FC2ブログ

プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2018/05/06 18:00  わたらせ渓谷鉄道トロッコ列車


こどもの日を祝うような年齢の子供はいませんが、お休みが合ったので家族でお出かけしてきました。
群馬県の桐生駅から栃木県日光市の足尾を結ぶわたらせ渓谷鉄道に乗って、足尾銅山へ。

「ガイアの夜明け」という番組で廃線を余儀なくされている鉄道もある中、第3セクターで成功している例として真っ先に紹介されていました。
元々足尾銅山で採られた鉱石を運搬するために敷設され、1973年銅山閉鎖後に旅客・貨物量ともに激減し、廃線が決まったのを沿線住民の働きかけにより1989年までJR足尾線として残され、その後第3セクターであるわたらせ渓谷鉄道株式会社が運営を引き継いだそうです。
1998年から観光シーズンに合わせてガラス窓を取り払ったトロッコ客車を走らせたり、客車を利用したレストランを駅に作ったり、足尾銅山の廃線を歩くツアーを開催したり…
「ない物ねだりをするより、ある物さがしをしています」という社長の話が印象的でした。




新緑の美しい季節で、気持ちは浮き立つよう。
車内でオリジナル弁当を購入して食べました。(路線図が描かれたオリジナル日本手ぬぐい付きで1000円はお買い得)




渡良瀬川の河原にゴロゴロしているのは白御影石だそうですが、とっても大きくて日を受けてキラキラしてました。



足尾銅山近くの5m以上のトンネルを通過するときは、乗客を退屈させないように天井をライトアップしてくれます。
予想以上に風が冷たくて、日除けに持って行ったカーディガンが重宝しました。


駅に停まると総出でお出迎えしてくれて、発車の時に手を振ってくれたり、敬礼してくれたり、乗車中は周辺観光案内のアナウンスあったり、ずっと温かい雰囲気でした。
こんな感じ、いいなぁ~と思いました。

GWも最終日です。
良いリフレッシュができたから、明日から頑張れそうです。

→続く





スポンサーサイト

<< 2018年GW終わりました! | HOME | 日野市百草ファームに行ってきました。 >>



COMMENT


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP