プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2016/06/29 22:00  トワル・ド・ジュイ展に行ってきました。


Bunkamura ザ・ミュージアムに西洋更紗トワル・ド・ジュイ展を見に行ってきました。



↑ジュイの織物って言われて思い出すのは、単色で細かな銅版画模様でした。
でもはじめはインド更紗に近い小紋柄や今もコットンプリントに見かけるような可愛らしい花柄など自然モチーフのものがたくさんありました。

マリーアントワネットも室内着に更紗のドレスをお召しになったそうです。高貴な方がコットンを着用されるなんて画期的なことでした。
着心地のよさに感動したのではないでしょうか?
イメージだけど可愛らしいドレスやマリーアントワネットが実際に着用したドレスで表装した本が展示されています。

1770年代から制作された銅板プリントは、人物や風景を赤や紫、セピア色などの単色で描いたデザインでトワル・ト・ジュイの代名詞となりました。


制作工程を描いたプリントの中に牛糞をかき混ぜているシーンがありました。
どうして????

調べてみたらプリント前の生地を染料が染み込みやすいように牛糞で漂泊していたんだそうです。






きゃ~、恥ずかしい
せっかくドレス着たのに~

ずっと前、カルトナージュのキャサリンさんからもらったトワル・ド・ジュイみたいな生地の端切れ。
キャサリンさんがまだカルトナージュを習っていた頃、他の生徒さんが使っていらした残り布に牛が付いていたからってもらってきてくださいました。
何にしたらいいのかずっと決められなかったけど、ようやく形になったよ
スポンサーサイト

<< 2016年折り返しました。 | HOME | 埼玉県日高市加藤牧場 >>



COMMENT


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP