プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2016/06/03 08:49  パワーがすごい、憧れるぅ、そして持ち帰れない牛。


2日木曜日は、尊敬する友人に誘われ、佐々木宏子さんの作品展と若手芸術家とのシンポジウムに行ってきました。


佐々木宏子さんは、学生時代からずっと青にこだわり、コバルトによるたらし込みで墨絵のような精神世界を描いてこられました。
今回は、絵だけではなくガラスのオブジェがたくさん展示されています。




↑これは同じモチーフを大理石で作ったもの。
ミケランジェロの作品も作られた大理石の山で芸術の価値を決めるのは職人なんです。
ガラス作品を見た一番腕の良い職人が傷一つない大理石で彫り上げたそうです!
佐々木さんの瞳はキラキラ輝いていて、話を聞いていて惹きこまれました。

シンポジウムは、時間内に討論まではいきませんでしたが、佐々木さんが声かけしたらしい若手アーティスト3人の登壇者の作品はどれも興味深かったです。
中でも土屋貴哉氏の作品は、鑑賞者に仕掛けてくる面白いものが多く、これから注目していこう、と思いました。



街では持ち帰れない可愛い牛が私を喜ばせてくれます。


↑渋谷駅に降りた時見つけたポスター




↑まだ売れてない渋谷ヒカリエ、コンランショップの牛型キャビネット→最早、ディスプレイの一部なのでは?




↑恵比寿~代官山、駒沢通り沿いにオープンした世界一の肉屋さんと言われているユーゴ・デノワイエ。写真はHPのもの。
カウンター後ろの壁が黒板になっていて、私が見た時は牛の部位図が描いてありました。椅子も牛柄のハラコが使われています。
ただ、もっと肉屋さんぽいのかと期待したけど、レストラン色が強かったです。お寿司屋さんみたいなカウンターのショーケースに世界各地のブランド肉が保存されており、17時までは、購入もできるそうなので、イベントの時、トライしてみたいです。
スポンサーサイト

<< 六本木牧場 | HOME | 小金井公園に天皇陛下が…? >>



COMMENT


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP