プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2015/10/13 17:20  moomooを探せ!~山田牧場にて


職場の上司に「信州の奥山田温泉では、牛を見ながらお風呂に入れる宿があるよ」と聞いて、ずっと憧れていたレッド・ウッド・インに来ています。

奥山田温泉は、山田牧場にあります。山田牧場では、冬にスキー場になる笠岳の麓に広がる牧草地に主に黒毛和牛と少しのホルスタイン牛を春から10月下旬まで放牧しています。夏には100頭以上いた牛達も少しずつ麓の村に返され、今は50頭ほどが残っているんですって!

日本の移牧ですが、移動はトラックだそうで残念。
今は牧草地の周囲に電気柵が張られていますが、宮崎で口蹄疫が流行るまでは、柵もなく、牛達は自由に道路や温泉街を歩き回っていたそうです。                      その頃来てみたかったなぁ~

↑スキー場で牛がくつろぐ風景

近郊の紅葉スポット巡りをして、戻ってきたら、見える範囲に牛がいなくなってました。夕食までの時間、牛達とたわむれるのを楽しみにしていたのに~
moomooを探せ!

牧草地へは人は出入りできるので、フレッシュな牛糞や湧き水に注意しながら、スキー場を歩き回りました。

↑せせらぎの向こうにホルスタインを発見!
やっと見つけた牛だったから、頑張って接近しました。


でもここの牛達は、あんまり人に懐いてなくて、こちらが近づいた分、離れていくんです。

可哀想だから、距離を取って、秋らしい紅葉を背景に写真をたくさん撮りました。

二頭のホルスタインで満足して、下山した時、急にドドドドって地鳴りのような音が聞こえてきたので、牧草地を振り返った時、すごい光景を見てしまいました。

2~30頭の牛が列をなして斜面を駆け下りてきました。なんで~?

あっと言う間に又、牛だらけのスキー場になったのでした。

レッド・ウッド・インは、お風呂からじゃなくて、お部屋から牛達を見ることができます。暗くなるまで、ずっと牛達を見ていましたが、牛達はグループごとに木立の向こうに消えて行きました。

山田牧場の牛達は、放牧の期間、搾乳もえさやりもされず、ずっと自由に生きてます。
スポンサーサイト

<< 山田牧場の朝 | HOME | リラックスする牛 >>



COMMENT


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP