プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2016/05/21 20:00  うし活jr.の皆様、ありがとうございましたm(__)m


5月15日(日)には、日本獣医生命科学大学でうし活jr.主催のイベントに参加しました。

うし活jrは、日本獣医生命科学大学の同好会で、牛好きのコミュニティなんですって!
こんなところに求める仲間がいたとはね~


この大学の大好きスポット。



ポスターに導かれ会場へ。


受付前に張られたスクリーンにはどどーんとホルスタインが…
期待が高まります。



お教室には、大学生らしく可愛い牛が描かれてましたよ。

ここでまず、若き酪農家の苦悩がテーマの映画、「ひかりのおと」を見せてもらいました。
ちょっとがっかりな内容だったので、もう帰ろうと思ったのですが、この後、酪農家のお話が聞けるというので残りました。


ロビーにはこんな展示がありましたよ。

酪農家との交流は、3つのブースに分かれて、後継者について、女性の関わり方について、お仕事について、のテーマで3人ずつの酪農家さんがまずお話しくださり、質問する形で行われました。
日獣大のうし活jr.の学生さんが上手に進行してくださいましたよ。

後継者への反発もありながら、結局継ぐことになった方、息子さんに気持ちよく継いでもらえるように心がけてきた方、実家を継ぐ前に他の牧場で働いていらっしゃる方やお嫁さんとして入った女性など、いろいろな立場からの話が聞かれて興味深かったです。

最後の仕事についてのブースでは、三者三様の牧場の1日、1年単位の仕事内容の話がありました。
365日休み無しのイメージが強い酪農ですが、最近繁忙期や旅行のためにヘルパーさんを雇うことができるようになってだいぶ変わったみたいです。

酪農家の皆さまは、大好きな仕事をなさっているからこその笑顔でお話ししてくださいました。
そして、日獣大の参加者が皆、酪農に就業するのではないかと感じられるくらい熱かったです。
良いですね~

私も若い頃からこっちに向かえれば!とか、やり直したい!なんて久しぶりに思いました。


こんなお土産の詰め合わせも嬉かったです。
チーズももらいました。

うし活jr.の皆様、素敵なイベントを一般公開してくださって、本当にありがとうございました。
当日を迎えるまでのご準備も大変なご苦労がありましたことでしょう。お疲れ様!
次回のイベントも楽しみにしています。



うし活jr.の先輩かな?
うし活が作ったラインスタンプを購入しました。


重宝してます。
スポンサーサイト

<< 神津牧場で念願の… | HOME | 牛展 >>



COMMENT


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP