プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2013/05/05 23:30  こどもの日~フラワーフェスティバル~


渋谷のフラワーフェスティバルに行って来ました。
渋谷公園通り商店街振興組合が毎年GWに主催する花のイベントで、今年で7年目になるそうです。
期間中は、大きな生け花が公共スペースに飾られ、各所でアーティストによるデモンストレーションや花に親しむワークショップが行われました。

私は、新国立美術館で開催中の展覧会「貴婦人と一角獣」のタピスリーから連想されるミルフルールの花かんむりを、華道家の大久保有加さんのご指導を受けながら作るワークショップのお手伝いとして参加しました。
ミルフルールとは、千花模様の意味で、タピスリーの背景に織られた沢山の種類の花の模様のことだそうです。

40cmほどのアイビーを輪っかにして、それにスマイラックスという柔らかで小さな葉がたくさんついたツル科植物を絡ませて土台を作ります。
それにタピスリーに織られているすずらんやなでしこ、クレマチスを挿しました。

こどもの日のイベントにふさわしく、花かんむりの製作前にタピスリーのテーマである五感を使った花の観察を行いました。大人の参加者もひととき、子どもの気持ちに戻って真剣な表情で取り組んでいらっしゃいました。

出来上がった花かんむりをかぶって、記念撮影する皆様の笑顔がとってもすてきで、お手伝いとして参加した私も本当に幸せな気持ちになりました。花と親しむって素晴らしいです。

私も作りたくてウズウズしてましたから、帰宅して早速作ってみました。
すずらんもクレマチスもないので、手近にあったなでしことマーガレット、ラベンダーを挿しました。

イベントに参加していらした皆様のほうがずっと上手に作っていらしたような気もするけど、
それをウシくんの頭に飾れば、ひと足早い「デザルプ」みたい

IMGP0110.jpg

花かんむりをかぶったウシくんは、テニスのイベントのくじ引きで、当てた人から譲ってもらったものです。
これを当てて複雑な表情をしていらした男性に、私の友人が交渉してくれたのです
「あなた以上にこれを喜ぶ人はいないから」って!
ほんとうにあの時、嬉しかったな~  これを見るたび感謝しています、Aお姉さま

ついでにウシくんの足元に見えるayaCOWのモザイク模様は、手作りです。
古いテーブルをアップサイクルしました


大久保先生、心躍るようなワークショップでしたありがとうございました。
「貴婦人と一角獣」展に行くのも楽しみです。

明日はもうGW最終日なんですね~


渋谷に行くとき、スイカを入れたCOWドホルダーを初めて使いました
ちゃんと使えて満足です。

でもまだ、しっぽに見立てたひもに交換していないし、汚れ防止のスプレーしてないし…
あんまり考えないようにしているけど、改良点にも気づいてしまいました。

いずれ、作り直ししたくなるのだろうな
スポンサーサイト

<< Moo~maid | HOME | 花牛和もち? >>



COMMENT


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP