プロフィール

ayacow2013

Author:ayacow2013
2014年、夢見ていたスイスのデザルプ(牧下り)に行く事が出来ました。その思い出を反芻しながら、色々なクラフトワークを楽しんでいます。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2018/01/30 13:00  富津展望台と木更津市


館山からアクアラインまで一般道で行きました。
お茶したいね~って言いながら、キョロキョロしてたけどなかなか見つけられず、夫の思いつきで富津岬を目指しました。


明治100年を記念して、五葉松をイメージして建てられたそうです。

高さ20mほどだけど、吹きさらしの階段では高所恐怖症の私は足がすくんでしまう。後ろから発破をかけられながら一番上まで登ったけど、揺れてるね、なんて言ってる人がいるから気づいちゃった!夫はこれはRCじゃなく鉄骨造の揺れ、なんて冷静に言ってるけど、私はすぐ下に降りました。


下で記念撮影。床がすごく薄っぺらに見えます。

期待したカフェは、営業してませんでした。
食事処はたくさんあるのに、ね。


アクアラインの入り口、木更津なら、きっと喫茶店くらいあるよ、って駅に着いたけど、ミスドしかなかった。
駅前の商店街は、休日だからか、ほとんどシャッター降りていたけど、ショーウィンドウいっぱいにアニマルオブジェが並んでる雑貨屋さんが気になって、入ってみました。


憧れのガーデンオブジェはなかったけど、牛グッズは結構あって、この二つを旅の記念に購入しました。
ガラス製のトレイは使い勝手がよさそうです。
おもちゃのじょうろはどこにおいたら良いのやら、ですが。

それで結局、アクアラインの海ほたるの牧場カフェでお茶することになったわけ。

テーマ : お出かけ日記 - ジャンル : 日記

2018/01/22 09:24  千葉県いすみ市高秀牧場


年始のおみくじでまさかの凶を引き当てたメンズの吉方位、東南に向かい房総半島をドライブして来ました。

てんとう虫カフェでうし活オフ会をした時に顔部分のアイスクリームは、3つの牧場のを試食して、好きなのを選びました。
私が選んだ高秀牧場が最初の目的地です。


こんな自然に溶け込んた看板を頼りに曲がって、しばらく行くと…


ステキな看板が見えてきます。


ミルク工房入り口前にはこんなガーデンオブジェいいなぁ~


玄関マットもこんなで…




扉を開けた風除室もうしグッズだらけ。
右端の牛さんはチェーンソー彫りにペイントしているそうです。



ちょうどカマンベールチーズ作り体験の真っ最中でした。



FRPの等身大オブジェをテーブルに加工してる!



ショップのカウンターの向こうも牛だらけ。
牛愛にあふれた牧場だ~

体験ツアーに参加した人だけしか牛舎には立ち入れないそうで残念。



放牧地の牛達は、雨を避けてお休み中でした~








2017/12/30 13:17  年末にすること~その4


2017年も明日で終わり!
今日は、お墓まいりに行き、掃除して、正月飾りをしましたよ。

今年の正月飾りで頑張ったのは、Cow de松。

小ぶりのミルク缶が手に入ったので、これを使って門松を作ろうって、早くから考えていたのに、なかなか形になりませんでした。

擬木ならぬエコ竹を使って作りたかったけど店舗に見つけられず、雨樋に使うパイプやアクリルパイプを見立てで使おうと諦めに近い決意を固めた頃、お店に本物の門松が並び始めました!
ちょうどミルク缶の口径に合いそうなサイズの門松が手頃な値段で売られていたので、この竹を使うことにしました。


↑↑↑
クリスマス・ツリー片付けてるのを後回しにして組み立ててみる。

試行錯誤の末、今年の完成形
↓↓↓




作り終えてから新しいアイデアが浮かんだから、来年は違った形になるでしょう!


2017/12/20 15:09  プチ・ギフト


クリスマス・シーズン。
いつもお世話になってる職場の人とテニス仲間や親しい友人にプチギフトとカードを渡します。
手みやげほど重くないバラマキ用に近い感じです。



参考にしたいのは、とっても贈り物上手な仕事仲間のOさん。




↑今年10月にもらったスペイン旅行のお土産


↑今週もらった韓国みやげ

いつも牛グッズを混ぜてくださるのが一番の感動ポイントですが(これは私にだけだから)、珍しいお菓子や化粧品雑貨と記念に残る一品を合わせてくださるの。
おみやげ選びも旅行の楽しみの一つだからとおっしゃるけど、お友達もたくさんいらっしゃる方なのに私にまで、って毎回感動します。
組み合わせてくださるので、旅の思い出が立体的に伝わってきます。
本当にセンスいい!
次の機会には私も、って思ってます。


今年、私は宇奈月温泉のグレイピースの紅茶とか、ほっとアイマスクの目が開いたのを配ってます。
プチギフトはイマイチかもしれませんが、カードにメッセージ書きながら、一年間のお付き合いに感謝するのが大切な時間だな、って思います。

2017/09/28 14:59  うし活主催のオフ会に行ってきました。


うし活のオフ会、「みんなでうしパフェを作ろう@てんとう虫カフェ」に参加してきました。

牛好きのためのポータルサイトうしの輪で見つけたイベント。
うしパフェを作れるのも楽しみだけど、リアルな牛友に会えるかもとドキドキその日を待っていました~

うしパフェは、てんとう虫カフェの人気メニューです
(写真を見て私も真似っこして作ったことがあります。→過去の記事を見てね。


カフェは大宮から宇都宮線に乗り換え、土呂駅下車10分ほどの住宅地にありました。

↑赤い庇屋根がとてもチャーミング。


オーナーが牧場で働いていたこともある牛好きなので、うしパフェを開発したそうですが、美しい盛りつけのフルーツパフェが評判のカフェなんですって。

初めに自己紹介。
トップバッターがガチな牛好きさんだったので、私も熱く牛愛を語ってしまいましたが、その後、参加者の多くがカフェファンであると分かり、ちょっと恥ずかしくなりました。




パフェの下部分は、あらかじめ作ってくださっていました。
フルーツとヨーグルト、小さなミルクレープが入ってます。毎日焼いていらっしゃるという耳と鼻部分のクッキーと角に使う苺も配られました!



頭の部分に使うアイスは、4種類の牧場アイスを食べ比べて決められます。

私はまだ行ったことのない=食べたことない、高秀牧場のアイスを選びました。


カップアイスのカップ内側に沿うようにナイフを入れ、刃を少しアイスに差し込んで逆さにして、カップアイスをきれいに取り出せるというデモンストレーションを見せてもらいましたが、やってみるとなかなか難しいの。

それを一部カットして、牛の顔に見立てて、目・鼻・耳・角をつけます。ホイップクリームを接着剤代わりにすると安定します。
なるほど~




私はAyaCOW~*に見立てて、持って行ったハート型の最中の皮を使って作りました!


↑皆んな集めて記念撮影。
人工芝をささっと敷いてくださる主催者の方が、本当に素晴らしいです。


→その2に続く

| HOME |


PREV PAGE«  BLOG TOP  »NEXT PAGE