25 13:39  デザルプしたよ!


まさか、飛び入りでayaCOWもデザルプに参加できるなんて❗️❗️

フェロートラベルの現地スタッフのAさんが、たまたま昨日仕入れた情報のお蔭で、特別な一日になりました。

ウェンゲンアルプから、ウェンゲンの町迄、牛達と一緒に牧下りしてきました。

まず、ウェンゲンアルプのチーズ小屋で作りたてのチーズを購入。
アルプケーゼと呼ばれる高地で作られるチーズは、貴重とされているそうです。

昨日は、このチーズ小屋で花飾りを作っていたんですって!


少し下った所に牛小屋がありました。
近づいていくと…

あ~❗️

思わず、声が出てしまいました。

頭に花飾り着けてる~❗️




まずは、記念撮影。

牛達は、花飾りと大きなカウベルで、牧夫さんのご家族は、民族衣装でおめかしして、出発を待っています。

そこに更に下の牛小屋から別の一団がデザルプを始めたのが見えました。

そちらのグループも見たい!

思わず走ってしまいました。
高度2000mの高地トレーニング?

なかなか追いつけませんでしたが、水飲み場に引っかかった後続の牛達になんとか合流。

グループの後ろの方の集団は、ちょっとくせ者揃いなのか、隊列を外れて道路脇の草を食べ始めるもの、道路脇の斜面を降りて行こうとするものなど、度々いて
牧夫さんに「ほーおっ!」って、木の棒で軽く叩かれて、列に戻されてました。

斜面を駆け降りてしまった牛を若い男女が追いかけて連れ戻す場面を見ました。急な斜面なので、人間には大変!
なんとか連れ戻した時には、脚をかなり擦ってしまっていました。
こんな場面も見越して、年配の牧夫さんだけでなく一族が、応援に駆けつけているんですね~

牛達は、かなり前の方迄続いているのですが、急に方向を変えてくる牛もいるので、その横をすり抜けて、前に行くのは難しいです。
そこで、このグループに同行するのは諦めて、最初に見たグループを待つことにしました。

ジャランジャランというカウベルの音は、近づいたと思ったら、遠ざかり…
(蛇行しながら降りてくるからね)

先行グループを見送って15分位、待ったでしょうか?




来ました!

可愛らしい男の子と女の子に先導され、7~80頭の牛達と牧夫さん達20人位。

先頭の方の牛達は、牛小屋で見た大きな花飾りをつけていて、後ろの方のは、小さめです。





最後に身体の小さな子牛がやってきたのを確認すると、私達も隊列に加わりました。

ふざけてじゃれ合いながら歩く子牛を追い抜き、次はお乳の垂れ下がった(失礼!)ちょっと年配の牛達。
これも追い抜き、なんとなく気になる牛を見つけ、その横を歩くことにしました。ayaCOWと牛の距離、5~60cm。


美味しそうな草地を見れば方向を変えてくるし、落し物!もしぶきをあげて落ちるので、気をつけなければなりません。

でもそれ以上に、憧れのスイスの牛達と私もデザルプしていることが嬉しくて楽しくて、幸せで…

いっぱい写真も撮ってもらいましたので、帰国したら、整理しつつ、このブログにもアップしたいと思います。


ウェンゲンの町に入ると道幅は、ぐっと狭まりました。2頭、並んで歩いたらちょっときつい位。

庭先に住民の方々が出てきて、暖かく迎えてくれました。
毎年毎年、行われている光景なんだろな~


私達は、ここでデザルプ終了。
約2時間、600mの高さを牛達と一緒に下ってきましたが、牛達と別れて、ウェンゲン駅に向かいました。

牛達は、更に下り、谷の村に降りるのだそうです。
お疲れ様。

駅に着いたら、チーズ小屋のおじさんがいました。お礼の挨拶に行くと、先ほどの牛達が、ウェンゲンの街をパレードしてここに降りてくるよ、と教えてくれました。

やったぁ!
今度は見物人として観られる!



牧夫さん達、手にビールを持って歩いてきました。
牛達は、慣れない街の雰囲気に興奮したのか、列は乱れ気味でした。

最後は、子牛達。



バイバイ、スイスの牛達!
ayaCOWは、これからずっと、この日を思い出してはニコニコして、生きていきます。

ご案内してくださったフェロートラベルのAさんが、早速この内容でレポートをアップされていました。

フェロートラベル デザルプのレポートです。

とても分かりやすく書かれています。

スポンサーサイト

<< さよなら、グリンデルワルト! | HOME | デザルプへの道#32~明日⁈ >>



COMMENT


楽しそう^^

良かったですね~!!デザルプに花飾りつけて参加できて、ayacowも立派にクイーンみたいです。はしゃいでるayacowを想像して私もハッピーな気持ちになれました。このまま現地人になってしまうのではないかしら~。後半もレポートを楽しみにしています。気をつけて良い旅を!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP