プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2017/02/11 12:40  2929~にくにくの日に考えたこと


平成29年2月9日、この数字の並びが奇跡的に「にくにく→肉×2」だね、とある番組で話していました。
カルビが好きだったけど今は赤身が好きとか、霜降り牛よりあか牛を美味しく感じるとか、日本人は牛肉より豚肉の消費量が多いとかのコメントを聞いて、私の興味は乳牛だけど、牛つながりで牛肉事情をググってみました。

「適さし宣言!」という言葉が目に留まりました。

浅草の老舗、すき焼きちんやでは、今年1月からA5ランクの牛肉の提供をやめたそうです。
霜降り肉の表記もやめ、適さし肉にしたんだって。

「六代目のすき焼きふるな日々」というブログに詳しくその経緯が綴られています。
トラックバックの貼り方が分からなかったので、関心があったらみてください。
2017年1月15日の記事あたりです。

1980年代、アメリカから安価な牛肉が輸入されるようになったことから、霜降り肉が日本らしい美味しい牛肉として改良されてきたこと、今ではかなり極端な飼料コントロールが行われていること、今の過剰な霜降り肉は脂肪が多すぎ、やり過ぎてしまっているとありました。

さらに肉牛にさしを入れる飼育法を調べていたら、2011年6月11日の信濃毎日新聞の記事を見つけました。
霜降りにするためビタミンAを取らせないんだって。失明する肉牛もいるというものでした。

こわい。そんな病的な牛を有難がって食べていたのか~

わたしにとっての霜降り肉は、お祝いの日にわざわざ取り寄せたり、こだわって買ったりするブランド牛だったから、がっかりだ~
これからはよく考えて買うようにしたいです。

でも老舗すき焼きや店主のブログにあった「和牛香」という言葉に胃袋が刺激されてしまいました。






↑↑↑
「私は、牛かもしれないけど良い側面も持っている!」
和訳サイトの限界でよくニュアンスが分からないけど、部位の所に「心」って書いてあるこの絵ハガキを眺めています。



スポンサーサイト

<< 楽しいチョコレート・シーズン | HOME | ベジタリアンとかビーガンとかよく知らなかった。 >>



COMMENT


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP