プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2014/09/27 21:23  メインイベント終わりました!


Desalpe de St-Cergue❗️


素晴らしいお祭りでした!

サンセルグ駅に着いたのは7時半。
地図をもらって、スタート地点を確認しようとしたら、地図なんて不要、あっちに歩いて行けばすぐわかるから!って言われました。

駅にはお祭りのアナウンスが…



サンセルグのデザルプは、早くから日時が公表されて、観光客が多いと聞いていたけど、この程度。





駅近くの駐車場で、カウベルを担いだおじさんが車から出てくるのに遭遇。
やっぱり観光化されたお祭りだから、牧夫さんは、途中参加なのかな?

広場に来ると…
あら~

もうすでにテントが張られてお店が出ていました。

牛達は、どこを通るのか?お店の人に聞くと、この露店のある通路に待っていれば大丈夫ですって!

え~❗️
ここを通るの❓

信じられない、びっくりです。

カウベルを持ったおじさん達が、ぞろぞろ歩いて行くので、ついて行ってみました。
重たいカウベルをおろして、談笑し始めただけです。

年配のご夫婦が話しかけてくれました。
最初のデザルプは、8時半に来る、その後、全て降りるのに4時間位掛かるって。

ちょっとその時は、イメージしづらかったのですが、やがて意味がわかるようになります。




牛達を迎えるアルプホルンの演奏が始まりました。

とっても良い声のアナウンスが何かを告げました。
フランス語なので、残念ながら全く内容がわかりません。
聞き取れたのは、「デザルプ」っていう言葉だけ。


そしたら、カウベルの音と共に現れました!



iPhoneとデジカメの2台持ち、気持ちの高ぶりもあって、うまく撮れません。





牛達は、露店の間を抜けて、下の広場 へ向かいます。
広場の脇を通過する時、全景が見えました。



そして、又私達のいる露店の間に戻って来たのでした。

サービス良いですね。

その後、「デザルプ」とアナウンスが聞こえる度に牛列(行列)がやってくることが分かり、又しばらくして、どうやらどの場所の誰の小屋から来たのかをアナウンスしていることが察せられてきたのでした。

インフォメーションでもらったプログラムを改めてみたら、出走順が書いてあり、今日は、10グループが降りてくることがわかりました。

10グループ❗️



カウベルを持ったおじさん達も時々パレード。時々、水タバコをくわえて写真撮影。




絵になるぅ~



お尻に簡易椅子をくくりつけています。


もちろん10グループ全部見ましたよ。
写真が膨大だし、頭の整理もできていないので、帰国してからアップしたいと思います。


今日一番のショットは…




Kissされちゃった❗️


キャサリン様、Kay様、旅日記をお読みくださりありがとうございます。
明日は最後の滞在先、チューリッヒに向かいます。
都会の喧噪に触れて、日常が思い出されるでしょうか?
最後迄楽しんで参ります❗️

非公開でコメントをお寄せくださった皆様にもありがとうございます。
温かい応援、ここに届いていますよ~

スポンサーサイト

<< レマン湖の朝焼け | HOME | レマン湖に来ました。 >>



COMMENT


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP