プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2016/11/20 10:00  クリスマスツリーを飾りました。


仕事終わりにぶらぶら歩いていたら、街はすっかりクリスマス・イルミネーションに彩られていました!
ランドセル背負った学童帰りの子達、普通に家路を急いでいたけど、こんな非日常の世界を毎日目にしていて、どんな感覚が育って行くんだろう。すごいな~


家でもとりあえず、ツリーだけ飾ってみました。
Cowのオーナメントしか飾らない、自慢のツリーです。

近年、百貨店のクリスマスショップでよく見かけるガラス製の凝った動物のオーナメント。
Cowのは見かけないから、スイスで見つけた時、嬉しかった↓↓↓





待っていても絶対、日本のお店には並ばないと観念して、ずっとカートに入れたり出したりしていたアメリカのCOWグッズショップで、とうとうレジまで進んでしまいました。



最近は1週間くらいで届くから、送料が高いことに目をつむれば、本当に便利。
ガラス製だから、割れていませんように!って祈りながら開封していきました。





全部無事!ってとりあえず喜んだけど、1頭ずつ確認してたら…

片耳取れちゃっているのがいました。
粘土かなんかで作ってつければ大丈夫だけど、ちゃんとクレームしました。


Cowグッズ収集しているので、海外のネットショップとの付き合いもそれなりに長く、昔はいろいろありました。

注文した商品じゃないものが届いた時、「注文の品が売り切れだったから」と返事が来て、とてもびっくりしました。
結局、当たり前に、請求されないことになりましたが、「それでいいじゃない?」ていう感じだったから、
何通もメールで、おかしいと言い続けなければなりませんでした。エネルギーが必要です。

担当者がホリデーと放っておかれたこともあったっけ。
クレーム対応は誰でもできるでしょう?、って1週間に10通以上メールしたら、いきなり壊れていた商品と同じものが2体送られてきました。だから今、同じの3体ある。
(骨折した脚、修繕して飾っているからね)





最近はクレーム処理もスムースだけど、ドライで世界共通な感じになりましたね。
今回は、すぐに「申し訳ない、その分は返金します」って連絡ありました。
耳を付けたら又、思い出深い、愛着あるものになります
楽しいね



スポンサーサイト

<< 1年を振り返る季節 | HOME | 伊香保グリーン牧場のこと~その2 >>



COMMENT


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP