プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2015/12/04 09:00  黄金のアデーレ~名画の帰還、良かったぁ


ずっと公開を楽しみにしていた映画を見てきました。

学生時代、大好きだったクリムトの絵。肖像画の所有権を巡って国を超えた裁判になっていたことを頭の隅に捉えていたけど、その頃は現実の生活にいっぱいいっぱいで、クリムトなんて、すっかり遠くなっていました。でもその事件が映画化されたとなれば、興味津々、見に行くしかないでしょう。

想像以上の感動映画でした。
オーストリア国立美術館に国の宝として展示されていた「黄金のアデーレ」は、家族の肖像画として飾っていたユダヤ人家族のアパルトマンから、ナチスが不当に略奪した絵だったのです。あの美しい絵を学生時代にウィーンで見てきていますが、こんな悲しい歴史がある事を全く想像できませんでした。映画では、アデーレの姪、マリア・オルトマンが正当な相続者である事を立証して、ついには、絵を取り戻すまでがていねいに描かれています。

裁判の仕組みが私にはわかりにくかったけど、姉の遺志を継いで伯母の絵を取り戻す相談を弁護士に持ちかけだのがマリア82才の時、絵が返還されたのは90才の時でした。幸せに暮らしていたウィーンを追われて命をかけてアメリカに渡り、きっとご苦労された後、落ち着いた暮らしを営んだ、その後にこんなドラマがあるなんて!すごい人生!

↑クリムトの時代の影響たっぷりのウィーン土産の絵はがきを額装しています。写真だとわかりにくいけど、いろいろな色の化粧紙を丸めたものを敷き詰めた上に絵はがきを納めたテクニックです。

オススメ映画です! 帰りに銀座のデパートでクリスマス雑貨巡りをしてきました。


↑銀座三越のJENKKAの飾り付け。とても可愛いです。
スポンサーサイト

<< シャレースイス・ミニ@日暮里 | HOME | 駄セーターですって! >>



COMMENT


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP