プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2015/07/17 10:00  ニセコのカウ~その7


国道343号線からゴンドラ坂を上がっていくとAyaCOW~*の作品が飾られているランドマークビューがあります。
はなぞのリゾートというオーストラリア資本の会社が経営する長期滞在型のホテルです。ニセコの冬は外国人(特にオーストラリア人)のスキーヤーだらけというのは今では有名な話ですが、その方々が滞在するためのリゾートホテル、コンドミニアムや貸別荘の他、ランドマークビューのようなアパートメントスタイルのホテルがニセコには、たくさん建てられているのです。本当にびっくりしますよ~

fc2blog_20150704102445624.jpg
↑何度もアップしてますが・・・

IMGP1199.jpg
こんなプレートが各牛の足元に付けられています。
タイトルはインターナショナルな街にはふさわしくない日本語ギャグで本当に恥ずかしいです。知らなかったんだもん。

IMGP1207.jpg
師井祐子さんの「朱夏」

太陽と雲がいっぱいです。旅行会社のマーケティング部に所属され、ニセコの情報発信をされていらっしゃるそうです。
可愛い二人のお子様を持つきれいなお母さんでもいらっしゃます。明るいオーラにピッタリの作品です。

木ニセコというリゾートホテルの入り口に置かれています。


そして、木ニセコのエントランスホールに飾られているのは…
IMGP1205.jpg
↑北川貴弘さんの「線」

国道沿いのローソン前の塗装が美しい作品と同じアーティストさんです。
なんと一面描かれた、タイトルになっている線とは、迷路です。左右の耳介にスタートとゴールがあり、見事つながっているのだそうです。

こうして見てくると地元のアーティストさんが多いのだな、と改めて感じます。
又、招待されたプロの多くは、ニセコに赴き、地元の方々と交流されていました。こういう過程も含めて一つのイベントなんだな~と今頃わかりました。

案内してくださった実行委員のHさんは、参加アーティストの方々は、皆様いろんな思いを持って制作をされたんですよ、っておっしゃっていました。
交流できなかったアーティストさんの思いを遠慮しないでもっと聞けば良かった、と今、カウパレード・ニセコのフェイスブックを遡って読みながら、残念な気持ちです。
スポンサーサイト

<< ニセコのカウ~その8 | HOME | フレンチ額装 >>



COMMENT


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP