プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2017/03/16 16:57  オルセーのナビ派展


ホワイトデーの日に友人と三菱一号館美術館に行ってきました。
エシレに寄って…なんて考えていたけど、甘かった!
ビジネスマンが長蛇の列でした。
ホワイトデーのお返し、エシレのを買うなんて偉いな~職場でもらえた人、羨ましい





ナビ派は19世紀末にパリで活躍した若き芸術家グループ。
ゴーギャンから影響を受けたボナール、ヴュイヤール、ドニ、セリュジェ、ヴァロットンは、自らを「ナビ(預言者)」と名乗っていました。


「絵画とは、軍馬や裸婦あるいは何らかの逸話である前に、本質的にある一定の秩序の下に集められた色彩によって覆われた平面であるということをまず認識しなければならない」理論派のモーリス・ドニは著書の中に書いているそうです。



なるほど~




又、ゴーギャンは、セリュジエと森に写生に出かけた時、
「あの樹はいったい何色に見えるかね? 黄色だね。それでは、黄色に塗りたまえ。
これらの影はむしろ青い。では純粋なウルトラマリンで塗りたまえ。
多少赤みがかって見える? よろしい、それなら画面にはバーミリオンを置きたまえ…」などとアドバイスしたそうです。

日本の浮世絵にも影響を受けたとされる平面的な表現が特徴的です。

大学の時、夏休みの宿題に自画像を描く課題があり、一生懸命、光と陰を意識して描いたのを思い出しました。

ナビ派を意識して新しい自画像を描いてみました。


img046.jpg


美味しい和食のランチして、エドグランの鎧塚さんでお茶しました。



火曜定休だけど、ホワイトデーだから開いていてラッキーでした。
帰りにスイーツを持ち帰ろうとしたけど、ビジネスマンの群れに圧倒されて諦めました。
今度は奥様や彼女へのギフトでしょうか?
こちらも羨ましいわ。



ナビ派展を見終えて、グッズ販売コーナーで絵葉書を買いたかったけど、塗り絵用にと輪郭だけのと合わせ、2枚組でしか売られてなかった。
余計なんだよ、って思ったら買えませんでした。
スポンサーサイト

<< 河鍋暁斎、サイコーでした! | HOME | スヌーピー・ミュージアムに行ってきた。 >>



COMMENT


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP