プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2016/07/18 19:33  小泉牧場~東京23区唯一の


東京都23区で唯一の牧場、小泉牧場に行ってきました。
西武池袋線大泉学園駅の北、1kmほど。白子川と歩道のない片側一車線の道路に挟まれた約2,600㎡の牧場です。



住宅地に突然現れる飼料タンク!
わかっていたけど、こんなところに?って驚かされます。




牛舎の外からでもこの距離感です。
暑い日でしたが、木陰の牛舎は涼やかで風も通るから、ずっと観ていられました。
反芻している様子を見ていただけだけど、癒されました。




牛は暑いのが苦手だそう。この子は、床や金属製の給水ボウルに頭をつけて、少しでも涼を取ろうとしていたのかな?



小泉牧場では、ホルスタインの乳牛ばかり約45頭飼育し、1日に500~800ℓの生乳を出荷しているそうです。
今は、23区内唯一の牧場となってしまいましたが、昭和10年の小泉牧場開業当時は、練馬区に20数軒、都区内に120数軒も牧場があったそうです。

周辺は、1970年代から宅地化が進みました。同業者も廃業し、周りの住人から臭いや泣き声に苦情が寄せられるようになったそうです。
こちらが先住者、の思いはあっても、周辺住民の理解を得られるよう、消臭のためにコーヒーかすを撒いたり、1日3回の給餌の時間をきちんと決めて牛が空腹で鳴かないようにしたりしたそうです。でも何よりも1990年頃から周辺の小学生の見学を受け入れたことで、苦情がなくなったと、今年、年初の新聞記事で読みました。

私が見学している最中も、牛舎の清掃がありました。ワイパーのような道具で、モルタル床の糞尿をはいて、水を流すと一気に清潔な感じになりました。



一瞬、色からブラウンスイスがまぎれこんだのか、と思ったけど、近寄ってみたら、泥?糞?まみれのホルスタインでした。
こんな個性もあるからね。




暑いよねー
介抱してあげたかったわ。





すごく近かったから、又来るね。
スポンサーサイト

<< 憧れのアフタヌーンティースタンド、ついに… | HOME | 振り返って整理する時期なのか? >>



COMMENT


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP