プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2013/04/02 17:45  素晴らしきコレクター


昨日は映画の日。

「ハーブ&ドロシー」の2作目を観て来ました。
1作目を観たのは2年前ですが、ずっと忘れられない映画でした。

ニューヨークに住む郵便局員、ハーブと図書館司書、ドロシーという普通のご夫婦が、若い頃からギャラリー巡りをし、コツコツと現代アートの収集をしてきて、作品の評価が上がると共にコレクターとしての知名度も上がり、伝説的な存在になったというドキュメンタリー映画でした。
1LDK、70㎡のフラットは作品であふれかえっており、まっすぐ歩く余裕もないほどなのに、ご夫婦の美意識で不思議と魅力的に飾られていました。

ここまで極めれば、コレクターは、一種の芸術家!と感動しました。

1作目は、ご夫婦が収集してきた作品すべて、4000点ほどになっていたそう、をナショナルギャラリーに寄贈することにした、というところで終わりました。


2作目は、その後の二人を追っています。
ラストシーンを思い出して昨夜から何度も涙してます

監督は佐々木芽生さんという日本女性。

1作目、資金集めにとてもご苦労された監督は、今作の資金を「クラウドファンディング」という方法で調達したそうです。
前売り券やドロシーとの食事券、プライベート試写会などのリターンを用意して一口500円から資金を募った結果、1,900人から1,400万円以上集まったんですって。

映画に関わったすべての皆様、素敵な映画を作ってくださってありがとう
まだ公開は始まったばかりですから、機会があれば見に行かれてはいかがでしょう?


IMGP0056.jpgheight="360" />

全然次元が違うけど、私の牛コレクションの一部をお見せします。
シンガポールで買ったペラナカンスタイルの古いカップボードに入れて飾っています。


べっちさん、いつもブログを見てくださってありがとうございます。
牛のお茶会、また別バージョンでアップしてみます。
スポンサーサイト

<< フレンチ額装#2 | HOME | AfterMOO~T >>



COMMENT


良い映画でしたね

お二人の姿をまたスクリーンで観れたのも良かったですが、二人にアートを買ってもらった芸術家さんたちの様々な思いや反応が人間らしくて興味深かったです
全米各地の美術館の様子も面白くいろんな角度から楽しめました
一緒に鑑賞できてよかったです(^_^)

コレクションって素晴らしいです!(^^)!
飽き性yumiは、何をしても中途半端です。゚(゚´ω`゚)゚。

コレクションは見る専門で、うしさまを
楽しませていただきます( ^o^)ノ

す・すごい牛さんのコレクション!
びっくりしました・・・
いろんな牛さんがいるんですねぁ・・

ついにコレクションを公開しちゃいましたね!
ブログを見て、牛好きの仲間ができるかも知れませんよ。私は遠くから拝見しております^^


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP