プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2015/07/08 16:13  少しずつ整理してます。


カウパレード・ニセコから帰ってきて、初めてゆっくりしてます。
帰宅した日には、急に旧友が泊まりに来るという楽しいハプニングもあり、疲れが取れないまま、今日までバタバタ過ごしてました。

日本でのカウパレードは4回目。過去3回は、すべて丸の内でした。
丸の内の時は、3回ともすべての出展作品を見て歩くことができました。
ニセコは広いから、無理かな~と半分あきらめていましたが、オープニングの翌日、実行委員のHさんのご厚意で、
車でツアーしていただき、すべて見ることができました。

まず、オープニング・パーティで出会ったカウたちの紹介。

IMGP1169.jpg
↑WABISABIさんのHollow Cowzy

ニューヨークなどでも活躍するアーティスト集団の作品。白く塗った部分にマスキングした後、黒いスプレーを吹き付け、ひたすらマスキングテープをはがす動画がアップされていました。パーティ会場となったヒルトンホテルのアーケード街(ニセコビレッジ)に置かれ、パーティはこのカウの除幕で始まりました。
つやつや仕上げと白黒の構成で中身が透けて見えるような美しい作品です。


IMGP1168.jpg
↑SHUUNさんのmojamoja

同じくニセコビレッジに置かれています。
モジャモジャの毛におおわれたように描かれていますが、お顔を見るとすごく怖い感じ。どんな意味なんだろう?アーティストさんとお話ししてみたかったな~と思いました。

IMGP1161.jpg
↑松岡亮さんの作品。無題です。

下書きなしで素手でペイントする作家さんなんですって。都内のショップやバーにも彼の壁画があるそうです。壁画に比べたら、このカウなんて小さなキャンパスだったのでしょうね。きれいなカウでした。

こんな感じで一頭一頭振り返ってみようと思います。

yumi様、ニセコレポートを興味深く読んでくださり、ありがとうございました。
なんだか予想外で舞い上がってしまいました。


カウチューシャと胸のペンダントでCOW装して参加したよ。
ひまわりのコサージュは、アーティストの印です。
スポンサーサイト

<< ニセコのカウ~その2 | HOME | ニセコって? >>



COMMENT


cowチュウシャ、ですね。それ、おひとりでなさったayacowさんの勇気に乾杯です!!拍手!!おみやげ話を楽しみにしています^^
私もニセコのayacowに会いに行くことにしました!ayacowとの再会が楽しみです。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP