FC2ブログ

プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2018/09/26 10:49  薫る野牧場を訪ねて~その2


ここの牛達は、除角されず自然のままです。
牛は群を作って生活する生き物で、体の大きさや角の立派な個体が群れのボスになるそうです。

電気柵に守られているとはいえ、自然の中で暮らすのですから、ボスの存在は重要でしょう。

ここでは1番年長、6才のタラちゃんが自然とリーダーになっているそうです。



ちょっと色黒で、人懐っこい性格です。
一般にホルスタインの乳牛は、乳量が落ちる5~6才で除籍されると聞きますが、自然放牧の中洞牧場では、20才の牛が元気でいたそうで、6才は、まだまだ現役!11月に赤ちゃんを産むそうです。



角が1番立派なレモンちゃんも人間大好きっ子でした。来年2月に2回目のお産を控えているそうです。


1番体の小さなゆかりこちゃんは、恥ずかしがり屋さんで、ちびっこになでられてタラちゃんのそばに逃げてしまいました。
来年、4月に初めてのお産を控えているそうです。

ここの牛達は、産まれた子牛にお乳をあげます。
赤ちゃんに与えた残りがあれば、人間が分けてもらうという考え方です。
牧場では、子牛は産まれたらすぐにお母さん牛から離されるのが一般的ですから、本当に自然に近いやり方なんですね~

予定された30分より長くなりましたが、今回は、あやねちゃん、あおばちゃんとは、あんまり触れあえませんでした。

赤ちゃんが産まれたら又、見学させていただきたいです。
帰りがけに島崎さんに、「うちの子達も描いてください」って言っていただきました!

描き始めてますよ。



牧場が長く続くように応援したいと思いました。

★薫る野牧場のソフトクリームが食べられるお店
 やまきたさくらカフェ  薫る野牧場の最寄り駅山北駅から徒歩2~3分にある民家を改造した居心地の良いカフェです。
 カフェローカル     国分寺駅に隣接したcocobunji5階に最近オープンしたカフェスローの2号店。
 コッリーナ        鎌倉駅西口から一つ目の路地を右折した先にあるそうです。      



スポンサーサイト

<< イギリスを感じられた1日 | HOME | 足柄大野山 薫る野牧場を訪ねて >>



COMMENT


牛と馬

群れをなすところが同じですね。一の谷の坂は当時の木曽駒 1頭では下れないが仲間の馬を谷の下に配置したことにより、谷を下り奇襲に成功したことをNHKが検証していました。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP