プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2017/04/06 19:36  修善寺温泉に行ってきました~2日目


学校の先生は、ネットで天気予報をチェックし続けてました。
気象庁の更新より何倍も頻繁です。
学校行事はお天気に左右されるものが多いから、クセになってるそうです。



予報は外れて、雨の修善寺散策になりました。


修善寺の桜は早咲きの品種だから終わってました。

頼朝の弟は義経くらいしか記憶になかったけど、範頼さんは謀反の疑いをかけられて修善寺に幽閉されたそうです。
漆の湯につけられ、身体中腫れ上がり、その時の顔を表した面が宝物館に展示されてました。
いたわしい。



範頼のお墓の隣にある甘味処で一休み。

日枝神社、指月殿、竹林、独鈷の湯など、定番の温泉街散策を終え、修善寺から韮山に向かいます。

旅行会社の友達の計算によるとゆっくりランチを摂る時間はないそうで、修善寺駅で名物の駅弁、鯵寿司を購入し、発車ギリギリで電車に飛び乗りました




韮山反射炉は、田園風景に急に現れ、なぜここに?というロケーション。
2016年末にガイダンスセンターができ、反射炉がどのようなものかわかりやすく説明されていました。

反射炉の生みの親、江川英龍さんの邸宅も見学できました。
幕府の代官を世襲してきた本当に立派なお屋敷でした。
反射炉を作っただけではなく、日本を守るために西洋式砲術を弟子に伝授し、農民を軍隊に編成する農兵を構想し、糧食としてパンを作り、「気をつけ!」の号令を作ったそうです。
地域の人々に愛され、今もこの邸宅を13人の家臣が守っているそうですよ。
(現当主様は世田谷区用賀にお住まいだそうです)


晴れていればレンタサイクルして他の観光地も回るつもりでしたが、今回はこれでおしまい。
週末だけ運行している観光用巡回バスで回れて便利だったけど、あんまり本数がないからこれが限界でした。

韮山駅に戻り、高速バス乗り場までのバスの待ち時間が15分あったから、名物の椎茸そばを食べられました。

旅行会社の友達の頭の中には、ルートや時刻表がすっかり入っているようでした。
テキパキすらすら、今後の予定を話してくださり、本当に感動しました。
なのに、何度も聞いてしまう私でした。

高速バス乗り場の売店ではこれ↓


名物わさびソフト。
わさびが添えられていて、少しずつ一緒にたべるの。意外な食べ方ですが、美味しかったです。


高速バスで寝ていたら、あっと言う間に新宿でした。
中学からのお友達。
これからもこんな旅行ができるといいなぁ~
と心から思いました。









スポンサーサイト

<< ホルスタイン美人コンテスト~その1 | HOME | 修善寺温泉に行ってきました~1日目 >>



COMMENT


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP