プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2015/07/14 17:00  ニセコのカウ~その6


ヒラフ十字街からヒラフ坂を登っていきます。

IMGP1192.jpg
シンヤチサトさんのツガイ

ツガイの意味はカウを見た時分かります。背中に向き合った2羽の白い鳥。にょきっと伸びた不思議な枝のフォルムがメルヘンな作品です。


以下の3点はhirafu188というテナントビルの1階、アウトドアショップのデッキの上に置かれています。

IMGP1190.jpg
↑岩田美香さんの桃姫

頭に大きな桃の花をつけ、顔を桃色に染め、ボディに大きな桃の花が描かれたきれいな桃姫です。
リボンハウス絵画教室という絵画教室の皆さんでいくつかの作品を仕上げたそうです。

IMGP1189.jpg
↑大友美貴さんのMidnight cow

寝そべるカウに映る静かな夜の風景でしょうか?

IMGP1191.jpg
↑林幸子さんの牛だって違う自分になりたい

本物のムートンが貼られています。材料費がお高いですね、などと下品なことを言いましたら、羊を飼っていらっしゃるそうです。
FAF工房では、陶芸や羊毛細工の体験教室も受け付けていらっしゃいます。
羊と牛の生活には大きな違いがありますから、たまには違う自分に、って夢見るのかも。


IMGP1188.jpg
小林俊哉さんの「牛も、また夢を見る。」

東京・ドイツ・スイスで活動されていらっしゃる作家さんで植物モチーフを長年にわたって描かれているそうです。
北海道に咲く花を描かれてたのでしょうか? ちょっと六花亭の包装紙を連想させられます。
この牛は花の夢を見るのね。

ヒラフ坂を更に上るとシャレーアイビーというブティックホテルがあり、その入り口に置かれています。

IMGP1187.jpg
沼田祐輔さんの「おねがいあいにじかんを」

大阪在住のアーティストさんですが、ニセコで制作されたそうです。
とってもポップで目を引くデザインで、制作中から人気者だったみたい。

ヒラフ坂を上がりきった、スキー場を目の前にしたホテルニセコアルペンの入り口に置かれています。

もっとたくさんのアーティストさんとお話ししたかったなぁ~と今更ながら思います。

スポンサーサイト

<< フレンチ額装 | HOME | ニセコのカウ~その5 >>



COMMENT


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP